ケーキを等分にカットする方法とは?!きれいに切るには?

お誕生日やお祝い事、または
来客時などに用意するのが「ケーキ」ですよね。

ケーキ等分(ケーキ)

既に個別に分けられているケーキなら
特に問題はないですが、
ホールサイズだと切り分けるのが大変

小さいお子さんがいる場合には、
大きさケンカに発展しかねませんよね。

そういう事態を引き起こさないためにも、
きれいに切る方法が知りたい!

ということで今回は、「ケーキ等分カットする方法」
ケーキきれいに切る方法」と「絶対ケンカならない方法」
についてご紹介していきます。

紹介は以下の順番でしていきます。
①ケーキをきれいに切る方法
②ケーキを等分にカットする方法
③絶対ケンカにならない方法

スポンサーリンク


 

ケーキをきれいに切る方法

ケーキ等分(包丁)

まずはケーキをきれいに切る方法です。

大体のおうちが当てはまると思いますが、

とりあえず、ガンガン長い包丁で切れば平気よねっ!

という考えがありませんか?

ケーキをきれいに切るのはそんなに安易ではないんです!

だけど方法は至って簡単

包丁を温める → 拭きとる

たったこれだけの繰り返しなんです。

具体的にご紹介していきますね!

①包丁を温めておく
約45℃くらいのお湯に浸けるか、
蛇口から包丁に当てるかします。

繰り返し使うので大きめのバットなどに
溜めておく方が楽かもしれませんね。

また、温度については高すぎるとクリームが
溶けてしまい、逆に包丁に付いてしまうので要注意です。

②水気を切ってから、ケーキを切る
このとき包丁を大きく前後に
動かすのを意識しながら切ります。
イメージとしては、常に包丁の先端が
ケーキを出てるのが良いです。

もし上にイチゴなどのフルーツがあったら、
「いつも通りのイチゴの切り方」をし、
ケーキの部分になったら前後に動かす、という感じです。

力任せに一気に包丁をおろすと、せっかくの
ふわふわスポンジが潰れてしまうので、
それだけ注意しましょう。

③ケーキを一切りしたら、一度、布巾やキッチンペーパーで包丁を拭く

ここが一番重要なポイントになります。

拭かずに続けて切ると、断面が汚れてしまうなど、
せっかくの一切りが台無しになってしまいます。

ちょっと面倒&包丁に付いたクリームがもったいない!
という気持ちを抑え、拭きとっていきましょう。

④これをカット数分続ければOK!
単調な繰り返しですが、文章だと
ちょっと分かりづらいかもしれませんね。

ケーキは一度冷蔵庫に入れて冷やしてから、
この方法を行った方がよりきれいに切れると思います。

切り方が分かったところで、
次は等分にカットする方法です!

ケーキを等分にカットする方法

何が一番大変かと言うと、ケーキ
等分カットするのが大変なんですよね!

今は色んな方法やグッズなどがあるので、
一部をご紹介していこうと思います。

①紐やリボンを使う方法
ケーキの周りに紐などを巻き、円周を測る。
紐を伸ばし、人数分で円周を割り、該当箇所に印をつける。
もう一度ケーキに巻き、該当箇所をカットしていく。

数学的な方法ですが、簡単な気もします。
用意するものも家にあるものなので、
比較的楽な方法かもしれませんね!

②メモリ付まな板を使う方法
これは100均などでも売ってますが、
結構便利だということで人気のようです。

ケーキサイズの円が数種類、中央に書かれていて、
中心からカット数に応じて線が書かれているものです。

特に計算もいらず、見てすぐに
切る位置が分かるのでおすすめです。

③ケーキカットアプリを使う方法
これはスマホアプリで、
写真と同期しているようです。

撮影画面でケーキを移すと、
選んだカット数に応じて画面のケーキ状に
切る線が出てくるものです。

ずれないようにしながら切るので、
ちょっと大変ですが、
目印をつけるのにはとっても便利なアプリです。

1人がスマホで位置固定、もう1人が
それを見ながらカットする、という
連携プレイが出来れば重宝しそうですね!

色々なタイプのカット方法があるようですが、
あなたに合ったものを選んでくださいね!

兄弟などで絶対ケンカにならないケーキの切り方とは?

ここまで来たら、もう問題ないでしょう!
と思いたいですが兄弟間ではそうもいきませんよね。

ケーキ等分(怒りんぼ)

ちょっとズレただけでもケンカがはじまっちゃいます。
どうにかケンカせずに美味しく食べる方法はないのでしょうか?

実はあるんです!
誰もが「なるほど!」と唸る方法をご紹介します!

ポイントは3つです!

①「切る子」「選ぶ子」の役割分担をさせる
これによって平等さが生まれます。
なんで平等なのかは・・・次で!

②「切る子」がケーキを人数分にカットする
ここで大切なのが、
切る子は最後に選ぶ」ということです。
理由は「切る役目」を与えられているためです。

なので「切った特権」は発動せず、
1つだけ大きくしようものなら
「選ぶ子」に取られてしまうわけです。

そのため、どうにかして等分に切ろうと、
真剣に真面目に切り分けるので
「大きい!」「小さい!」のやり取りが減少します。

③「選ぶ子」がケーキを選ぶ
一番最初に選べるので、
切れなかったことよりも満足感が出るはずです。

問題になるとすれば上に乗っているものですが、
それはケーキを買う時に注意すると良いかもですね。

人数が多い場合でも、この方法は使えると思います。
ただし、毎回役目が固定されないようにしないと、
そこでまたケンカの種になってしまいかねないので注意です。

まとめ

いかがでしたか?

ケーキと言えど、侮れませんね。

私も小さい頃はよく兄とケンカした記憶が
ありますが、こういう方法や物があればなぁと
ちょっと懐かしくなりました。

切るのが面倒なホールケーキですが、
やり方が分かればこわいものなしですよね!

上にフルーツなどが乗っているものは
やはり切りづらいので一度お皿に取り移し、
切ってから戻すのもアリだと思います。

自分のやり方で、きれいに美味しく、
ケーキをいただきましょう!


関連コンテンツ

スポンサーリンク

One Response to “ケーキを等分にカットする方法とは?!きれいに切るには?”

  1. […] 色々なタイプのカット方法があるようですが、あなたに合ったものを選んでくださいね! 引用元-役立つ情報が満載! […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ