大阪の花見スポットランキング!おすすめはココ!

朝晩の寒さは続いていますが、
だんだんと春めいてきましたね。

こうなってくると気になるのが、
そうです、です!

oosakahanamitop

大体の場所での開花が、
3月下旬から4月上旬となっていますよね。

大阪はというと、

開花 3月28日頃

満開 4月5日頃

となっているようです。

もちろん天候気温次第で前後するので、
要チェックですね!

こうなると気になるのが、お花見スポットです。

今回は、「大阪花見スポットランキング」と
称してランキング形式で第5位から順にご紹介します!

スポンサーリンク


 

5位 お花見以外も楽しめる!?摂津峡公園(大阪府高槻市)

SONY DSC
出典:http://blogs.c.yimg.jp/

摂津峡公園(せっつきょうこうえん)の特徴は
何と言っても約3000本ものです。

さらに、キャンプ渓流釣りも出来るので、
2倍以上で楽しめます。

キャンプのついでに桜、
桜のついでに渓流釣りなど、
楽しみの幅が広がりますよね!

4位 桜の名所に囲まれた毛馬桜之宮公園(大阪府大阪市)

4毛馬桜之宮公園
出典:http://itot.jp/

毛馬洗堰(けまあらいぜき)から天満橋までの
全長4.2kmの河川敷を毛馬桜之宮公園と言います。

4800本の桜が植えられており、
ソメイヨシノやヤマザクラ、しだれ桜など
数種類桜並木が楽しめます。

右岸沿いには「造幣局」という桜の名所などがあり、
見て回れるのでおすすめです。

3位 種類豊富な桜の名所!造幣局 桜の通り抜け(大阪府大阪市)

3造幣局
出典:http://www.genkini-nare.com/

日本初の貨幣鋳造所として開設されたのが、
ここ、造幣局です。

造幣局構内に咲くのが
通り抜けの桜」と呼ばれている桜たちです。

130種もの桜が、約350本あり、
約560mもの長い桜並木になっています。

他ではなかなか見られない品種の、
ベニテマリ(紅手毬)やオオテマリ(大手毬)を
見ることが出来ます。

2位 圧巻の桜たち!日本万国博覧会跡地の万博記念公園(大阪府吹田市)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
出典:http://naenanaena.up.n.seesaa.net/

1970年(昭和45年)に開催した
日本万国博覧会会場跡地を整備して作られたのが、
この万博記念公園です。

9種類と種類は少ないものの、
本数はなんと約5500本という驚異の本数。
その内の約2400本ソメイヨシノです。

「どこを見ても桜」
という表現がぴったりな場所です。

あの像も、もちろん健在です!

1位 数々の重要文化財が残る大阪城公園(大阪府大阪市)

1大阪城公園
出典:https://asp.hotel-story.ne.jp/

1583年(天正11年)に豊臣秀吉築城の大阪城を
取り囲む約105万6000平方mの
史跡公園である大阪城公園。

約3000本もの桜が植えられており、
ソメイヨシノやヤマザクラ、サトザクラがあります。

西の丸庭園には300本もの
ソメイヨシノが植えられています。

桜はもちろん、大阪城も見ることが出来るので、
ちょっとお得なお花見スポットです。

全体的に本数や種類が多い印象ですね。
あとは桜並木などが多い気がします。

何も考えずにただ、桜並木を歩く。
というのも趣深いものがありますよね。

まとめ

いかがでしたか?

関東の桜についても調べたことがありますが、
桜の本数桜並木多くあるような気がしました。

お城や他の桜の名所などが近くにもあったりして、
“その場所だけに行く”というよりは、
何カ所か見て回ろうかな”という気持ちになりますね。

約1週間程度で終わってしまうところが多いようなので、
開花・満開情報は常にチェックしておきましょう!

今年は何カ所見れるかな?

ランキング5を全て制覇してもらえたら
嬉しい限りです。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ