インフルエンザの子供の食事!気をつけることは何?

具合が悪い・・・風邪かな?
と思っていると突然高熱が。

実はインフルエンザだった!

なんて経験ありませんか?

infurusyokuji

2014年の11月には流行を開始したインフルエンザ
今年の1月はじめには流行警報が出たのが、
記憶に新しいですよね。

大人の場合は病院へ行き、
薬をもらい、安静にして過ごす。

というような感じだと思いますが、
小さなお子さんだと対処法
若干違ってきますよね。

特に食事についてはちょっと違います。

そこで、今回はインフルエンザ子供食事で気をつけるべき点や
おすすめの食事についてまとめました。

スポンサーリンク


 

インフルエンザの子供の食事で気をつけるべきこととは?

10インフルエンザ1
出典:http://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

インフルエンザの子供の食事で気をつけるべきことは
脱水症状を起こさないようにすることです。

■無理やり食べさせず水分補給を優先する
消化不良を起こしやすくなっているため
無理やり食べさせてはいけません。

下痢やおう吐があるときは
脱水症状を起こしてしまう可能性があります。
水分補給こまめにさせましょう。

■水で薄めた乳児用イオン飲料やむぎ茶など飲みたいだけ飲ませる
乳児用イオン飲料には糖分多く含まれているため、
必ずで薄めましょう。

乳児用イオン飲料の代わりに、
100%のりんごジュースもおすすめです。
症状が落ち着いてきたらむぎ茶白湯にしましょう。

大人ではそうでなくても、
子供には大変な事態になりかねません。

様子見ながら与えるものを選びましょう。

インフルエンザの子供の食事でおすすめのものは?

10インフルエンザ2
出典:http://ダイエット口コミ研究所.com/

ポイントとなってくるのは、
消化がよい」「栄養価が高い
タンパク質やビタミン・ミネラルが豊富なもの」です。

■発熱時
野菜たっぷりひんやりスープでビタミン・ミネラル摂取
発熱時でも飲みやすい冷たい野菜スープなら、
ビタミンやミネラルを摂取でき、回復効果が早まります。

■熱が下がったら
消化のよいタンパク質・ビタミン・ミネラル摂取
白身魚や卵、しらすなどの消化の良いタンパク質や
ほうれん草、人参、カボチャなどの緑黄色野菜を食べさせましょう。

■食欲が回復し、体調が回復してきたら
バランスのよい食事を食べさせる。
主食であるうどんパン、おかゆをはじめ、
タンパク質も一緒に摂りましょう。

一気に量を増やすと、消化力低下しているため
おう吐してしまう可能性がありますので注意が必要です。

様子を見ながら選んでいきましょう。

まとめ

大人がインフルエンザにかかった場合は、
水分補給をこまめにするということは分かっていますよね。

食事量も自分で調整が出来ます。

ですが、子供自身は違います

お父さんやお母さんが気を付けてあげることで
早期回復に繋がります。

食欲のある・なしで食べた方がいいものが
変わってくるので、状況応じて食べさせてあげましょう。

意外と「りんごジュース」の方が
子供は飲みやすいかもしれませんね。

早く良くなりますように


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ