赤ちゃんのスキンケア!ベビーローションは必要?気をつけることは?

赤ちゃんはスベスベだから
スキンケアなんて必要ないのでは?

こう思うのも無理はありません。

akatilyansukikeatop

確かに赤ちゃんの肌は羨ましいくらいスベスベなので、
トラブルが起きるとは思いもしないでしょう。

しかし実際、蓋を開けてみると
それは全く間違いなのです。

赤ちゃんは非常に薄く、水分量も皮脂量も
大人の半分以下と言われています。

お腹の中にいた頃は赤ちゃんにとって最適な環境でしたが、
生まれた途端、雑菌乾燥紫外線などの刺激に
さらさわれてしまいます。

非常にデリケートな赤ちゃんの肌をこういった刺激から
守る為にも、ベビーローションでのスキンケアが
重要となってくるのです。

そこで今回は赤ちゃんスキンケア
ベビーロションの必要性などについて紹介します。

スポンサーリンク


 

赤ちゃんのスキンケアはいつからいつまで必要?

では、赤ちゃんスキンケア
いつからいつまで必要になるのでしょう。

スタート早いに越したことはありません。

お母さんのお腹の中にいた頃は無菌状態であらゆる
刺激から守られていましたが、生まれた瞬間からは
刺激物をそのまま受けてしまいます。

その為、いつ肌トラブルを起こしても
おかしくない状態になってしまうのです。

そんな刺激物から赤ちゃんを守る為
スキンケアは欠かせません。

赤ちゃんの皮膚はとても薄く
とてもデリケートです。

しかしそれもずっと続くわけではなく、
成長すると同時に皮膚も少しずつ厚くなり
肌トラブルを起こしづらくなっていきます。

皮膚が厚くなればスキンケアの必要性も少なくなります。

しかしこれには個人差があるので、具体的に
何歳まで必要なのかを断言する事は出来ません。

だいたい1歳過ぎると外部の刺激にも耐えられるよう
肌は出来てきますが、中には3歳4歳まではベビーローションが
手放せなかった、というケースもあります。

また、年齢だけでなく季節関係します。

乾燥しやすいのでカサカサ肌になりがちですし、
は汗などの影響で汗疹などのトラブルを起こしやすいです。

いつまでスキンケアが必要なのかはその子次第ですし、
季節によって症状が出る場合もあります。

臨機応変に対応するのが1番ですね。

赤ちゃんのスキンケアで気をつけるべきこと

赤ちゃんのスキンケアで最も重要なのは「保湿」です。

赤ちゃんの皮膚大人半分の薄さ
その為、水分が逃げだしやすいので乾燥しやすく
紫外線や雑菌など外部からの刺激受けやすいのです。

そんなデリケートな赤ちゃんにこそ、
保湿が必要となるのですが、
最も適しているのがベビーローションですね。

水分油分を含んでいるので乾燥抑え
肌トラブルを起こしにくくしてくれます。

保湿するタイミングはいつがいい?

保湿するタイミングは1日に何回もあります。

お風呂上がりはもちろん、顔を洗った後や汗などを拭いた後
また食事やお菓子の時間にお口の周り拭いた後にも
保湿してあげましょう。

スキンケアをしているのに乾燥肌が良くならない…という方は、
もしかしたら保湿する回数が少ないことが原因だったりします。

お風呂上がりだけスキンケアしている方も多いとは思いますが、
汚れ拭きとった後保湿してあげるのが理想です。

また、オムツ替えの後や着替えの時なども一緒に
保湿すると尚良いでしょう。

まとめ

赤ちゃんの肌はかなりデリケートなので皮膚トラブルを
起こしやすいですが、保湿心がければ予防
そして早めの改善に繋がります。

また、スキンケアと一緒にマッサージをしてあげるのも
スキンシップの1つになります。

ママと赤ちゃん、それに仕事で忙しいパパにも是非、
積極的に参加してほしいものですね。

スキンケアが必要な時期限られています。

皮膚トラブルの予防・改善だけでなく、大事なスキンシップ
時間でもある事を常に頭に入れておいてください。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ