化粧水をつけるタイミングとは?量はどれくらいがいい?

化粧水つけ方なんて誰が教えてくれるわけもなく、
何となく付けていたりするものです。

しかし、いつものように化粧水をつけていると
「化粧水に正しいつけ方なんてあるのかな?」
とふと思う事はありませんか?

kesyousuitop

たかが化粧水と思いがちですが、
甘く見てはいけません

誤った使い方をしてしまうと得られる効果
半減してしまうことにもなります。

そこで今回は、「化粧水つけるタイミング
いつがいいのか?」や「どれくらいがいいのか?」
について紹介したいと思います

スポンサーリンク


 

化粧水をつけるベストなタイミングはいつ?

化粧水をつけるベストタイミング
それは洗顔後すぐです。

洗顔は肌にとって必要な皮脂や、潤いを
保つセラミドも一緒に洗い落してしまいます。
その為、洗顔後の肌はバリアも何も無い状態。

乾燥しやすく、外部からの攻撃をそのまま
受けてしまうので一刻も早い対処が必要なのです。

そしてその対処方こそが化粧水をつけること、
というわけです。

洗顔後の肌時間が経てば経つほど浸透率薄まるので、
浸透率の高い洗顔後すぐにつけるのがベストタイミング!

化粧水は手のひらとコットンのどっちでつける?

基本的に化粧水手のひらでつけるようにしましょう。

これに対して反論する意見もあるかもしれませんが、
コットンは意外にも皮膚にとって刺激強いものなのです。

コットンの細かい繊維によって、知らず知らずのうちに
付けている恐れがあるのでお薦め出来ません。

特にニキビが出来ている人にとっては、
優しくケアしているつもりでもそれは大きな刺激であり、
間違った対処になっています。

逆に手のひらで化粧水をつけるメリットは、
そもそも手のひらも同じ人間の皮膚です。

同じ皮膚だからこそ刺激少なくて済みますし、
冷たい化粧水を一度手のひらにつけることで
人肌で温められ浸透率高まります。

ただ1つだけデメリットがあるとすれば、
顔につける前に化粧水が手のひらに馴染んでしまい、
均一つけられなくなってしまう、という事もあります。

もし高級な化粧水を使っているのであれば、
均一につけられるようにコットンを
使用するのも1つの方法です。

低刺激を考えるなら断然手のひらですが、
使用する化粧水によって臨機応変に対応しましょう。

化粧水の量はどれくらいがいいの?

適量が好ましい、とよく言いますが
その適量がどのくらいなのかが分かりません。

また、少ないよりも多い方が良いに違いない!
と思っている人も多いのでは?

確かに少ないよりも多い方が顔全体に
馴染むので良いのですが、多ければ多いほど
良いというわけでもないのです。

肌に浸透する量には限度があるので、
浸透しきれなかった化粧水はそのまま
流れ落ちてしまいます。

これってかなり勿体ないことを
している事になりますよね。

では、適量とは?

化粧水の各製品には必ず説明書きがあるはずです。

そこに量の目安も表記されているので、
それを参考にすると良いでしょう。

ちなみにだいたいは100円玉大、もしくは
500円玉大くらいが好ましいようですよ。

まとめ

洗顔後化粧水がどれほど肌にとって
影響大きいのか、そしてつけるタイミング
重要なのか分かって頂けたと思います。

今まで間違ったつけ方をしていた人はもちろん、
正しいつけ方をしていた人も再度見直してみましょう。

自分の素肌を守るのは自分次第!

老け顔の原因でもあるシワたるみも、
化粧水でいかに潤い与えられるかに掛かっています。

いつまでも若々しくいる為には
正しい化粧水つけ方必須なのです。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ