風邪の症状に効く食べ物!コンビニに売っているのはこれ!

風邪をひいたけれど病院行くほどでもない
けれどツライから何とかしたい…
という人は少なくないはずです。

kazekonbinitop

市販の薬を飲んだり、早めに寝ることも大事ですが
食べ物もきちんと摂取しなければいけません。

そこで今回は風邪効く食べ物には、
どのようなものがあるのか?

また、24時間営業しているコンビニ
風邪に効くどんな食べ物が売っているのか
について紹介したいと思います。

スポンサーリンク


 

風邪の症状に効く食べ物とは?

風邪の症状は一般的に発熱、鼻水
咳、喉の痛みなどが挙げられます。

どれをとっても早めに治したい症状ばかりですが、
風邪効く食べ物には4つの条件があると言われています。

風邪に効く食べ物

①体を温めるもの
体を温めることによって免疫細胞活発化となり、
体内に侵入したウイルスの活動を弱めることが出来ます。

おススメの食べ物は、やはり生姜です。

生姜には体を温めるだけでなく、殺菌効果もあるので
炎症を抑える役割も担っています。

②栄養があるもの
風邪をひくとグルタミンビタミンC不足しがちになります。

そこで、グルタミンを豊富に含んでいる卵や
大豆、肉、魚、そしてビタミンCたっぷりの緑黄色野菜や
レモンやイチゴを食べるようにしましょう。

特にお薦めなのがレバー

レバーにはタンパク質やミネラル、
ビタミンB1、B2などの栄養大量に含まれていて、
尚且傷んだ粘膜の再生にも打ってつけです。

風邪をひいているのにレバー!?
と思いがちですが、食べられるようであれば
積極的に食べるようにしましょう。

③炎症を抑える効果があるもの
該当する食べ物にはネギ、にら、ニンニク、
タマネギが挙げられます。

体内に侵入したウイルスをやっつけるのには最適ですが、
風邪をひいている時にはニオイや味が
きつく感じられるかもしれません。

無理は禁物ですが、症状治まってきた時
ひき始めにおススメです。

④消化が良いもの
消化悪い食べ物を食べてしまうと消化するのに
エネルギーを使い、ウイルス戦う力減ってしまい、
結果的に風邪が長引いてしまう恐れがあります。

その為にも消化の良い食べ物は鉄則なのです。

例えば同じ野菜にしてもキノコ類やゴボウ、レンコンは
消化が悪いですがカブ大根、カボチャなどは
消化が良い食べ物とされています。

他にも果物、お肉、魚にしろ同じことです。

消化の悪い食べ物、良い食べ物を見極めるようにしましょう。

風邪に効くコンビニに売っている商品

konbini

しかし風邪をひいた時に料理をするのは
かなり負担が大きいものです。

作ってくれる人がいれば良いですが、1人暮らしや
単身赴任などで自分だけしかいない状況もありますよね。

そんな時はコンビニを利用してみませんか?

24時間営業ですし、コンビニは
至るところにあります。

また品数も豊富なので、症状や今の自分が
食べたいものがきっと見つかるはずです。

では具体的にコンビニでも販売されている
風邪効く食べ物を幾つか紹介します。

まずは飲み物。
水分補給は大事です。

お薦めとしてはビタミンA、Cを得られる
柑橘類100%ジュースです。

食欲が無い時でも摂取しやすいので、
まとめ買いしておくと良いでしょう。

最近のコンビニでは野菜果物
置いているところもありますよね。

もし、ミカングレープフルーツ、リンゴ、バナナなどが
あれば買っておく事をお薦めします。

特にバナナ栄養たっぷりで消化の良い食べ物です。

食欲が出始めた時に食べるように用意しておくと良いですし、
リンゴ摩り下ろせば食欲が無い時に最適です。

そしてコンビニと言えばレトルト食品が豊富。

お弁当やパスタなどもありますが、風邪をひいている時には
消化の良いお粥うどん、茶碗蒸しをお薦めします。

にらなど風邪に効く食材が入っている
レトルトであれば尚良いですね。

まとめ

コンビニには風邪をひいた時に最適な食べ物が豊富にあります。

コンビニ弁当は体に良くない、というイメージを
持っている人もいるかもしれませんが風邪を
ひいている時くらいは頼っても良いのではないでしょうか。

食べ物で免疫を付けて、早めに治してしまいましょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ