夜食べても太らない食べ物とは?食事方法のコツはこれ!

20時以降は食べないほうが良い、
とよく言いますよね。

しかし残業や勉強などで夜更かしをしてしまい、
小腹空いてしまう事もあるはずです。

yasyokutop

お腹が空くと中々、眠れなかったりするので
我慢するのもあまり良い事ではありません。

1カ月1、2回程度であれば影響少ないと思いますが
連日のように続いてしまうと体重にも影響します。

そこで今回は、に食べても太らない食べ物とは何なのか?
そして、太らない食事方法について紹介していきますね。

スポンサーリンク


 

夜食べても太らないおすすめの夜食はこれ!

食べて太らない食べ物には、
それぞれ以下のような共通点があります。

◆太らない食べ物

低カロリーなもの
消化の良いもの
温かいもの
水分の多いもの

 

では順に紹介していきましょう。

低カロリーなものに関しては、
夜食に選ばれるのは当たり前ですよね。

ゼリーヨーグルト、おでん、春雨ヌードル
などがおススメです。

目安としては、200キロカロリー未満にするように
心がける必要があります。

また、思っていたよりも高カロリーなもの、
それに1つ1つが低カロリーでも合算すれば
200キロカロリーを越してしまう事もあるので要注意です。

消化の良い食べ物としては、
お粥お茶漬け、うどんなどがあります。

食べた後、すぐに寝る事を考えると
胃腸負担掛からないようにするのが基本です。

逆に消化の悪い食べ物を食べてしまうと、
胃もたれやムカムカ感が残ってしまうので
食べないように気を付けてください。

温かい食べ物には低カロリーでも
候補に挙げたおでん春雨ヌードル
お粥などがおススメです。

これも胃に負担を掛けないようにする為に
選ばれていますし、身体温める事で
快眠にも繋がります。

生姜入れた飲み物も身体の芯から
温められるので夜食に打ってつけです。

水分の多い食べ物が夜食に適しているのには、
単純に満腹感を得られるから、という理由があります。

味噌汁ミネストローネなど具だくさんのものは
更に満腹感を得られるのでおススメです。

どんな食べ物が夜食に適しているのか、
そしてその理由をきちんと理解していれば
きっと夜食選びで迷う事はないでしょう。

夜食べても太らない食事方法

夜、何を食べたら太らないのか、
それを知っておくことはとても重要な事です。

しかし、それだけではまだ不十分です。

ただ単に食べるのではなく、夜食には
太らないようにする為の食事方法があります。

食事方法を覚えておけば、同じ食べ物
同じ量でも違いは明らかに出てきます。

太らない食事方法は3つ。

◆食事方法①「寝る2時間くらい前に食べる」

2時間前食事終わらせれば、
なんとか消化してくれます。

これが1時間や30分前になれば胃の中に
消化しきれなかった食べ物が残ったまま寝る事になり、
起床後に胃もたれを起こしてしまいます。

消化しきれなかった食べ物はそのまま贅肉として
付いてしまうので、太る原因にもなります。

だからこそ、最低でも就寝の2時間前には
食事終えたいのが本音です。

◆食事方法②「200キロカロリー未満に抑える」

夜食は出来るだけ低カロリーな食べ物を選びましょう。

200キロカロリー未満であれば、
十分消化しきれる範囲内ですし、
太る原因という程のカロリーではありません。

夜食にカップ麺やパンを食べる人もいますが、
これらは絶対NGな食べ物です。

◆食事方法③「ゆっくり食べる」

これはつまり、よく噛んで食べるように促しています。

たくさん噛むことで満腹中枢や交感神経が
刺激され、満腹感得られやすくなります。

夜食はどうしても少ないので、
普通に食べてしまうと空腹感が残り、
違う食べ物が欲しくなってしまいます。

その予防策としても、たくさん噛んで
ゆっくり食べるようにしなければいけないのです。

まとめ

理想としては20時以降の食事を止めることですが、
我慢はストレスになったり暴飲暴食
促してしまう行為にもなります。

また、太らない食べ物と言っても食べる量や食べる時間などに
よっては、太る原因にもなるので正しくは「太りにくい食べ物
と言った方が良いかもしれません。

1度付いてしまった贅肉は中々落とす事は出来ません。

早めに予防として手を打っておいたほうが
身のためかもしれませんね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ