足の水虫!どんな症状になる?原因は何?

足白癬(あしはくせん)」と言われても
ピンとくる人は少ないでしょう。

これは正式名称であり、
馴染みのある呼び名は水虫です。

kin_mizumushi

一昔前はお父さんの足になりやすいもの、
というイメージが強かったですが
近年では老若男女問わず抱える問題となっています。

水虫とは程遠いようなイメージの若い女性だって、
悩まされているかもしれません。

誰も発症するであろう水虫。

どんな症状なのか、そしてできる原因
知っておく事で予防や早めの対応が出来るはずです。

そこで今回は水虫症状原因について
調べてみたのでご紹介しますね。

スポンサーリンク


 

足の水虫にはどんな症状があるの?

皮膚の角質層には白癬菌栄養源であるケラチン
豊富に含まれていて、特に手のひらと足の裏に
多く存在しています。

ケラチンという栄養を得て白癬菌増殖し、
痒みや皮膚がジュクジュクになる症状が見られ、
一般的によく言われる水虫となるのです。

しかし手のひらは洗うことが多く、
水と一緒にケラチンが流れ落ちてしまう為、
足よりも水虫を発症する確率低いと言われています。

高温多湿になりやすい

そんな足に見られるいろいろなタイプの
水虫を紹介しましょう。

◆趾間(しかん)型の水虫
水虫患者の大半この症状を抱えています。

指と指の間や側面部分が赤くなったり、
皮がむけて痒みを伴い、ついついかき過ぎてしまうと
ただれてしまう事もあります。

乾燥タイプの人は皮がむけてカサカサしますが、
湿潤タイプの人はジュクジュクとし我慢しきれない痒み
ストレスを感じてしまう事が多いです。

◆小水疱(しょうすいほう)型の水虫
足の裏に出来やすく、特に土踏まず
中心部分に出来る人が多いです。

小さな水ぶくれのようなものなので、
一見水虫とは違うもののように思うかもしれません。

しかし進行すると次第に痒みが出始め、
水疱が破れると汁が出てただれてしまいます。

◆角質化(かくしつか)型の水虫
足の裏全体に白癬菌が増殖し、
皮膚厚くなりひび割れを起こしてしまいます。

また表面がザラザラしたり、
粉を吹いたりする症状に見舞われますが
痒みを伴うことはほとんどありません。

他にも水虫として爪白癬(つめはくせん)
いうものもあります。

爪の色が白や黄色に変色したり、酷い場合は
もろくなりボロボロになってしまいますが、
痒みはありません。

足に水虫ができる原因とは?

水虫の正体は白癬菌であり、カビの一種なのです。

カビが足の裏にあると言われると
一気に不潔なイメージを与えますよね。

そもそも裸足下駄を履いていた時代は
水虫に悩まされる人はいませんでした。

しかし今はどうでしょう。

日本人の半数の人が過去に水虫だった、
もしくは今現在水虫で治療中だという人なのです。

つまり靴下通気性の悪い靴を履く環境が
水虫が出来る環境を作っているということになります。

1日中同じ靴下、同じ靴で過ごす人も多いとは思いますが
それは白癬菌が繁殖しやすい環境でもあるのです。

まとめ

水虫=痒いというわけではないので、
もし足の裏もしくは指と指の間側面に何かしらの
トラブルが出来ていたら要注意です。

放っておいたら必ず悪化しますし、
一度発症してしまうと治りにくいので
早めの対応が必要になります。

靴下を履き換えたり、通気性の良い靴を選ぶなど
工夫次第では水虫になりにくい環境を作れます。

不潔なイメージしかない水虫は
予防早いうちからの対応が重要です。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ