舌に口内炎ができる原因は何?治し方は?

舌に出来る口内炎

kounaien

食べる時や話をする時など、
口内炎があると不便に感じてしまいます。

中々治りづらく、せっかく治っても
すぐに再発してしまう事もありますよね。

口内炎とサヨナラが出来るようにする為には、
まず原因を知ることです。

そして正しい治し方を身に付ければ
不快な思いもきっと軽減できます。

そこで今回は口内炎ができる原因
治し方について紹介したいと思います。

スポンサーリンク


 

舌に口内炎ができる原因とは?

口内炎と一言で言っても
いろいろと種類があります。

一般的に多いのがアフタ性口内炎です。

舌の先に円形の白い潰瘍ができ、
痛みはだいたい10日から2週間ほど続きます。

見た目はニキビみたいなもので、
大概はこのアフタ性口内炎を疑って良いでしょう。

他にもカルタ性口内炎ウイルス性口内炎
カンジダ症…などいろいろとあります。

当然、どの種類の口内炎を発症したのかによって、
できる原因は異なります。

一般的に多く見られる口内炎の原因は
以下のとおりです。

■アフタ性口内炎の原因
主に生活習慣が原因だと考えられています。

睡眠不足、ストレス、疲れ、ビタミン不足…など。

日々の疲労が蓄積すると口内炎が出来やすい環境に
なってしまうので、適度に休息することが重要です。

■カルタ性口内炎の原因
虫歯や歯槽膿漏、義歯の不具合など
口内環境の乱れが主な原因になります。

■ウイルス性口内炎
免疫力の低下が原因と考えられています。

それぞれ考えられる原因はありますが、
残念な事にどれも医学的根拠ありません

医学的根拠が無い為、絶対これだ!とは断言できませんが
ほぼ確実である事は間違いないのでそれぞれ思い当たるものが
無いかどうかチェックしてみてくださいね。

舌の口内炎の治し方

口内炎が出来てしまうと治るまで
1週間から10日ほど掛かると言われています。

常に気になってしまう為、口内炎がある間は
ちょっとしたことでもイライラしてしまいます。

1日でも早く口内炎を治したい、そう思うのであれば
正しい治し方を身につけましょう。

最も有効的な方法は、
洗口液うがい薬を使ってうがいをする方法です。

洗口液うがい薬もドラックストアで
販売されているもので十分効果があります。

他にも塗布薬パッチという方法もありますが、
剥がれやすかったり、違和感を感じてしまう恐れがあるので
特に小さいお子さんには不向きかもしれません。

また、2週間以上よくならない時は
口内炎ではなく舌がんの可能性もあるので
早めに病院受診する事をおススメします。

その際は歯科耳鼻咽喉科皮膚科で診てもらいましょう。

まとめ

口内炎は誰もが一度は
経験したことがあるものだと思います。

それほど口内炎の発症率高いのです。

また、口内炎の特徴と言えば再発率高さもあります。

せっかく治ったのにすぐに新しいのができてしまった…、
という人は生活習慣を見直してみましょう。

睡眠不足ストレス疲労食生活・・・
改善すればきっと口内炎ができにくい環境になるはずです。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

2 Responses to “舌に口内炎ができる原因は何?治し方は?”

  1. 長尾忠 より:

    歯科医です。あまり知られてませんが、テラコートリル軟膏とケナログを1:1~1:2の割合で混ぜるとアフタ性口内炎に良く効く特効薬が出来ます。詳しくはファミリー歯科口内炎の治し方ブログをご覧ください。

    • hikaru より:

      テラコートリル軟膏とケナログで特効薬が出来るのですか。
      このような専門的なことは歯科医さんでなければ分からないですよね。
      ご連絡有難うございましたo(_ _)o

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ