節分に食べる豆の数の意味とは?なぜ年の数だけ食べるの?

近年では恵方巻きの方が主となりつつありますが、
豆まきだって忘れてはいけません。

昔からある習わしだからこそ、
これからも大事にしていきたいですよね。

mamenokazutop

ところで節分の日に豆まきをした後、
食べるのは何故なのか知っていますか?

それに豆の数決まっていたりしますよね。

もし子供に訊かれたら、
あなたはちゃんと答えられますか?

そこで今回は節分に食べる豆の数の意味や
なぜ年の数だけ食べるのか?などについて
紹介したいと思います。

スポンサーリンク


 

節分とは?簡単に言うと

そもそも節分とは、なのでしょう。

節分と言えば2月3日ですが、
実は4回行われていたことを
知っていましたか?

節分とは季節の節目を意味し、
春・夏・秋・冬それぞれちゃんとあったのです。

つまりもともとは立春、立夏、立秋、立冬の
前日全て節分でした。

では何故、立春の前日だけが
節分として根強く残っているのか。

立春は、冬が終わり春が訪れる時期であり、
1年として考えられていました。

昔の人たちにとってはお正月と同じくらい
喜ばしい日であり、立春の前日である節分
大晦日のようなものでした。

立春の節分は他の節分に比べ重要視されていた為、
今ではそれがとなっているのです。

しかし近年では大手スーパーやデパートで
立夏、立秋、立冬の節分に合わせて
恵方巻きを販売するところが増えてきました。

何で今さら節分?

と思った人も多いとは思いますが、
それが実は正解だったりします。

節分とは?なぜ豆をたべるの?

豆まきの後は食べる風習がありますよね。

では、なぜ食べる必要があるのか?</p>

まいただけではダメなのか?

そんな疑問を解明したいと思います。

そもそも豆をまくようになったのは、
幾つか諸説があります。

1番古い諸説は、奈良時代に陰陽師たちが
考案した儀式の1つが始まりだと言われています。

鬼の姿をした官職を黄金の仮面を
被った者が豆をまきながら追い払った
というものがあります。

また昔話では京都鞍馬山に鬼が出て、
毘沙門天のお告げで大豆まいたところ
退治することが出来た、というのも有名です。

鬼や邪気を払った豆は「福豆」と呼ばれ、
今度は身体に福を取り入れる為に
食べられるようになりました。

福豆を食べれば一年間
健康でいられると信じられてきたようです。

食べる豆の数の意味は?なぜ年の数だけ食べるの?

年齢の数だけ」か「年齢+1個」のどちらの数を
食べれば良いのか迷う人もいるでしょう。

しかし、その辺はあまり気にしなくても大丈夫です。

食べたいのであれば+1個年齢分だけで十分
というのであればわざわざ足す必要もありません。

では、なぜ年の数を目安にするのでしょう。

邪気を払った豆は「福豆」と呼ばれ、
年の数分を食べればを身体に取り入れられる
という意味が込められているようです。

更に+1個にすれば今年だけでなく、
来年も健康でいられるという願いが込められます。

また気を付けなければいけないのは数え方です。

満年齢、数え年、はたまた新年の祈願を
祈っているので1つ多くしたり
地域によって異なります。

まとめ

今まで皆がしているから何となく
やってみようかな・・・という感覚で節分を
迎えていた人も多いのではないでしょうか。

しかしそれぞれの意味合い知ることで、
感じ方変わってくるはずです。

節分の日に邪気を払い、身体
取り入れられれば1年安泰ですね。

昔からの風習です。

是非、お子さんにも正しい節分を
教えてあげてくださいね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ