節分にいわしを食べる由来とは?ひいらぎの飾り方は?

2月と言えば節分

節分には豆まき恵方巻き
食べる習慣があります。

地域によって多少の違いはありますが、
だいたい全国共通で行われている行事の1つです。

setubuniwasitop

そして節分にはいわしを食べる習慣も
あることを知っていましたか?

節分と言えば恵方巻きでしょ?
と思う人もいるでしょう。

いえいえ。

いわしだって節分の日に食べる食べ物なのです。

そこで今回は節分いわし食べる由来
ひいらぎ飾り方について紹介したいと思います。

スポンサーリンク


 

節分にいわしを食べる由来は?

では何故、節分いわし
食べるのでしょう。

そもそも節分には邪気を払う
鬼を寄せ付けない為に行う行為が多いですよね。

例えば、豆まき柊いわし

そしていわし食べるのもまた、
邪気を払う為と考えられています。

いわしを焼くと激しい煙と臭いが出ます。
これを鬼が嫌い、家に寄ってこなくなり
邪気も払えるのです。

そして、いわしはDHAカルシウムを豊富に
含んでいるので、節分に食べると健康無病な年
送れる、という願いも込められています。

栄養豊富で邪気をも払うと言われているいわしを
食べる習慣は、主に西日本で行われています。

また昔からあるのではなく、
意外に近年から始まった風習のようです。

ひいらぎを飾る理由は?

ひいらぎ飾る風習は主に西日本
行われているので、東日本の人たちにとっては
あまり馴染みの無いものかもしれません。

特に、節分にいわしを食べる地域で
行われているので、西日本の人たちが
必ず行っているというわけでもありません。

では、ひいらぎを飾るのには
どのような理由があるのでしょう。

昔から節分の夜には鬼が出る、と言われてきました。
その為、鬼退治や邪気を払う習わしが浸透し、
今でもそれは受け継がれています。

ひいらぎを飾るのもまた、鬼を近づけない為です。

ひいらぎの葉鬼の目刺すと言われているので、
玄関に飾る事で豆まき同様、
鬼を寄せ付けない効果があると考えられています。

更にひいらぎの枝に鬼が嫌ういわしの頭
付けることで、その効果倍増

鬼を寄せ付けず、邪気を払う為に
行われているのです。

ひいらぎの飾り方は?

ひいらぎはそのまま飾るのではなく、
いわしの頭を付け加えるのが一般的です。

鬼は、いわしを焼いた激しい臭いを嫌います。

その為、いわしの頭をひいらぎに付け加えることで
鬼が家に近づいてこない、と考えられ今では
節分の風習として浸透しています。

飾り方は簡単。

焼いたいわしの頭と葉が付いているひいらぎの枝を準備します。

鬼の目突き」を表すようにいわしのエラから
目に向かって枝を突き刺します。

あとは玄関前軒下などに吊るして完成です。

ひいらぎはいつからいつまで飾るの?

ひいらぎを飾る期間は地域や神社によって異なるので、
一概にこの日からこの日までと断定する事は出来ません。

例えば…

小正月(1月15日)の翌日~立春(2月4日)まで

節分の日の夕暮~翌日まで

・飾り始めは特に決めておらず、雨水(2月18日)まで

などが、有力でしょう。

ただ正解がないので、地域合わせるのが無難です。

近所の人や神社で尋ねてみてくださいね。

まとめ

節分には豆まきと恵方巻きが定番ですが、
それ以外にいわし食べたりひいらぎを飾れば
更に鬼を寄せ付けません

いわしを食べる理由、ひいらぎの飾り方、何故ひいらぎを
飾るのか、などきちんと理解していれば
節分の日の過ごし方も少し違ってくるかもしれません。

皆がしているから自分もする…ではなく、
こういう意味があるからする…と思った方が
準備も積極的に行えそうですね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ