恵方巻き2015年の方角はどっち?決め方はこのルール!

節分の日にその年の恵方を向いて食べる恵方巻き

ehomakitop

今ではすっかり行事の1つとして定着しています。

しかし皆さん、恵方巻きのことを
理解して食べているでしょうか?

恵方巻きとは

方角の決め方は?

もし子供から質問されたら答えられますか?

そこで今回は恵方巻きとは?や
恵方巻き方角決め方などについて
紹介したいと思います。

スポンサーリンク


 

恵方巻きとは?

恵方巻きとは、簡単に言うと節分の日に
歳徳神さまがいる方角を見ながら食べる
太巻きのことを言います。

他にも丸かぶり寿司恵方寿司とも
呼ばれています。

恵方巻きの起源は江戸から明治にかけて、
大阪の船場で商売繁盛を祈願する風習が
元となっています。

長い巻き寿司を切らずに丸ごと食べるのには、
縁を断ち切らない」という意味が
込められているのです。

また、中身の具は七福神にちなんで
卵、ウナギ、しいたけ、きゅうり、かんぴょう…
など7種類具材を入れるのが一般的。

ただ近年の恵方巻きはバリエーション豊富で、
マグロやサーモンなどの海鮮モノやカニカマや
高野豆腐、ホウレンソウなど様々な具材を入れています。

必ずしも「この具材を入れなければいけない!」
という決まりはありません。

意外かもしれませんが、
恵方巻きという名前をネーミングしたのは
セブンイレブンだという諸説が最も有力のようです。

1998年にセブンイレブンで発売する際、
いろいろな名前で呼ばれていた太巻きを
統一させる為に付けたのが始まり。

それ以来、どこのお店でも恵方巻きとして
販売するようになり、私たちにとっても
それが定着し今に至っています。

恵方巻き2015年の方角は?

さて、気になるのは2015年方角です。

歳徳神さまは毎年違う方角にいるので、
毎年違った方角を見て食べなければいけません。

2015年は西南西!

節分の日が近づけば、
コンビニやスーパーで「今年の方角は西南西です!
というノボリが出てくる事でしょう。

ただ、本来の恵方は私たちが認識している16方位ではなく、
24方位であり、更に細かく方角が決められています。

16方位にしているのは、単純に分かりやすくする為。

なので2015年の恵方の場合、正しくは西南西微西
西南西よりも若干、西寄りです。

2015年は西南西より気持ち西のほうを
見ながら食べてください。

恵方巻きの方角の決め方は?

毎年変わる恵方巻きの方角

もちろん適当に決めているのではなく、
きちんとした法則があり
それに基づいて決まっています。

恵方巻きの恵方とは、その年の幸せや財産を
仕切る歳徳神さまいる方角のことを言います。

ただ歳徳神さまは一定の場所におらず、
毎年場所変えています。
その為、方角が変わるのです。

徳神さまが場所を変えるのは1つの法則
従っているので、想像以上に単純です。

注目するのは西暦下1ケタです。

西暦の下1ケタの数字で方角が決められています。

1」と「6」の場合は南南東
2」と「7」の場合は北北西
3」と「8」の場合は南南東
4」と「9」の場合は東北東
5」と「0」の場合は西南西

 

つまり2014年なら東北東ですし、
2015年なら西南西、ということです。

単純かつシンプルな法則で
決して難しいことはありません。

まとめ

毎年、美味しく食べている恵方巻き。

ただ食べるだけでなく、どうして切ってはいけないのか、
何故こっちの方角見なければいけないのかを知っておけば、
意識も少し変わりますよね。

また近年では恵方巻き離れも進んでいるようです。

せっかく定着してきた昔からの風習なので、これからも
日本の大事なイベントとして残していきましょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ