子供のインフルエンザの症状とは?熱だけで見分けられる?

インフルエンザは風邪と症状がよく似ているので、
見分けるのは非常に難しいです。

infurutop

特に子供に至っては小さければ小さいほど、どこが痛いのか、
どのくらい苦しいのか言葉で表すのが難しいので熱が出た際は
親御さんが観察判断してあげなくてはいけません。

例え予防接種をしていたとしても罹(かか)る可能性は
十分にあり得ます。

重症化すると脳に後遺症が残ったり、時にはに至る事も
あるのでインフルエンザかもしれないと疑う事、
そして予め知識を身につけておく事が必要です。

そこで、今回は子供インフルエンザ症状
特徴などについて紹介します。

スポンサーリンク


 

インフルエンザの特徴とは?

インフルエンザは毎年12月頃から始まり、翌年の1月から3月
かけて患者数を増やしながら大流行します。

また一概にインフルエンザと言っても種類があり、
始めにA型から流行し次いでB型が流行し始めるのが
いつもの流れです。

A型は突然の高熱が出て、その後に頭痛や関節痛など
全身症状が現れます。

だいたい4、5日症状継続しますが軽症の場合は
短期間で完治します。

しかし重症化してしまうと気管支炎肺炎を引き起こしたり、
時には重い合併症を起こし脳に後遺症が残る事もあります。

B型に至ってはA型よりも軽症で済む事が多いですが、
こちらも油断は出来ません。

発熱以外にに症状が出やすいので、
違和感を感じたら早めに受診するようにしましょう。

子供のインフルエンザの症状とは?

乳幼児10歳未満の子供は抵抗力が
あまり無いのでインフルエンザにかかりやすく
重症化しやすいと言われています。

その為、小さい子供がいるご家庭はインフルエンザが
流行する12月から3月は十分に気をつけなければいけません。

しかし、予防接種をしていたとしても罹ってしまう
ケースはあるので、絶対に罹らないで済む方法は
どこにも無いのが現状です。

大切なのは予防はもちろんですが重症化しない為にも
早めに気付く事、そしてその為には子供の
インフルエンザの特徴を抑えておくことです。

基本的には大人とあまり変わりませんが、
朝から急に高熱を出した、身体が痛いと言う場合は
罹っている可能性が高いです。

子供は大人よりも罹りやすい、という事を覚えておけば
インフルエンザを疑い、早めに対応出来るようになるでしょう。

風邪との違いは?

インフルエンザと風邪は症状よく似ている為、
あまり深刻に考えないケースもあります。

しかしそれでは治療が遅れてしまい、結果的に合併症を
引き起こしてしまうので早め病院受診することが重要です。

風邪とインフルエンザの違いを明確にし、適切な対応が
出来るようにしておくことも親としての勤めですね。

風邪との大きな違い時間帯を問わずに出る高熱です。

普通の風邪ならば体温が上昇し始める夕方から
就寝直前あたりに熱が高くなりがちですが、
インフルエンザの場合は体温が低い朝でも関係なく出ます

他にも鼻水や咳、喉の痛みなどが風邪の主な症状ですが、
インフルエンザは関節痛、筋肉痛、頭痛など
全身症状が強く現れます。

お子さんが「腕が痛い」「身体が痛い」と言った場合は、
インフルエンザ可能性が非常に高いので
どこか痛いところはないか、確認してあげましょう。

インフルエンザの発熱の特徴

インフルエンザの発熱の特徴は、突然の高熱です。

普通の風邪ならば体温が上昇する夕方から夜にかけて徐々に
熱が上がっていきますが、インフルエンザの場合は
時間帯関係なく突然39℃から40℃の熱が出ます。

もし朝や昼から高熱が出た場合は、
まずインフルエンザを疑うようにしましょう。

また、夜に発熱した場合は一晩様子を見て、
朝も下がらないようならインフルエンザ可能性
高いと思って良いでしょう。

まとめ

インフルエンザと風邪は非常によく似ていますが、
特徴を抑えておけば見分けることも十分に可能です。

流行する時期、風邪との違い、発熱の特徴
最低でもこの3つを抑えておきましょう。

どこが痛いのか、どれくらい苦しいのかを
伝えられるようになるのはだいたい6歳からです。

5歳以下の子供は症状を訴えるのはまだ難しく、
元気無くなるのがサインです。

また、病院を受診した際、いつからどんな症状が出たのか、
熱は何度だったのか必ず聞かれます。

正確に答えられるようにメモ書きをしておくようにしましょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ