ほうれい線が若いのにできる原因とは?消す方法はこれ!

朝のメイクをするとき、洗顔を行うとき。

女性にとって特に気になるのは、
顔のほうれい線だと思います。

houreisentop

ほうれい線があると年齢にかかわらず、ぐっと老けこんで
見えてしまうのが悩みの種ですよね。

ふと気がつくと鏡を覗きこんで、
ほうれい線のチェックをしてしまったり・・・

できることなら、ほうれい線
目立たないほうがいいですよね。

というわけで、今回は、ほうれい線若いのにできる原因
そしてその予防法をご紹介していこうと思います♪

スポンサーリンク


 

ほうれい線の種類は?

ほうれい線とは、小鼻から口角に向かってできるしわのことです。

ほうれい線には2種類があり、シワのように見える「」と、
へこんで見える「くぼみ型」があります。

ほうれい線のでき方も、顔の筋肉下がってできるほうれい線と、
脂肪下がってできるもののふたつに分けられます。

また、笑った際にできる「笑顔ほうれい線」というものもあります。

このほうれい線は上記の2種類と違って良いタイプのものなので、
特に気にしなくてもいいようですね♪

ほうれい線が若いうちからできる原因とは?

通常は加齢とともに頬の筋肉が衰えることにより、
脂肪に落ちた結果、溝がくっきりとあらわれてくる、
というのがほうれい線の原因です。

しかしながら、加齢とは関係ないところにも
ほうれい線の原因はあります。

まずは、肌の乾燥紫外線が挙げられます。
これはシワの原因にもなるものですね。

肌荒れはそのまま肌の弾力低下にもつながり、
ほうれい線のできる原因となっていきます。

また、目の疲れも原因のひとつです。
目の周辺の筋肉が疲れると、いわゆる肩こりと
同じ状態になります。

そうすると、目と口をつなぐ筋肉の「上唇挙筋」が
凝ってしまい、ほうれい線の原因となります。

スマートフォンやパソコンなど、眼精疲労の元は
ほうれい線の大敵でもあるわけですね。

また、頬杖をついていると頬の脂肪圧力
かかってたるむことによりほうれい線が目立ってしまったり、

横向きになって寝て、頭の重みなどで皮膚が引っ張られ、
たるみが生じることによってほうれい線が
深くなってしまうこともあるようです。

加齢だけでなく、さまざまな要因が重なって
ほうれい線はできてしまうんですね。

ほうれい線を消す方法

ほうれい線を目立たないようにしていくには、
まず肌荒れ治す、というところから始めていきましょう。

お化粧はクレンジングでしっかりと落とし
洗顔かかさず行いましょう。

そして、入浴後、洗顔後は保湿をしっかりと行いましょう。

肌荒れには食生活を変えることも有効です。
緑黄色野菜をとり、脂分の多いものは控えましょう。

肌の若返りには、コラーゲンを多く含んでいる
鳥手羽牛すじなども有効ですね。

また、白砂糖などの糖分は肌を老化させる元です。
なるべく避けるようにしましょう。

また、表情筋鍛えるという方法も効果的です。

マッサージを行ったり、エクササイズを行えば、
たるんできた頬の筋肉も鍛えられ持ち上がります。

このようにして、ほうれい線を効果的に
予防していけばいいようですね♪

最後に

というわけで、今回は、
ほうれい線原因、その予防法を見てきました。

ほうれい線の原因にはさまざまなものがあり、
知らず知らずのうちに行っていたくせなどが
そのほとんどであることがわかりました。

そういったくせをすこしずつ直していき、
食生活を改めていけば、ほうれい線を
消す近道になりますね。

規則正しい生活で、肌荒れも防止しほうれい線も
消して、健康的生活を作っていきましょう♪


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ