七草粥の意味や由来!何故1月7日にたべるの?

お正月の1月7日、毎年の慣例として、
七草粥をつくって食べる、という方が多いでしょう。

nanakusa_gayutop

最近ではスーパーなどで、【七草粥セット】など、
それひとつ買っていけばすぐに作れる便利なものもありますよね。

ところで、この七草粥。

正しい意味由来は、ご存知でしょうか?

というわけで、今回は、1月7日に食べる七草粥
その意味由来をご紹介していこうと思います♪

スポンサーリンク

七草粥を食べる由来!どうして1月7日に食べるの?

七草粥とは、1月7日無病息災祈り
春の七草を入れて炊いた粥を食べるという風習です。

そもそもこの風習は中国伝来のもので、日本では
平安時代中期に始まっていたとされています。

中国では、【六日年越・七日正月】という言葉もあり、
七日ひとつの節目とされていました。

この七日は、ひとを占う日である【人日】と呼ばれ、
七種の菜を汁物にして食し、邪気避けるという風習が
あったそうです。

そもそもの源流が中国にあり、中国における七日という節目が、
そのまま日本に風習と一緒に取り入れられた感じなんですね。

七草粥の意味は?

お正月に食べる七草粥入れるのは、
前述のとおり春の七草です。

こちらは、無病息災を願って入れられるものですね。

そして、七草の種類に応じて、
下記のような意味が込められているそうです。

■七草とその意味

(せり)・・・競り勝つ

(なずな)・・・撫でて汚れをのぞく

御形(ごぎょう)・・・仏体

繁縷(はこべら)・・・繁栄がはびこる

仏の座(ほとけのざ)・・・仏の安座

(すずな)・・・神を呼ぶ鈴

清白(すずしろ)・・・穢れのない清白

 

ひとつひとつに、こういった
縁起物の意味が込められているんですね。

また、それぞれの草に薬効も期待でき、

芹は食欲増進の効果、御形には解熱作用、繁縷は腹痛に効く、
仏の座には食物繊維が多く、清白には風邪の予防効果がある。

などなど、実際に身体にも良い栄養があるんですね。

七草粥の作り方

最近ではとても簡単にできる七草粥セットがあるので、
作る際のハードルは低くなっていますね。

実際、セットを使わなくても七草粥を作るのは簡単ですので、
ここでは、特に簡単なレシピをご紹介しようと思います。

■七草粥の簡単なレシピ

1,米を研ぎ、水900ミリリットルとともに土鍋へ入れ、
沸騰した後に30~40分ほど炊きます。
 
2,七草をこまかく刻みます。
 
3,粥が炊きあがる5分ほど前に、少々塩を入れてから、
七草を入れ全体に混ぜる。

 

以上です。
少々時間はかかりますが、簡単ですね♪

最後に

というわけで、今回は、
七草粥由来、意味などをご紹介してみました。

いかがでしょうか?

お粥に入れる七草の意味、そして食べる日にちの由来は、
そもそも中国伝来だったんですね。

一人暮らしの方はなかなか作る機会がないかもしれませんが、
実際に栄養満点のレシピになりますので、

このご機会に作ってみてはいかがでしょうか♪


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ