男の厄年はいつ?厄払いは必ずしないといけない?

人生の節目、必ず、皆に訪れるのが厄年

jinjiya

神社などに行くと、良くお払いをしていますよ、なんて
宣伝文句を見たりしますよね。

筆者自身はあまり意識したことがないのですが、なんとなく
「悪いことが起こりやすいのかな?」という気分に
なったりしますよね。

というわけで、今回は、男性厄年いつなのか?
また、厄払いは必要なのか? 
そういったところをご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

厄年、厄払いとは?

そもそも、「厄年」とはいったいなんなのでしょうか?

厄年は、陰陽道において教育されている事項で、
その年齢にさしかかると、
厄災ふりかかるとされているのことです。

平安時代にはこの厄年という概念が、すでにあったようですね。

さらに見ていくと、厄年とはそもそも「役年」のことである
というのが出てきます。

昔、ある一定の年齢に達すると、神社やお寺で「」を行う
という習慣がありました。

その「役」になると、身を清め、行動を慎むということが必要に
なり、それを終えて初めて一人前社会人として
認められていたそうなのです。

その習慣が続くうち、この「」を行う年齢になると、
精神的・肉体的に変化が起こりやすく、

体を壊したり、災難がふりかかったりするという、いわゆる
人生の節目にあたっていることがわかってきました。

そのため、厄年を「役年」とすることで、役についた者に
さまざまな制約を課し、「」から逃れていたそうです。

この「役年」を決める際に、陰陽道の教えを受けて決めていた
ようなのです。

それまでは地域でばらばらの時期を「役年」としていましたが、
陰陽道をもとに、方位、日時の吉凶が定められ、

災いがふりかかりやすい年齢として、厄年が決められたとか。

厄年には、陰陽道の教えが深く関わっていたんですね。

男の厄年はいつ?

男性の厄年は、数え年
25歳、42歳、61歳とされています。

特に、42歳大厄とされ、最も注意しなければならない
年齢とされているのです。

昔は人生50年という言葉もあり、42歳といえば晩年を迎える
年齢でした。

実際、現代の42歳といえば働き盛りの年齢ですが、
そのぶん仕事でも無理をしがちな方が多いでしょう。

健康にも変化が訪れやすい年齢とも言われていますので、
大厄を迎える際には注意が必要ですね。

また、厄年の前後1年も注意が必要な年だと言われています。

厄年の前の1年は、厄の前兆があらわれる年齢ということで
前厄」とされており、

本厄を迎えた後の厄が薄くなっていく年として、
後厄」があります。

そのため、本厄をはさんで3年間注意を払わねばならない、
ということなんですね。

厄払いは必ずしないといけないの?

さて、以上のようないわれのある「厄年」ですが、
本当に厄払い必要なのでしょうか?

ネットで調べていくと、上記にもある大厄の42歳に、
やはり悪いことが起きている、という方がいらっしゃいます。

年齢的なものもあり、病気にかかったり親が亡くなったりと、
少なからず不幸が訪れることもあるようです。

ただ、迷信だと言うことはできますし、
偶然と言ってしまえば、それまでですが・・・

実際にこういうことがあった、と言う事例を見てしまうと、
ちょっと怖くなってきますよね。

厄払いの方法

さて、実際厄年を迎えたら、どうやって厄払いを行えば
よいのでしょうか?

その名の通り、神社仏閣においてお払いをしてもらえばよいのです。

地方によっても違うでしょうが、
ほとんどは神社厄払いを行ってくれるようです。

お正月節分など、神社仏閣に訪れる機会にお払いを行う方が
多いようですが、厄年の年内であれば、いつお払いを行っても
かまいません。

まあ、それこそ年末に行ってもあまり意味を
成さないような気がしますので、
早めに行っておけば良いでしょう。

そう考えると、お正月や節分などの行事の折に
お払いを行うのは、理にかなっていると言えますね。

また、厄年に贈り物をする、と言う方法もあります。

「厄年の人」には、長いものや、うろこ状のものを贈りましょう。

男性の場合であれば、ネクタイベルトなどが無難でしょう。

厄年を無事に迎えられるように、普段身に着けていられるものを
選ぶのがポイントです。

最後に

というわけで、今回は、
男性厄年時期、お払いは必要かなどを見てきました。

厄年については、ぼんやりと悪いことがありそう、
と言う程度の知識しかありませんでしたが、

こうして調べてみると、厄払いって結構重要なのかな?
というところがわかりましたね。

今後は自分の厄年にも注意をして、無事に1年を過ごせるように
気を遣っていきたいものです♪


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ