どんど焼きの時期はいつ?由来や意味は?

お正月明けの恒例、どんど焼き

小学校の頃などによく参加したことがあると言う
方も多いのではないでしょうか。

dontoyakitop
出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A6%E7%BE%A9%E9%95%B7

お正月飾りなどを持ち寄って焼くという風習ですが、
この行事の意味をご存じの方は少ないかと思われます。

今回は、そんなどんど焼き時期や、
どういった由来意味があるのかを、
ご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

どんど焼きとは?

どんど焼きとは、小正月=1月15日に行われ、
正月飾り書き初めなどを持ち寄って燃やすという行事です。

一般的には、田んぼや空き地などの広い場所に
竹や藁、茅や杉の葉などで作ったやぐらや小屋どんど)を組み、
正月飾りや書き初めなどをそこに飾って燃やします。

その残り火で、細い木や竹に刺した団子
焼いて食べる、ということも行います。

このどんど焼きの火に当たったり、焼いた団子を
食べることによりその1年間を健康に過ごせるなどの
言い伝えもあり、無病息災五穀豊穣を祈る風習でもあります。

どんど焼きの由来と意味は?

さて、どんど焼きの由来とはどこから来ているのでしょうか?

どんど焼きの別称として、【左義長(さぎちょう)】と
いうものがあります。

これが、どんど焼きの起源と関わっていると言うのです。

【左義長】とは、正月の15日、平安時代の宮中において、
清涼殿の東庭で青竹を束ねて毬杖(ぎっちょう)3本を結びます。

そのうえに短冊などを添えて、陰陽師が謡いながらこれを
焼いたという行事です。

これが民間に伝わっていき、徐々に今のどんど焼きの形に
なったと言われています。

ただし、これは一説になるので、他にも説があるようですね。

意味としては、以下のように考えられているようです。

火は穢れを浄め、新しい命を生み出すと言われています。
竹の爆ぜる音は災いを退け、煙に乗ってお正月の神様が帰ります。

どんど焼きは、そういった祓い清めという役割と、
正月に浮かれた人々現実世界に戻す、という
二つの役割を担った行事と考えられています。

また、燃やした書き初めの紙が空に高く舞い上がると、
習字が上手になり、さらに勉強までできるようになる、
などとも言われていますね。

基本的には、前述のとおり、無病息災五穀豊穣を願って
行われる風習になりますね。

どんど焼きの時期はいつ?

どんど焼きは、基本的には
1月14日から1月15日に行われています。

全国のどんど焼きは最北端が秋田県、最南端が鹿児島県で
行われているようです。

全国的にもこの日付で行われているのは、
この行事が小正月の行事と決められているからです。

旧暦においては、1年の最初の満月に当たる日、つまり
1月15日がお正月でした。

また、1月1日を【大正月】、1月15日を【小正月】と言うように
なったとも伝えられています。

以前は14日に開催する地域が多かったようですが、
1月15日が成人の日に制定されてからは、
多くの地域で15日に開催されるようになっていきました。

このあたりから日付が曖昧になっていったらしく。
最近では15日前後の土日に行われるのが常のようです。

最後に

というわけで、今回は、
どんど焼きの意味由来時期などについてご紹介してみました。

小さいころは参加したことがある、という方も多いであろう
このどんど焼きという行事、

これでなかなか知らないことが多かった、ということが
わかりましたね。

立派な日本の伝統行事、しっかり意味を理解して
後世に残していきたいものですm(_ _)m


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ