おみくじの良い順番とは?引いたおみくじは結ぶ?結ばない?

クリスマス、年の瀬を越えれば、もうお正月。
お正月といえば、初詣に行く方も多いと思います。

そんなとき、引いてみるのが神社のおみくじ

omikujitop

おみくじの内容でまずは一喜一憂する、というのも
新年の楽しみのひとつですよね。

ところで、そんなおみくじですが、
正しい良い順番を、みなさんご存知でしょうか?

というわけで、今回は、おみくじの良い順番や、
結び方などをご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

おみくじの由来って?

おみくじの順番の紹介の前に、ちょっとだけ、
おみくじ由来について紹介しますね。

おみくじの由来というのはどこからきているのでしょうか?

それは、古代における国の祭政に関し、
重要な事柄や後継者などを選別することがあったようです。

その際に神の意志を占うため、
くじ引きを行うことがあったそうです。

それが、現代におけるおみくじの起源とされています。

また、多くの神社仏閣で見かけられるおみくじの形は、
元三慈恵大師良源上人が創ったと云われています。

現在のように個人の吉凶を占うために行われるおみくじは、
鎌倉時代初期から行われていたそうです。

おみくじの順番!~7段階と12段階の吉凶がある!?

さて、実際におみくじを引いてみると、
だとか小吉だとか、いろいろと運勢が出てくると思います。

たいがいの方は、
小吉、吉、中吉、大吉、凶、大凶、などは
なんとなくなじみがあると思います。

実際のところ、吉凶の段階には7段階12段階のものに
大きく分けられます。

7段階の場合、良い順番
大凶< < 末吉< < 小吉< 中吉< 大吉

12段階の場合、良い順番
大凶< 末凶< 半凶< 小凶< < 末小吉< 末吉< 
半吉< < 小吉< 中吉< 大吉

 

という風になっています。

引いたおみくじは結ぶ?それとも持ち帰ったほうがいい?

さて、引いたおみくじはみなさんどうしているでしょうか?

だいたいの方は、神社の木などに結んで
帰ってくるかと思います。

そもそも、引いたおみくじを寺社仏閣の木に結ぶ、という
行為は、書かれた運勢に関わらず、

そこにいる【神様と縁を結ぶ】という意味があります。

だから、おみくじを引いて内容を確認したら、ひとまず
結んで帰ると考える方が多いんですね。

また、おみくじをそのまま持ち帰るということに関しては、
これはまったく問題がありません

おみくじの運勢が悪ければ、【悪いものを持ち帰り、折々で
取り出して見て自分を戒める
】ということになります。

ですから、吉凶にかかわらず引いたおみくじは
持ち帰って大丈夫です。

持ち帰る場合には、決しておみくじを粗末にせず、
大切に保管しておきましょう。

そして、持ち帰る場合にも、いつかは寺社仏閣に結びつける
ことが必要になってきます。

間違っても、ゴミとして
捨てるなどということはないようにしましょう。

おみくじはどこに結ぶ?結び方は?

おみくじの結び方にもやり方があります。

■おみくじの結び方

1,4回程度折り、細長くする

2,四つ折りにしたおみくじを結ぶ場所へかけ、1回結ぶ

3,結び目の中心に、端の部分を折り込む

 

以上が、おみくじの正しい結び方ですね。

【おみくじを結ぶ】という行為には、
霊的な意味が込められていると信じられてきました。

また、【のおみくじを利き腕とは反対の手で結べば、
困難な行いを達成することによって吉凶が転じる

という説も聞いたことがある方が多いでしょう。

引いたおみくじを持ち帰る場合も、寺社仏閣に結ぶ場合も、
正しいやり方で行ってくださいね♪

最後に

というわけで、今回は、おみくじの正しい順番
正しい結び方などを見てきました。

いかがでしょうか?

意外と知られていないことの多いおみくじ、
お参りする際にも正しいマナーを
身につけておくことは大切ですよね。

この機会に、今回の記事もご参考にいただければ幸いです♪


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ