日焼け止めのSPFとPAの意味とは?選び方のポイントはこれ!

女性の夏の天敵といえば、
なんと言っても【日焼け】ですね。

hiyakedometop

ありとあらゆるレジャーに出かける夏において、
女性の方々には【日焼け止め】は
欠かせないアイテムでしょう。

さて、そんな必須アイテム【日焼け止め】。

その効果の強さをあらわすSPFPA数値
いったいどういうものかご存知でしょうか?

多いほうがいいような気もする・・・と、そこで
悩んでしまう方も多いかと思います。

というわけで、今回は、
この【日焼け止め】のSPFPA意味について、
ご紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

日焼け止めのSPFの意味とは?

まず、SPFとはどういった意味なのでしょうか?

SPFとは、つまりサンプロテクションファクター
(Sun Protection Factor)の略称です。

主に紫外線B波(UVB)の防止効果を表す
目安の数値のことです。

ちなみに紫外線B波とは、シミそばかす原因となる
紫外線の種類のひとつです。

SPF数値が大きいほど効果が高くなります。

ですが、その数値が50だと50時間効いて、
30だと30時間効くという意味ではありません。

人間の肌は、紫外線受けてから日焼けしてしまう、
つまり紅斑という赤い斑点が出て炎症を
起こしている状態になるまで、

人によって個人差がありますが、
だいたい15分~20分と言われています。

たとえばSPF数値50であれば、日焼け
50倍遅らせることができるという意味なのです。

つまりは、日焼けに対する防御力
それをあらわす数値がSPFというわけですね。

日焼け止めのPAの意味とは?

次に、PAとはどういった数値なのでしょうか?

PAとは、プロテクショングレイドオブUVA
(Protection Grade of UVA)の略称です。

紫外線A波(UVA)の防止効果を表す目安の数値です。

紫外線A波とは、シワたるみ原因となる紫外線のことです。

+の多さが紫外線A波に対する効果の高さをあらわします。

++++、+++、++、+の4段階があり、

PA++++:極めて高い効果がある
PA+++:非常に効果がある
PA++:かなり効果がある
PA+:効果がある

という設定がなされています。

ということで、SPFとPAの違いに
ついてご紹介してみました。

日焼け止め選びのポイントと注意点

以上の効果の違いを鑑みたうえで、
効果的な日焼け止め選び方はあるのでしょうか?

まず、毎日日焼け止めを使う人であれば、
数値高いもの落とすのが大変ですので、
低めの数値のものをおすすめします。

ちょっとしたお出かけの場合であればSPF30程度で十分です。

逆に、絶対焼きたくない場合には
高めの数値を使いましょう。

例えば、レジャースポーツなど長時間の場合、
SPF50以上の日焼け止めを使用することをおすすめします。

しかし、より確実なのは
なるべく肌の露出を押さえることです。

日傘帽子長袖の服の着用のうえで、日焼け止めを
使用
すればより高い効果が得られます。

また、紫外線は夏にこそ注意、とお思いの方も多いでしょうが、
冬にも絶え間なく紫外線は降り注いでいます

であっても外にでることが多い、ひなたで仕事をすることが
多い方は日焼け止めの使用をおすすめします。

最後に

というわけで、今回は、
日焼け止めSPFとAPの意味について、ご紹介してみました。

意外と知られていない両数値の意味
これで、ある程度はわかったかと思います。

その日焼け止めの強さによって使う場面を変えることで、
より効果的に使うことができるでしょう♪

この記事をご参考に、日焼け止め選びの一助になれば
幸いでございます。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ