髪の毛の静電気を防止!おすすめの対策はコレ!

この冬の季節、そろそろ鬱陶しく(うっとうしく)
なってくるのが静電気

ドアノブをつかんだり、車のドアをあけるときなど
バチッといやな傷みが走ります。

特に女性の方が困るのが、
に発生する静電気ではないでしょうか。

burasingtop

髪の長い方であれば、櫛でとかしただけで
静電気広がりますし、セットもうまく決まりません。

というわけで、今回は、髪の毛に発生する静電気
防止対策をご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

髪の毛の静電気の原因とは?

まず、どうして髪には静電気が発生しやすいのでしょうか?

何よりもまず大きな原因は、「乾燥」です。

乾燥すると摩擦が大きくなり、
その結果、静電気が発生しやすくなります。

本来、髪に必要な湿度60%ほどと言われていますが、
それが冬場にはなんと20%にまで落ち込みます。

暖房などをかけることによっても水分奪われていくので、
冬に静電気が起きやすいのはそういうわけなんですね。

乾燥している髪には静電気溜まりやすく
それが髪が痛む原因ともなります。

髪が荒れればさらに静電気が起きやすくなり、
さらなる静電気が起きる悪循環に陥っていきます。

髪の毛の静電気の防止対策は?

それでは、髪の毛静電気防止するには、
どう対策したら良いのでしょうか?

①乾燥を防ぐ
まずは、乾燥を防ぐことが大事ですね。

室内の乾燥がひどくなると、静電気だけでなく
ウイルスなどの雑菌も発生しやすくなります。

もちろん加湿器が一番効果的ですが、濡れたタオルなどを
室内にかけておくだけでも効果があるそうです。

②髪の毛の保水
また、髪の毛自体の保水にも注意しましょう。

トリートメントやコンディショナーを正しく使い、
また、皮脂が奪われるのを避けるため、
シャンプー使いすぎないようにしましょう。

ブラッシングの際にも、乾燥に気を遣いましょう。

蒸しタオルなどで湿らせたり、ブラッシング用
スプレーなどを使ってから髪をとかしましょう。

③適切なブラシを使用
ブラシ選びにも留意します。

プラスチック、もしくはポリエステル製のブラシは
帯電しやすいので、なるべく選ばないようにしましょう。

可能であれば、木製や豚毛、猪毛など、天然素材
ヘアブラシに変えることをおすすめします。

最後に

というわけで、今回は、
髪の毛に対する静電気対策についてご紹介してみました。

この季節、どうしても避けては通れない静電気。

少しの工夫で、簡単に静電気を防ぐことができます。

放っておくと髪も荒れ放題になって、
良いことは何もありません。

しっかりと対策をして、髪の健康を守りましょう♪


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ