唇が乾燥する原因とは? こんな悪習慣に要注意!

徐々に寒くなってきた今日この頃。

寒くて空気が乾いていると、
唇も同じく乾燥してきますよね。

kutibirutop

でも、唇の乾燥原因は、
寒さ空気の乾燥だけじゃないんです!

今回は、知らず知らずのうちにやってしまって
いるかもしれない、乾燥原因になる
行動をご紹介していこうと思います。

乾いて荒れてしまっている方、
要チェックです(`・ω・´)

スポンサーリンク

唇はデリケート

そもそも、人間のという部分はとても敏感で、
もともと、潤い保つ機能ありません

水分保持しておく細胞も少なく、
本来乾燥防ぐための皮脂も
分泌されることもないのです。

だから、ちょっとしたことでもすぐに
乾燥荒れを招いてしまう結果になるんですね(-_-;)

さらに、ほかの体の部分よりも皮膚が薄いので、
より傷つきやすいという弱点すらあります。

乾燥だけでなく、ちょっとした行動で
傷ついたり荒れたりするのも、
無理はないという感じですね。

唇が乾燥する原因とは?(外側からの原因と内側からの原因)

さて、それでは、乾燥してしまう原因には
何があるのでしょうか。

外的要因内的要因に分けて見てみましょう。

■唇が乾燥する外的要因
外的要因には、まず、リップクリームが挙げられます。

これはみなさんやりがちだと思いますが、
リップクリーム付けすぎると、かえって皮膚や粘膜の
かぶれを引き起こす原因となったりするようです。

さらに、唇が乾くと舐めてしまうくせ、
これも大変いけないようです。

唾液の水分で乾きが収まったようにも思えますが、
水分が乾くときにさらに水分奪ってしまう結果になります。

■唇が乾燥する内的要因
内的要因としては、
食生活の乱れなどによる栄養不足が挙げられます。

皮膚の薄い唇は、栄養不足による
肌荒れが特に目立ってしまいます。

普段から外食コンビニの食事を
摂ることが多い方は要注意です。

また、口内炎ニキビなどの肌荒れ
起こっている方も食生活を見直すなど、
注意を心がけましょう。

また、唇の荒れの原因としては、
アトピー性の口唇炎が挙げられます。

夏でも唇が荒れてしまう、唇・口の周辺シミなどが
あらわれている場合には、アトピー性の
口唇炎のおそれがあります。

以上が、唇の乾燥の原因として考えられます。

唇を乾燥から防ぐ対策は?

以上の原因から、では、乾燥対策はどうしたら
良いのでしょうか。

まず、リップクリームに関しては、
やはり塗り過ぎないということが必要なようです。

あまりにも乾燥してしまうような場合には、
薬用リップクリームはたしかに必要でしょう。

それでも、塗る回数としては
1日3回ほどがベストなようです。

また、口呼吸を行っていると、
自分の息で唇が乾いてしまいます。

口呼吸を控えることによっても、
唇の乾燥は防げるんですね。

あとは、何よりもバランスの良い食事を摂り、
栄養バランスを保って肌荒れ自体を防ぐ、ということです。

特に、肌や粘膜の保護作用のあるビタミンB2不足は、
そのまま肌荒れの原因になってしまいます。

ビタミンB2は、レバー納豆、卵などの食品に含まれています。

栄養不足が心配な方は、ちょっと意識して食べるようにすると
いいかもしれませんね(*´∀`)

最後に

というわけで、今回は、唇の乾燥とその原因
対処法について見てきました。

いかがでしょうか?

季節に関係なく、唇の荒れで
お悩みの方も多いかと思います。

今回の記事、唇の乾燥対策のご参考に
いただければ幸いでございます♪


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ