門松などの正月飾りはいつからいつまで飾る?関西と関東では違うの?

お正月といえば、門松やしめ縄などの正月飾り

kadomatutop

きちんと全部を飾るというご家庭は
少なくなってきているかも知れませんが、

百貨店神社仏閣などでは今でも
本格的なお正月飾りを見ることができます。

さて、この正月飾り。飾る時期など、
正しいマナーをご存知でしょうか?

そこで今回は、正月飾りは、
いつからいつまで飾るのか?、関東関西で変わる
マナーなどをご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

正月飾りとは?

そもそも、お正月というのは【歳神様】という
神様を迎えてお祀(まつ)りをする行事です。

そのため、歳神様を家まで迎え入れる、という手順として、
その際の依代(よりしろ)として選ばれたのがです。

松は冬にも葉が枯れない、ということから、
強い生命力象徴として選ばれました。

その依代としての留めておく場所、として
【門松】を設置します。

家に迎え入れた【歳神様】が次に依代(よりしろ)にするのが、
【鏡餅】です。

【しめ縄】には神様が宿るという役割はありませんが、
歳神様を迎え入れたあとに、外から不浄なものが
入り込まないよう結界を張る役目があります。

また、【ここには神様がいますよ】という目印でもあります。

ふだん飾っているお正月飾りには、
こんな意味があったんですね(*´∀`)

正月飾りはいつからいつまで飾る?~関西と関東ではちがう!

基本的に、お正月飾りは
12月13日~12月28日までの間に飾りますが、
飾ってはいけないされる日があります。

正月飾りを飾るのを避けたほうがいいとされる日は
12月29日~31日です。

12月29日
29日は、語呂合わせではありますが、
【苦(九)に通じる】【苦を祀る】という意味に
なるので避けます。

12月30日
30日は旧暦の大晦日になりますので、これも避けます。

12月31日
31日には【一夜限り】という言い方があります。
本来はお葬式につかわれる言葉ですが、それに通じてしまうので
この日も避けたほうが良いとされています。

 

さて、問題は正月飾りを処分する時期です。

基本的には、松の内過ぎれば正月飾りを取り去り、
しかるべく処分するということになっています。

この【松の内】の期間が、
関東・関西違ってくるのです。

■関東の松の内
関東では1月7日まで松の内とし、
7日の朝に七草粥を食べ、お正月飾りを
外すというのが一般的です。

これには理由があり、江戸時代に将軍家光が4月20日に
亡くなったことから、もともと1月20日に行っていた鏡開きの
日にちを変更したことから始まっています。

変更した日にちが1月11日であり、松の内のあいだに鏡開きを
行うのもおかしい、ということで、松の内自体が
1月7日まで縮められたそうなのです。

■関西の松の内
関西では、【松の内】1月15日までとなっています。

大阪や京都などでは、古来より
元旦の1日から松の内までを【男正月】、

15日までを【女正月】と呼んでいたそうです。

これは、男正月の間、接客や料理などで忙しくしていた女性
ねぎらうための期間だったということですm(_ _)m

それが今に伝わり、関西では15日までを松の内とする風習が
残っているんですね。

最後に

というわけで、今回は、正月飾りを飾る時期、
関東・関西での違いを見てみました。

お正月の祝い方は、古来からきちんと決められていて
守るべきマナーがあるのがわかりました。

関東・関西でそれぞれ伝わり方が違うお正月祝い、
この伝統が後世まで残っていけばと思います(*´∀`)


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ