幼児の鼻血の止め方!正しい方法とは?

小さい子供って、わりと頻繁に
鼻血を出してしまうイメージがありますよね。

hanaditop

実際、私の弟も小さいころは、
何もしていないのによく鼻血を流しておりました(-_-;)

さて、そんな子供鼻血
正しい止め方、ご存じですか?

今回は、子供が鼻血を出す原因と、
正しい鼻血の止め方について、
ご紹介して行こうと思います。

スポンサーリンク

鼻血が出る原因とは?

さて、子供はどうして鼻血を出しやすいのでしょうか。

そもそも、鼻の内側というのは血管密集しており、
その粘膜から出血しやすいのです。

特に、子供は大人よりも鼻の内側の粘膜が弱いので、
より出血しやすいというわけですね。

また、子供がよく鼻血を出す原因の最たるものは、
無意識に鼻の穴周辺触ってしまうことです。

さらに、アレルギー性鼻炎などでかゆみがあったりすれば、
かきむしってしまって余計に出やすくなるようです。

だいたい以上のところが原因ですね。

アニメなどの演出で興奮して鼻血がでる、
なんて描写があったりしますが、

子供の場合は遊んでいたりして興奮すると、
粘膜が薄い分鼻血出やすいようですね。

あながち嘘でもないのだなあと
思ってしまいました(笑)

こんな間違った鼻血の止め方をしていませんか?

さて、子供にかぎらず鼻血の止め方として、
こんな風に間違った対処を行ってはいませんか?

鼻にティッシュを詰める

上を向き、首のうしろをたたく

以上の二つは、鼻血の止め方としては
間違った対処法です。

鼻にティッシュを詰め込むと、
当座はそれで良いです。

しかし、抜くときにまた別の粘膜を
傷つけてさらに出血、などと
いうことにもなりかねません。

さらに、上を向いた状態で首をたたくという方法も、
実はまったく効果がなかったりします。

しかも、かえって流れた鼻血喉に入ってしまい、
気持ちが悪くなることもあるくらいです。

二つとも、昔からよく言われている迷信みたいなものですが、
間違っているので対処法として使うのはやめましょう(-_-;)

子供の鼻血の正しい止め方

さて、それでは、正しい鼻血の止め方は
どういったものなのでしょうか?

■子供の鼻血の正しい止め方

まずは、背もたれのある椅子などに座らせてあげます。

横にさせるとかえって出血が長引くそうなので、
座っている姿勢が一番いいようです。

次に、額から鼻にかけての部分や、首筋などを
冷たいタオルで冷やしてあげましょう。

そして、鼻血が出ている方のを押さえ、血が止まるまで
5分ほど押さえておいてあげましょう。

 

hnaji1

以上が、正しい対処法のようです。

そして、鼻血が止まったら、
鼻の中をいじったり、強く鼻をかんではいけません。

hnaji2

子供なので大人しくしているのが難しいかもしれませんが
なるべく安静にさせておくのがベストだと思います。

最後に

というわけで、今回は、子供が
鼻血を出したときの止め方を見てきました。

からよく言われている方法間違いだったり、
意外と知られていない部分があったかと思います。

何より一番大事なのは、やっぱりまわりに
いる大人が慌てないことですね(*´∀`)

子供が鼻血を出すのはよくあることですので、
冷静な対処をしてあげましょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ