新幹線にベビーカーの置き場所はあるの?足元に置ける?

お出かけのときに意外にかさばる、ベビーカー

便利ですが、結構場所をとるので周りに気を遣いますよね。

特に、電車などの公共交通機関では苦労したことがある人も多いのではないでしょうか?

新幹線に乗るときは、みんなどうしてるんだろう?

座席に置けるのかな?

そこで今回は、そんな疑問を解消するために、新幹線ベビーカー置き場について調べてみました。

スポンサーリンク

新幹線にベビーカーの置き場所はあるの?

大前提のマナーとして、たためるベビーカーたたまないで置くのはNGということ。
そして、通路に置くのは邪魔になったり、危険もあるのでできないということです。

となれば基本的には、各車両の前か後ろに荷物を置けるスペースがあるので、そこにたたんで置くのがいいと思います。

ただ、そのスペースはスーツケースを置く場所でもあるので、奥の方に置くと途中で降りるときに取れなかったり、混んでいるときは置くスペースがなかったりします。
その場合は、座席の前のスペースに置きましょう。

ベビーカーのサイズにもよりますが、お父さんとお母さんで2人分の連続する席を確保できれば、たたんだベビーカーを横に倒して置くことができるかもしれません。

具体的には、ベビーカーを折りたたんだときの高さが、約86cm以下なら収まりますので、参考にして下さい。
座席に置く場合は、横に倒れたり、前のリクライニングの邪魔にならないように注意しましょう。

そういうことを考えると、少し高いですが、指定席をとることをおすすめします。
自由席で、混雑していて最悪の場合座れなければ、赤ちゃんにとっても、親にとってもかなりの負担がかかってしまいます。

指定席は時間が決まっているので、時間に余裕を持って出かけましょう。

ベビーカーを置くおすすめの場所とは?

各車両の指定席にある、車椅子専用の座席があります。
もちろん、車椅子の方優先なので、確実性はありませんが、もしそこが空いていれば、ベビーカーをそのまま置いておくこともできます。

車椅子専用の座席がどの車両にあるかは新幹線の種類によるので、調べてみて下さい。

また、車椅子専用の席は優先席ですから、直前にならないとチケットが販売されないケースもあります。
空いている可能性もあるので、乗る前に窓口聞いてみるといいですね。

また、車椅子専用の座席が無理でも、各車両の前か後ろにある荷物スペース近くに座るのがおすすめです。
そのほうが、ベビーカーをすぐに取り出して下車するときスムーズにサッと出られるからです。

新幹線にベビーカーを持ち込む事前に準備しておくべきことは?

慌てないように、事前に車内のトイレやオムツ替えのベッドがどこにあるのか、把握しておくといいですね。

新幹線には、多目的室が用意されています。
これは、体調不良の人が寝たまま移動できるように想定して準備してあるものです。

赤ちゃん連れも、他の利用者がいなければ、授乳やオムツ替えで利用することができます。
誰かが使っていないかどうか、車内販売のお姉さんなどに聞いてみてから使うといいでしょう。

多目的室の近くのトイレには、オムツ替えのベッドが用意されていることもあります。

新幹線の時間ですが、融通がきくようであれば、昼頃の新幹線にするのがおすすめです。
比較的混雑が少なく、赤ちゃん連れでも安心です。

また、乗車中に使える音のしないおもちゃは、必需品ですよ。

最後に

ベビーカーで赤ちゃんを連れて帰省や旅行など、慣れないと大変なことも多いですが、赤ちゃんにとっても、親にとっても、できるだけ負担の少ないようにしたいですね。

ベビーカー以外にも荷物がある場合はさらに大変ですよね。
夫婦で役割分担して、協力しながら新幹線に乗りましょう。

他の乗客への配慮を忘れずに、快適な新幹線の旅をしてきて下さいね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ