年賀状の返礼遅れにも寒中見舞い!出す時期はいつから?書き方は?

会社の上司に、お世話になった方々に、季節の挨拶状
出す機会がある方も、多くいらっしゃると思います。

年賀状暑中見舞い喪中はがきなど・・・

kantyumimaitop

季節ごとに出す挨拶状は、書き方出す時期
それぞれに決まっています。

そして、意外とこういうのって、「いつ出すのか」や、
書き方」がわからないことが多いですよね(´・ω・`)

というわけで、今回は、季節の挨拶状の書き方、
シーズン的に一番近い時期の【寒中見舞い】の
出す時期書き方について、ご紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

そもそも、寒中見舞いって?

寒中見舞いとは、厳寒期に出すお相手の
健康などを気遣うお便りのことです。

寒の入りから節分(立春の前日)まで、
二十四節気の【小寒】、【大寒】に
相当する時期が【寒中】となります。

そして、この時期に出すお見舞いなので、
寒中見舞い】となるわけですね(*´∀`)

また、以下の様な場合にも【寒中見舞い】を使います。

1,年賀状を送っていない人から年賀状が
届いた場合、それで年始の挨拶とする。

2,先に年賀状をいただき、松の内に返礼を
できなかった場合、それで年始の挨拶とする。

3,喪中に年賀状をもらった場合、喪中の報告とお詫びを兼ねて。

4,喪中と知らずに年賀状をだしてしまった場合に、
お悔やみとお詫びを兼ねて。

 
 

寒中見舞いはいつからいつまでに出せばいい?

前述のとおり、【寒中見舞い】なので、
寒中(寒の内)】に出すことになります。

基本的には、【松が明けてから】(松の内は一般的に1/7まで)
立春の前日までに届けます。

ちなみに・・・

2015年のカレンダーでは、
小寒は1月6日、大寒は1月20日となっています。

節分は2月3日で、翌2月4日が立春となります。

ということは、1月8日から2月3日の間に、
届けば良いってことですね。

寒中見舞いの書き方

季節挨拶状のひとつなので、特に形式が
決まっているわけではありません。

基本的には、

1,季節の挨拶:「寒中お見舞い申し上げます」
       「余寒お伺い申し上げます」などの挨拶

2,先方の安否、健康を尋ねる文面
  自身の近況を伝える文面
  先方の無事を祈る言葉

3,年月日
日付は「○○年○月」だけでも結構です。

以上のように書きましょう。

※「拝啓」や「敬具」などの言葉はいりません。

年賀状をいただき返礼が遅れた場合の寒中見舞いの文例

寒中見舞い申し上げます。
新年早々、ご丁寧な賀状をありがとうございました。
私どもは、年末年始を○○で過ごしていたので、賀状を頂きながら、ご挨拶が遅れてしまい、誠に申しわけありませんでした。
この冬の寒さは格別ですが、皆様にはお障りございませんか。
おかげ様で私どもも変わりなく過ごしております。
ご家族の皆様におかれましては、どうかお身体を大切にお過ごし下さいますようお祈り申し上げます。

平成○○年○月

 

寒中見舞いを書くときに気をつけるべきことは?

出すお相手喪中である場合には、
祝賀の言葉おめでたい言葉避けるようにしましょう。

また、年賀状出し忘れた場合の代わりとする場合には、
お詫びの言葉が失礼に当たらないよう気をつけましょう。

  • その他に、頭語と結語は不要であること
  • 必ず期限を守って送ること
  • 年賀はがきを使わないこと
  • 以上の点に注意して書けばOKです(*´∀`)

    最後に

    というわけで、今回は、【寒中見舞い】の
    書き方、マナーについてご紹介してみました。

    いかがでしょうか?

    喪中や出し忘れなど、挨拶としてだけでなく
    送る機会が出てきてしまう寒中お見舞い。

    しっかりとマナーを守って、
    お相手に失礼にならないよう心がけたいですね♪


    関連コンテンツ

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ