服についたタバコの臭いを消す裏ワザ6選!

タバコを吸う場所がどんどん減ってきています。

だからこそ、吸わない人にとっては、たばこの臭いは不快感を感じやすくなっています。

もし、服にタバコの臭いがついてしまったら、周囲の迷惑にならないためにも、消し方を知っておきたいですよね?

しかも「タバコの臭いって、なかなかとれない」と感じた経験ありませんか?

タバコは、複数の臭い成分でできているから、とれにくいんです。

そこで今回は、タバコ臭い消す裏ワザとして、お手軽な方法と、頑固な臭いでも消せる方法の2つに分けて、ご紹介します。

スポンサーリンク


 

お手軽なたばこの臭いを消す裏ワザ!

まずは、急いでいるときに便利な、お手軽な裏ワザをご紹介します。

■ドライヤーの風をあてる
20cm離したところから、ドライヤーの冷風を服全体にあてます。
表面の臭いだけなら、これで充分でしょう。

■スチームアイロンをあてる
蒸気をあてることによって、臭い分子を水分に移すことができます。
スチームによって服が湿っている状態で、臭い分子を服から落とすために、服を振りましょう!

■浴室にかけておく
スチームと同じ原理で、浴室の水分に臭いを移すことができます。
一晩はつるしておき、翌日は風通しのよい場所に干しましょう。

■消臭スプレーを使う
消臭スプレーは、日常的に使っている人も多く、一番お手軽かもしれませんね。
ただし、スプレーに香料がついていると、よけいに変な臭いになってしまう可能性があります。
無香料のタイプにしましょう。

頑固なたばこの臭いを消す裏ワザ!

お手軽な方法ではとれない場合、比較的時間がある場合に、自宅でたばこの臭いをとる方法をご紹介します。

■洗えるなら洗濯する
たばこの臭い成分のほとんどが、水溶性なので水に溶けます。
少しくらいの匂いなら、洗濯すればとれます。

それでもダメなら、漂白剤や重曹を使えば、頑固なタバコの臭いもとれるでしょう。

■脱臭剤と一緒に袋に入れる
コートや革製品など、簡単には洗濯できない服の臭いをとりたいときは、この方法がおすすめです。
空間の臭いをとるための脱臭剤を使います。

脱臭剤と臭いの気になる服をビニール袋に入れて密封します。
この状態で2~3日放置します。
まだ充分に臭いがとれてなければ、日数を増やします。

服だけじゃなく、髪にも臭いは移りやすい!

服はもちろんですが、髪の毛も、臭いを吸着しやすいんです。

焼肉やバーベキューの後は、髪が臭った経験がある人も多いのではないでしょうか?

自分がタバコを吸う人はもちろん、吸う人と仕事した後にデートするときなど、気をつけたいですよね。

髪の毛の臭いは、根本から風を通すことで、吹き飛ばすことができます。

ドライヤーがあれば一番ですが、外出先では、なかなか難しいですよね。

扇子やうちわでもいいので、風を髪にあて、ブラシで根本からとかしてみてください。

これだけでも、かなり違うと思いますよ。

ウェットティッシュで髪の表面を拭く、という方法もあります。

気をつけてほしいのは、その後必ず乾いた紙で水分を拭き取ること!

濡れた状態の髪だと、よけいに臭いを吸収しやすくなってしまいます。

最後に

タバコの臭いを消す裏ワザ、できそうなものがありましたか?

タバコに限らず、臭い対策をすることは、大人としてのマナーですよね。

それに、コートなど毎日着るものをそのままにしていると、自分も不愉快な想いをすることになります。

クローゼットに入れておけば、他の衣類にも移ってしまいます。

今後はこの記事を参考に臭いの程度に応じて裏ワザを試してみてください!


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ