お盆の結婚式は非常識?迷惑がられる?挙式費用は安いの?

結婚が決まったら、結婚式日取りを決めますよね。

ジューンブライドという言葉はよく聞きますが、お盆はどうなのでしょう?

会社で休みを申請する必要もなく、会社の人も休みだから呼びやすそうですか?

「でも、非常識だと思われない?」

何となく心配な人のために、お盆結婚式をすることは、迷惑なのか?費用はどうなのか?など、本当のところを調べてみました。

スポンサーリンク


 

お盆の結婚式は非常識なの?

そもそも、お盆に結婚式をするのが非常識だという感覚は、「お盆は、祖先の霊が帰ってくるので静かに過ごす」という習慣からきているようです。

もともとは、喪に服したり、派手なことを避ける必要はないそうです。

ということは、お盆に結婚式をしても、非常識ではないということですね。

もしかしたら、年配の人など「お盆は静かに過ごすもの」という感覚を持っている人からすれば、非常識感じるかもしれません。

逆に、若い世代には、都合がつきやすいので、むしろ嬉しいという意見もあります。

どうしてもお盆やりたい都合があるとしたら、家族親戚、上司などに相談してみてください。

実際に8月は、1月に次いで2番めに結婚式が少ない月です。

お盆休みは、帰省したり、家族と過ごすゲストが多いこともあり、あえて選ばないということが多いようです。

ただし、8月が夏休みの教師同士結婚式などは別で、むしろ関係者にとって都合がいいです。

お盆の結婚式は迷惑がられる?

お盆の結婚式は、非常識でないことはわかりましたが、実際にゲストはどう感じるのか、気になりますよね?

残念ながら「迷惑に感じる」という意見が多いようです。

一番多い理由は「お盆にはすでに予定がある」もしくは「予定を入れたいから」というもの。

出席したくても、欠席しなければならない人がいるかもしれません。

もう一つの理由は「汗をかくのが嫌」「暑いから」です。

確かに、暑い時期は出掛けるだけでも大変なのに、正装をして行くのですから、嫌がられても当然ですね。

セレモニーの場合は、熱中症心配もあり、もっと大変です。

この現状を考えると、8月に結婚式が少ないのも納得ですね。

お盆の挙式費用は安いの?

8月の中でもお盆は特に、挙式費用安い傾向があります。

他の人が避ける分、予約取りやすく、会場の選択肢も多いです。

また、8月限定の演出や割引プランを用意している式場もあり、夏だからこそ結婚式が叶うかもしれません。

たとえば、花火プール、風鈴をつかった演出。

アイスフローズンカクテルを堪能してもらったり、海や南国をテーマにしたり、というアイディアも。

ここで気をつけてほしいのは、8月は式場が安いということを知っている人もいるということ。

人によっては「ケチったのね・・・」と思われかねないんですね。

だからこそ、ゲストへのおもてなしは、手を抜かずに頑張って欲しいと思います。

次は、たとえばどんなおもてなしがあるのかを紹介します。

暑いお盆の時期の結婚式でできる、ゲストへの配慮は?

結婚式の印象がいいと、来てよかったと思ってもらえ、今後の信頼関係にもつながります。

印象というのは、ほんの些細なこと変わるものなんですよ。

真夏にもかかわらず、せっかく足を運んでいただくゲストに対して、どんな心遣いができるのか考えてみましょう。

■開始時間で配慮
午後の一番暑い時間を避け、午前中か、夕方以降に開始するほうがいいでしょう。
ナイトウェディングであれば、屋外での演出もアリかもしれません。

■式場選びで配慮
日差しや雨がしのげる室内にいる時間多くするほうが、熱中症の心配が減り、安心です。
また、駅から遠い場合は、タクシーチケットを手配するなど、徒歩での移動をなるべくさせないような工夫が大切です。

■汗や身だしなみへの配慮
汗をかいてくると、女性は化粧が崩れたり、男性でも匂いが気になるかもしれません。
楽しく過ごしてもらうには、制汗スプレーを準備したり、メイク直しスペースを増やすなどの気遣いは、喜ばれますよ。

■演出で配慮
暑いときは、涼しいと快適ですよね。
涼しいと感じるブルーを基調に会場をコーディネートしたり、貝殻やスイカなど、夏の風物詩取り入れることで、楽しませることができます。

最後に

結婚式日取りは、とても重要です。

自分たちだけでなく、ゲストのこと考える必要があります。

お盆の結婚式は、非常識とは言えないまでも、迷惑と思う人がいることも頭に入れておきましょう。

もし、お盆に挙式が決まった場合は、この記事の「ゲストへの配慮」を参考に、素敵な結婚式にしてくださいね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ