鏡餅を飾る日はいつからいつまで?正しい飾り方とは?

もういくつ寝ると・・・なんて、
歌があるように、季節はもう秋。

そして、あっという間に年の瀬、
お正月の季節です。

お正月といえば、鏡餅

kagamimotitop

スーパーなどで、パックの鏡餅が売られていたりと、
最近はずいぶんお手軽な形になっています。

さて、そんな鏡餅ですが、
飾る日いつからいつまでなど、期間はご存じですか?

意外と知られていない鏡餅マナー

そこで今回は、そんなお正月の鏡餅マナー
ご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

鏡餅の意味は? 何故飾るの?

そもそも、鏡餅にはどういった意味合い
込められているのでしょうか。

鏡餅は、年神様お供え物として、
また、縁起物として飾られるもののようです。

鏡餅にはさまざまな良縁がこめられており、
子孫繁栄健康長寿家族や夫婦の円満などの
縁起がこめられています。

ちなみに、鏡餅のうえに必ず添えられている蜜柑(みかん)。

蜜柑は(だいだい)とも言われ、このだいだいが
代々】の音と同じこと、蜜柑の木そのものが
実がついてから2~3年はもつことから

子孫繁栄の意味合いを込め一緒に
飾られているそうです。

鏡餅を飾る時期はいつからいつまで?

さて、鏡餅を飾る時期ですが、
いつごろ飾れば良いのでしょうか?

鏡餅は基本的に、12月28日から1月11日まで
期間に飾りつけます。

門松しめ飾りなど、他のお正月飾りも同様です。

縁起物・お供え物として飾った鏡餅の
縁起をいただくという意味で、
お雑煮お団子などにしていただくのが、

鏡開き】ということになります。

飾り始めは12月28日としましたが、
多少早くても問題はないようです。

鏡開きを行う日も、一般的には1月11日とされていますが、
地域によって細かい日にちは異なっているようですね。

鏡餅はどこに飾るの?

鏡餅を飾る場所は、大きく分けて下記の三つになります。

  • 一番大きくて立派なものを床の間、あるいは玄関先に
  • それより少し小さめのものを仏壇、あるいは神棚に
  • さらに小さなものを家族の部屋や他大事な場所に
  •  

    大きく分けて、というよりも、最低三つということですね。

    床の間がないお宅の場合は、
    お茶の間ダイニングに飾ると良いでしょう。

    また、そんなふうに細かく考えずとも、
    一番大事なところ、一番しっくりきたところに置けば良い

    という考えも広まりつつあるようです。

    自分にとって一番大事なところに鏡餅を飾り
    1年の安泰を祈る、というのが何よりも大事なんですね。

    鏡餅の正しい飾り方とは?

    さて、今度は鏡餅の正しい飾り方を見てみましょう。

    最近ではホームセンターやスーパーなどで、
    一式になったものが売っているので、
    それを置いてしまえば問題はありません。

    ですが、ここでは一旦、本式の飾り方を
    見ていくことにします。

    飾り方の順番としては、

    1,三方 
    2,四方紅または奉書紙 
    3,裏白 
    4,御幣または四手
    5,下の餅 
    6,昆布 
    7,上の餅 
    8, 
    9,海老 
    10、末広

    の順番になっています。

    さすがにここまできちんとやろうとすると、大変ですね。

    こちらに詳しく図式と一緒にやり方が載っているので、
    ご参考のほど♪

    http://diy.yokochou.com/kagamimoti.htm

    最後に

    というわけで、今回は、鏡餅の飾り方
    そのマナーについてご紹介してみました。

    いかがでしょうか?

    やはり日本の伝統様式、細かいルールはありますが、
    そこまできちんと守らなくても大丈夫なようですね。

    そのあたりも、日本らしいと思います(*´∀`)

    鏡餅を飾る際には、ご参考にいただければ幸いです♪


    関連コンテンツ

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ