安城産業文化公園デンパークの割引券入手方法!駐車場やランチ情報も!

安城産業文化公園デンパークは、日本デンマークと呼ばれ、かつて農業経営のモデルとなっていた愛知県安城市にあります。

シンボルはデンマークの風車で、季節の花々が楽しめる公園で通称デンパークとして、親しまれています。

そこで今回は、そんな安城産業文化公園デンパーク魅力割引券について、さらにはアクセスランチ情報までご紹介していきます!

スポンサーリンク

安城産業文化公園デンパークとは?

安城産業文化公園デンパークは、四季折々の花々が楽しめる、安城市立公園。

風車の広場には、2018年3月17日に大型木製遊具ができたばかりでスカイライダーや、メルヘン号という園内循環バスなど、子どもたちが大喜びの遊び場がたくさんあります。

みんなで楽しめる、手作りソーセージ体験や、コンサート、お笑いライブなどのイベントもありますよ。

■開園時間
通常  午前9時半~午後5時(入園午後4時半まで)
冬時間 午前9時半~午後4時半

休園日 毎週火曜日 年末年始 1月中旬

■入園料
大人 600円 小・中学生 300円

年間パスポートもあります。
大人 2,400円 小・中学生 1,200円

安城産業文化公園デンパークの割引券の入手方法

お得に入園できる方法には、どんなものがあるのかご紹介します。

■電子チケット
10%OFFになる、前売り電子チケットです。
スマホ画面の提示で、入園できます。
大人 540円 小・中学生 270円 シニア 480円

https://www.asoview.com/channel/tickets/I7gY419V9J/?utm_source=ticket_direct

■アソビュー
最大10%OFFになります。
大人 540円 小・中学生 270円 シニア 480円

アソビューの安城産業文化公園デンパーク入園割引券はこちら

■コンビニ前売り券
10%OFFで入園できる、コンビニ端末のチケットがあります。

対象のコンビニは、セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルKサンクスです。

安城産業文化公園デンパークへのアクセスと駐車場

安城産業文化公園デンパークへの行き方と駐車場情報をチェックしましょう!

■電車
・名古屋駅→JR東海道本線で22分「安城駅」下車
・豊橋駅→JR東海道本線で25分「安城駅」下車
・三河安城駅→JR東海道本線で5分「安城駅」下車

■バス
JR「安城駅」→あんくるバス「循環線(0番系統/右回り・左回り)」で安城更生病院下車。
安城更生病院から「南部線/桜井西線」でデンパークで下車。
バスの料金は200円です。

■タクシー
JR「安城駅」約15分
料金は、1900円前後です。

■車
東名高速道路 岡崎IC・豊田ICから45分
中部国際空港(セントレア)から約1時間

■駐車場
乗用車1000台分の無料駐車場があります。

バスのダイヤ情報や、方面別の車の行き方など、さらに詳しい情報は、下のリンクで見られます。

安城産業文化公園デンパーク 営業案内 交通アクセス
http://denpark.jp/garden_info/access.html

安城産業文化公園デンパーク周辺のランチ情報

園内には、個性ある5つのレストランがあり、食事を楽しめます。

■地ビール工房&レストラン ホレ・フェスト
ホレ・フェストは、デンマーク語で「さぁパーティーをしよう!」という意味。

こだわりの地ビールは、飲み比べができるセットもあって楽しい!

地ビールと合わせて、ローストビーフ丼、ローストビーフピザなど、お肉料理が人気です。

■農場レストラン 花車
地元の食材を食べ尽くせる、バイキングは80分食べ放題です。

200人が入れる大きなお店で、45種類もの料理がずらりと並びます。

屋外には、バーベキュー場もあります。

■郷土料理・和食処 ふるさと館
郷土料理や和食がメインのふるさと館は、店内も和風の懐かしい雰囲気。

テーブルとお座敷両方あります。

メニューは、安城市の小麦を使ったうどんがおすすめです。

■カフェキッチン・ボノ
生パスタやデンマークのチーズを使ったピザなどが自慢のお店です。

■デリシャスファーム
ポテトフライ専門店で、オリジナルソーセージを使ったホットドッグもあります。
軽く済ませたいときや、おやつにもいいですね。

最後に

安城産業文化公園デンパーク、自然の中でのびのび遊べて、食事も楽しめる、癒し系の公園ですね。

忙しさを忘れ、いいリフレッシュができそうです。

スムーズに入園するためにも、事前に割引券を入手して出かけましょう!


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ