千葉の富津海岸で潮干狩り2018!潮見表やアクセス情報

春の風物詩でもあり、レジャーとしても親しまれている、潮干狩り。

今年も、そんな潮干狩りの季節がやってきましたね!

一度経験した子供たちは、待ち望んでいるのではないでしょうか。

そこで今回は、千葉富津海岸料金アクセス、潮見表など、お役立ち情報をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

千葉の富津海岸の潮干狩りの施設などの情報

富津海岸の潮干狩り場は、東京湾に突き出た富津岬の公園にあり、例年3月から約半年間、潮干狩りできます。

車で行く人には嬉しい、無料駐車場があり、足洗い場や更衣室、もちろんトイレも完備。

有料の休憩室やコインロッカーもあるので、家族連れでも安心で、採った貝の砂抜きのための海水も提供してくれます。

また、富津海岸は、次のような豊富な種類の貝が採れることで人気です。
・アサリ
・バカ貝(青柳)
・ツメタ貝(いちご貝)
・シオフキ貝
・はまぐり
・サルボウ

 

富津公園には、潮干狩り場の他にも、キャンプ場、バーベキュー場があり、夏にはジャンボプール、海水浴も楽しめます。

千葉の富津海岸の潮干狩り2018!時期や料金は?

【2018年の潮干狩り時期】
2018年は、3月18日(日)~9月14日(金)まで、潮干狩りが楽しめますが、潮の満ち引きによっては、できない日もありますので、事前に潮見表で確認してから出かけましょう。

因みに、3月18日(日)のオープン当日は、あさりの味噌汁の無料配布という、嬉しいおもてなしイベントがあるようです。

【潮干狩り料金】
大人(中学生以上) 1名 2,000円 (約2kg)
小人(小学生のみ) 1名 1,000円 (約1kg)
4才~小学生未満  1名  800円 (約1kg)

重さの目安は、網袋を含めた重さです。
超過料金は、1kgにつき1,000円です。

【海の家(有料休憩室)】
大人(中学生以上)       1名 300円
小人(未就学児含む小学生まで)1名 200円
有料コインロッカーあり

千葉の富津海岸2018の潮見表

富津漁業協同組合の、富津海岸2018年の潮見表を見ると、海に入れる時間がわかります。

●富津海岸2018の潮見表
http://jf-futtsu.com/1-shiohigari/shiomi.html

富津海岸は広いので、海岸で場所の取り合いということは、あまりないかもしれませんが、駐車場を確保したい方は、早めの出発をおすすめします。

千葉の富津海岸の潮干狩り2018!で持っていくべきものは?

当日困らないために、潮干狩りへ持っていくものを、確認してみましょう。

熊手…富津海岸では、100円のレンタル、200円の販売もありますが、自分のがあれば持参しましょう。
ザルやバケツなど入れ物…一時的に貝を入れるのに便利です。
…貝を最終的に入れるために使います。
軍手やゴム手袋…ケガや汚れを防止しましょう。
タオル…足を洗った後に必要です。汗拭きや、首の日焼け対策にもなります。
クーラーボックス保冷剤…貝を持ち帰るのに、あると安心です。
飲み物や食べ物…途中で休憩をはさみながら楽しみましょう。
着替え…服が濡れたときのためです。

 

服装は、紫外線対策や、寒さ、暑さ対策を忘れずに。

サンダルや裸足だとケガをしやすいので、スニーカーがおすすめです。

また、子連れの場合は、子どもが迷子にならないように、目立つ服装をさせるなど対策しておきましょう。

また、子どもが貝を採るのに飽きてしまったときのために、おもちゃがあるといいかもしれません。

千葉の富津海岸の潮干狩り2018!アクセスや駐車場は?

【電車】
JR内房線 青堀駅⇒路線バス「富津公園行き」公園入口で下車⇒徒歩約1分
        ⇒タクシーで海の家まで約8分

【車】
館山自動車道 木更津南ICから「富津岬方面」へ約15分

【駐車場】
第1~第8駐車場 無料
富津公園駐車場 無料

駐車場から潮干狩り場への入り口が近いところも嬉しいですよ!


 

最後に

富津海岸での潮干狩りは、豊富な貝や充実した施設が人気のようです。

無料の駐車場がたくさんあるのも嬉しいですね!

2018年は、家族で富津海岸へ、潮干狩りの思い出をつくりに行きましょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ