三春の滝桜2018の見頃はいつ?アクセスや駐車場情報も!

だんだんと暖かくなり、春を感じられるようになってきましたね。

春といえば、桜の季節ですが、

「今年こそ、思い出に残るようなお花見に行きたい!」

「どうせ桜を見に行くなら、そこにしかない特別な桜を見たい!」

misakisakura

今回は、そんな人におすすめの「三春の滝桜」の2018年の見頃はいつなのか、どうやって行くのかなど、早速調べてみました。

スポンサーリンク


 

三春の滝桜とは?

三春の滝桜は、福島県田村郡三春町にあり、その名の通り、滝のように垂れ下がった枝に、無数の花を見事に咲かせる名木です。

また、根尾谷淡墨桜、山高神代桜とともに、日本三大桜にも数えられています。

ソメイヨシノの樹齢は、60~100年なので、かなり長寿ですが、三春の滝桜は、紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)という種で、樹齢は1000年以上だろうといわれています。

そして、大正11年には、「三春滝ザクラ」という名前で、国の天然記念物に指定されましたが、これは、桜の木としては初めてのことでした。

高さは13.5mもあり、さらに四方に伸びていることを考えると、どれだけ大きいか分かると思います。

迫力があって、見る者の心を掴むのも納得です。

三春の滝桜2018の開花予想と見頃はいつ?

例年の見頃は、4月中旬ですが、2018年は、満開予想日が、4月14日となっています。

2017年は4月19日が満開で、4月23日に散り始めましたが、今年は、昨年より早めの開花が各地で予想されているようですね。

■2018年三春滝桜開花予想
https://weathernews.jp/s/sakura/spot/71/index.html

三春の滝桜へのアクセスと駐車場は?

【車で】
東北自動車道/磐越自動車道(東京→郡山JCT→郡山東I.C.)⇒国道288号線へ
常磐自動車道/磐越自動車道(東京→いわきJCT→船引三春I.C.)⇒国道288号線へ

国道288号線で、通常、郡山から約20分、双葉から約1時間25分です。

桜の時期は、渋滞のため、通常の目安時間より時間がかかります。
渋滞を避けるには、早朝のお出かけがおすすめです。

【駐車場】
●滝桜大駐車場 普通車/770台 無料

●三春町運動公園駐車場⇒無料シャトルバス
渋滞緩和のため、三春町運動公園駐車場から、無料シャトルバスも運行します。
専用ルートなので、渋滞もなくスムーズです。

・運行予定日/2018年4月14日~22日予定
・時刻/8:00~21:15 30分間隔(土日は15~20分間隔)
・運賃/無料
・「三春町運動公園駐車場」⇔「滝桜大駐車場」

 

【電車で】
JR磐越東線 郡山駅6番線発→三春駅から臨時バス「滝桜号」か、タクシー

「滝桜号」について、詳しくは下記のリンク先でご確認ください。

Find!三春 三春滝桜
http://miharukoma.com/experience/183

三春の滝桜のライトアップはあるの?

開花時期に合わせて、ライトアップが行われます。

迫力満点の夜の枝垂れ桜は、一見の価値がありますよ!

ライトアップの時間は、開花状況に合わせて、18:00~21:00に開催予定です。

三春の滝桜では、開花宣言翌日から、観桜料として300円がかかります。

観桜料がかかる時間は、6:00~18:00ですが、ライトアップ期間中は、20:30入場までです。

三春の滝桜のライブカメラ情報

三春町では、多くの人に、満開の滝桜を見てもらいたいと、ライブカメラを設置しています。

リアルタイムの滝桜を家にいながら、見ることができます。

3分間しか見られない設定になっていますが、現地までは行けない人には、嬉しいサービスです。

また、お出かけの前に、開花状況を確認する手段としても、便利ですので是非チェックしてみましょう!

■滝桜ライブカメラ
http://www.town.miharu.fukushima.jp/soshiki/7/webcamera.html

最後に

三春の滝桜。

花を満開に咲かせた姿を見たら、きっと特別な思い出になることでしょう。

1000年以上も、変わらずそこに立ち続ける名木。

なんだか大きなエネルギーを貰えそうです。

2018年は是非、三春へ行ってみてくださいね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ