新宿御苑の桜2018の開花状況と見頃は?アクセスや混雑具合は?

新宿御苑での2018年のお花見は、実はもう始まっているのをご存知でしょうか?

新宿御苑には、多くの桜の品種があるため、時期によって、様々な表情を見せており、シュウゼンジカンザクラ(修善寺寒桜)やオカメなど、少しずつですが一足早く春を告げています。

新宿御苑は、明治39年に皇室の庭園として造られ、戦後からは国民公園として、親しまれてきました。

環境省が管轄しており、美しい庭園風景が保たれていて、都心で人気が高い分、混雑は避けられないかもしれませんが、一度は行ってみたいですよね。

そこで今回は、新宿御苑2018開花状況見頃などを紹介していきます。

スポンサーリンク

新宿御苑の桜2018の開花状況と見頃は?

新宿御苑の桜は、例年2月中旬~4月下旬に見頃を迎えています。

見頃の期間が長いのは、約65種類1100本もの桜があるからです。

様々な品種をかけ合わせた交雑種も豊富で、新宿御苑の桜の代表品種としては、八重桜のイチヨウ。

4月中旬から下旬に見頃を迎えます。

全国のお花見スポットの中でも、目黒川に続く第2位で、日本さくら名所100選の一つです。

新宿御苑2018開花状況が紹介されています↓
https://sp.jorudan.co.jp/hanami/shinjuku-gyoen/

新宿御苑の花見の混雑具合は?

例年の花見期間には、約100万人もの人出となります。

特に土日は、入場までかなり時間がかかると思ったほうが良さそうで、平日でも、お昼近くになると、結構並んでしまいます。

手荷物検査があるとのことですので、事前に持ち込み禁止のものをチェックしていきましょう。

持ち込み禁止情報は、記事後半で詳しくお伝えします。

新宿御苑へのアクセスと駐車場は?

新宿御苑は、新宿区と渋谷区にまたがる広大な敷地なので、当然入り口も一つではありません。

新宿門、大木戸門、千駄ヶ谷門があり、どこから入るかで、行き方が異なります。

ここでは、新宿門への行き方と、専用駐車場の大木戸門横駐車場をご紹介します。

<新宿門への行き方>

【電車】
・JR・京王・小田急線…新宿駅南口 徒歩約10分
・西武新宿線…西武新宿駅 徒歩約15分
・東京メトロ丸ノ内線…新宿御苑前駅 出口1 徒歩約5分
・東京メトロ副都心線…新宿三丁目駅E5出口 徒歩約5分
・都営新宿線…新宿三丁目駅C1・C5出口 徒歩約5分

 

【バス】
品97    新宿二丁目
池86    新宿四丁目
早77    新宿三丁目
新宿WEバス 新宿御苑

 

<大木戸門横駐車場>
大木戸駐車場 8:00~20:00(入車19:00まで)
普通車 3時間まで500円、以降30分ごと100円(普通車200台)

大木戸駐車場について詳しくはこちら
http://fng.or.jp/shinjuku/news/2015/09/post-298.html

<開園時間・入園料>
桜の時期は、特別開園期間で、3/25~4/24まで、無休です。

開園時間は9:00~16:00で、入園料は200円(小中学生50円)です。

新宿御苑への持ち込み禁止情報

新宿御苑は、園内の動植物を保護し、事故や迷惑行為を防止するため、持ち込みを禁止しているものがあります。

事前に確認しておきましょう。

【持ち込み禁止のもの】
ペット
自転車・三輪車・一輪車・台車など(ベビーカーはOK)
酒類
切り花

 

【禁止されている遊びやスポーツ】
ローラースケート・ローラーブレード
ラジコンヘリ・ラジコンカー・ドローン
バドミントン
フリスビー・ブーメラン
なわとび
サッカー等のボール遊び
凧あげ

 

他にも、ゴミの放置や、テントやパラソルの設置など、景観を損ねる行動は慎みましょう。

当然、駐車場を利用せず、園内へ車を乗り入れるのも禁止です。

みんなが気持ちよく過ごせるように、ルールを守って過ごしましょう!

お酒禁止なので、宴会やBBQなどはできませんが、レジャーシートを敷いて、お弁当をのんびり食べる人たちの姿が多く見られます。

最後に

新宿御苑の桜は、種類が豊富で、庭園全体の美しさも魅力です。

新宿という高層ビルの並ぶ街中という環境も、非日常を演出してくれます。

都心にありながら、贅沢な桜風景を堪能できる新宿御苑。

だからこそ、混雑状況や持ち物には注意が必要ですね。

マナーを守って、素敵な春の訪れを味わいつくしましょう!


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ