コンタクトの洗浄液は飛行機に持ち込んでいい?国際線の場合は?

飛行機に乗る前って、準備だけでも気を遣いますよね?

検査場での持ち物検査、大丈夫かな?と不安になります。

コンタクトを愛用している方は、コンタクトの洗浄液が、飛行機に持ち込めるのか、重要な問題ですよね。

機内では睡眠をとったり、乾燥が気になるかもしれません。

今のうちに、コンタクト洗浄液飛行機に持ち込んでもいいのか、確認しておきましょう。

スポンサーリンク

コンタクトの洗浄液は国内線の飛行機に持ち込んでいい?

国内線の飛行機の場合、機内に持ち込む液体に制限はありません。

コンタクトの洗浄液も、手荷物として持ち込んで大丈夫です!

ただし、手荷物検査のときに、液体や通信機器などは取り出して、機械がチェックします。

サッと取り出せるように準備しておくと、スムーズですね。

コンタクトの洗浄液の持ち込み!国際線の場合は?

【液体の持ち込み制限】
国際線の場合は、「液体」の持ち込みに制限があります。
手荷物として持ち込めるのは、100ml(g)以内です。
きちんと容器に入れ、密封できる透明袋に入れると決まっています。

液体のパッケージ方法のルールを詳しく見てみましょう。
・液体それぞれを100ml以下の容器に入れる。
・容量が1リットル以下のジッパー付きの透明ビニール袋に入れる。

小さい容器を数本、ジップロックに入れて一つにする、ということですね。
袋のサイズは、マチのない20cm×20cmのサイズが目安になるようです。
化粧品や歯磨き粉だけなら、特に支障がない制限ですね。

コンタクト洗浄液も、100ml以下の容器に入っていれば、全く問題ありません。
ワンデーのコンタクトレンズと一緒に封入されている液体も、液体は少量なので、ジッパー袋に入れて持ち込めます。

なんだか細かくて面倒、と思うかもしれませんが、
安全対策のためですから、協力しましょう。

出国手続きを終えたら、免税店などで販売されている化粧品やお酒などを買っても、飛行機に持ち込むことができます。

【コンタクトの洗浄液は、医薬品?】
医薬品は、細かいルールはありますが、ジッパー袋とは別に持ち込めます。
迷うかもしれませんが、コンタクトの洗浄液は、医薬品ではありませんので、
医薬品のルールをクリアする必要はありません。

【液体制限、なぜ?】
2006年、イギリスで航空機爆破テロ未遂事件がありました。
これをきっかけに、飛行機の中で、液体を使って爆発物を大量につくれないように、国際民間航空機関(ICAO)の指示で、制限ができたのです。

コンタクトの洗浄液!預かり荷物の場合はどうなの?

手荷物とは別に、キャリーバッグなど大きな荷物は、搭乗前に預けます。

国内線でも国際線でも、預かり荷物には、制限はありません。
100ml(g)以上の液体を入れていてもOKです。

コンタクトの洗浄液も、もちろんOKです。

もし、検査官が荷物の中身をチェックするようなことがあっても、取り出しやすいところに入れておけば、準備万端です!

コンタクトの洗浄液は、海外でも販売されているようですが、値段が高く、種類も少ないので、使い慣れたものを持参するほうがおすすめです。

飛行機内は、地上よりも湿度が低く、目や喉の乾燥対策が必要です。

普段は目の乾燥が気にならない人でも、点眼薬を忘れずに持っていき、乾燥対策をしたほうがいいでしょう。

機内ではメガネを使うことにして、コンタクト関係はすべて預かり荷物に入れてしまう、という選択肢もあります。

最後に

国際線では、持ち込み制限があるとはいえ、コンタクト洗浄液は心配ないですね。

普段と違う環境で、何があるかわからないからこそ、楽しい旅行。

トラブルは起きないに越したことはありませんが、しっかりと準備をして、快適な飛行機の旅をお過ごしくださいね!


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ