生クリームとホイップクリームの違いとは?それぞれ代用はできるの?

生クリームとホイップクリームって、何が違うのでしょう?

いわれてみれば、はっきりと答えられませんね。

似たようなもののはずなのに、「どうして値段が違うの?」と、疑問を感じたことがあるかもしれません。

今回は、2つの違いを知り、代用ができるのかについて、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

生クリームとホイップクリームの違いって何なの?

2つの違いを項目ごとに比べてみましょう。

【原料の違い】
大きく違うのは、「動物性」か「植物性」か。

生クリームは、牛乳の脂肪分を原料に使っています。

一方、ホイップクリームは、植物性油脂を使い、乳化剤や安定剤などの添加物が入っています。

【表記の違い】
販売するときの表示のルールとして、乳脂肪を18%以上含んでいて、添加物や植物性油脂を一切含まないものだけが、「生クリーム」として表記できる。

ホイップクリームと呼んでいるが、よく見ると、ホイップとしか書いてないはずです。

ややこしく感じるのは、一般的に、泡立てた状態のクリームのことは、原材料に関係なく「ホイップクリーム」と呼んでいるからです。

ホイップって、英語では「泡立たせる」という意味もありますから、そのまんまですが。

【味が違う】
原材料が違うのですから、味も当然違います。

生クリームは、コクがあり、濃厚でしっかりした味です。

ただし、独特の乳臭さが苦手な人もいるでしょう。

ホイップクリームは、あっさりとしていて、あまり重たく感じません。

【日持ちする日数が違う】
生クリームは、賞味期限が10日ほどですが、ホイップクリームは、1カ月以上と差があります。

もちろん開封後は早めに使い切らなければいけませんが、例えばケーキを作り置きしておきたいときなど、ホイップクリームのほうが、風味が落ちにくいというメリットがあります。

【値段が違う】
生クリームとホイップクリームでは、生クリームのほうが値段が高いです。

生クリームと同じような味と見た目を再現したのが、ホイップクリーム。

【泡立てやすさ】
生クリームのほうが、泡立てやすい傾向があり、角が立ちやすいです。

ホイップクリームは、泡立ちは劣りますが、分離はしにくいというメリットもあります。

生クリームとホイップクリーム!それぞれ代用はできるの?

それぞれの違いを踏まえて、使い分けていけば、充分代用も可能です。

好みや用途に合わせて、選んでみて下さい。

【ホイップクリームに含まれるトランス脂肪酸は危険?】
以前から、マーガリンは危険だ、という情報を耳にしている方も多いと思います。

マーガリンを始め、植物性のホイップクリームやスナック菓子など、多くの食品に、トランス脂肪酸が含まれてます。

米食品医薬品局(FDA)は、心臓疾患のリスクを高めるとして、2006年にはすでに、トランス脂肪酸の含有量表示を義務づけ、国内の消費を減らすように促しています。

そして2018年6月から、トランス脂肪酸を食品に添加することを全面的に禁止しました。

日本での対応ですが、日本人のトランス脂肪酸の平均摂取量が、FDAの基準より低いということもあり、今のところ大きな動きがない状況です。

詳しくは下のリンクから、確認してみて下さい。

「トランス脂肪酸に関する情報」農林水産省HP
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/index.html

これは、ホイップクリームだけの問題ではありませんが、現状では、私たち消費者が自分で身を守るしかないようです。

生クリームとホイップクリーム、代用は可能ですが、健康へ与える影響を考慮すれば、生クリームのほうが安心かもしれません。

最後に

何気なく選んでいた、生クリームとホイップクリーム。

見た目は似ていても、そもそも、全く別のものだったんですね。

今まで、味が思っていたのと違った経験がある方は、間違えていた可能性もありますね。

それぞれの特徴がわかれば、選ぶときに困りませんね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ