お風呂の床の黒ずみを落とすにはサンポールとクエン酸のどっちがいい?

お風呂の床の黒ずみって、こすっても落ちないし、頑固ですよね?

せっかく一日の疲れを癒すお風呂が、汚れていると、なんだかがっかりしてしまいます。

今回は、お風呂黒ずみ、キレイにしたいけど、結局どうすればいいの?という方に、具体的な方法をご紹介します。

スポンサーリンク


 

お風呂の床の黒ずみの原因は何?

汚れを落とすには、汚れの性質を見極めて、適切な洗剤を使う必要があります。

同じ労働をするなら、最初からキレイになる方法で掃除したいですよね。

お風呂の床の黒ずみが、どういう汚れか分かれば、その答えが見えてきます。

【黒ずみの原因と考えられるもの】

・水垢、湯垢→シャワーのカルシウム・マグネシウムが蒸発して固まったもの

・皮脂   →体を洗う場所なので、皮脂が付着して汚れる

・金属石鹸 →シャンプーや洗顔料などに含まれる成分が固まって蓄積する

・カビ   →水気の多い場所では、カビが生えやすい

 

頑固な黒ずみともなると、原因は一つではなく、色んな汚れが混じっているのですね!

黒ずみの正体は、アルカリ性です。

アルカリ性の汚れは、酸性の洗剤でないと落ちません。

通常のお風呂用洗剤で黒ずみが落ちなかったのは、アルカリ性の洗剤だったからなんですね。

お風呂の床の黒ずみをサンポールで落とす方法

サンポールといえば、緑色の、トイレ掃除用の洗剤で、匂いが独特ですよね。

実は、サンポールは強力な酸性の洗剤なんです。

<サンポールで黒ずみオフ!>

①窓を開けて、ゴム手袋とマスクをする

②黒ずみに、サンポールをまく

③ラップかキッチンペーパーをかぶせ、20~30分(様子を見て調節)置く

④水で流し、ブラシでこする

 

【注意】
絶対に他の薬剤と混ぜない!有毒ガスが発生する。

床の材質によって変色や変質の可能性があるので、目立たないところで試してから始める。

長時間パックしすぎることで、変色が起こる床もあるので、説明書に従う。

清掃範囲が多い場合は特に、匂いが残りやすく、半日たっても消えないことも。

強い薬品なので、敏感肌の人には、刺激になることがある。

お風呂の床の黒ずみをクエン酸で落とす方法

クエン酸も、「酸」という名前がつくぐらいですから、酸性です。

サンポールよりは、弱い酸性です。

よく、水回りの掃除には、クエン酸スプレーがいいと聞きますよね。

クエン酸スプレーは、クエン酸を水に溶かすだけでできる、クエン酸水溶液です。

水垢の汚れだけなら、充分効果がありますが、複合汚れの黒ずみは、落ちにくいようです。

ただし、重曹を一緒に使うことで、クエン酸の効果が発揮されます。

<クエン酸+重曹で黒ずみをオフ!>

①換気する。敏感な方は、念のため手袋やマスクをする

②重曹とクエン酸(約1:1)をまいて、泡をまんべんなく汚れにつける

③ラップかキッチンペーパーをかぶせて、20~30分(様子を見て調節)放置

④水で流し、ブラシでこする

 

やり方は、ほとんどサンポールと同じですね。

軽い黒ずみなら、③の手順はなくても、落ちます。簡単ですね!

クエン酸と重曹を混ぜると、シュワシュワと音がして、泡が立ちますが、害はありませんので、安心してください。泡が汚れを浮かしてくれるんです。


 

【注意】
クエン酸は、鉄や大理石(人工大理石も含む)には使用しない。

また、塩素系の洗剤と混ぜると、有毒ガスが発生する。

重曹は、アルミを黒く変色させるので注意。

お風呂の床の黒ずみ!汚れが落ちやすいのは?

洗剤として強力なのは、サンポールですが、クエン酸も、重曹を使えば、同じぐらいキレイになります。

敏感肌の心配や、お子さんがいて、危険なものはなるべく使いたくない人には、クエン酸に重曹を足すのがおすすめです。いわゆる、ナチュラルクリーニングですね。

サンポールは、強い薬品ですから、最後の手段として試すといいと思います。

お風呂の床の黒ずみを落とす他の方法

サンポールや、クエン酸の他にも、シールはがし用のスプレーが使えます。

黒ずみへの効果は絶大です!

シールはがしスプレーは、100円ショップにも売っています。

黒ずみにシューッとスプレーして、10分程度置くだけで、簡単に黒ずみを落とせます。

ただし、広範囲に使いたい場合は、2~3本必要で、ごみ処理が面倒かもしれません。

シンナーのようなツンとした匂いがするので、苦手な人は注意して下さい。

ラップやキッチンペーパーで、パックするぐらいなら、スプレーのほうが楽だと思えば、手軽でいいかもしれませんね。

最後に

知らず知らずのうちに蓄積するお風呂の床の黒ずみ。

清掃後の、見違えるように白くなった床を見たら、お掃除するのが、楽しくなってくるかもしれません。

定期的に汚れを落として、毎日気持ちいい入浴タイムを過ごしましょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ