ノロウイルス対策!自宅でできる効果的な予防法はこれ!

1uirusu

ノロウイルスというのを最近ニュースなどで耳にする頻度が多くなってきましたね。

そんなノロウイルスについてどんな物なのか皆さんご存じですか?

そこで今回は、ノロウイルスって何なのか?やその予防対策をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


 

ノロウイルスとは?

ノロウイルスってよく聞くけどいったいどんな物なの?と正直私は思いました。

簡単に言ってしまうと、ノロウイルスは食中毒の中の一つでウイルスに汚染された食品を食べることで起こる食中毒です。

特に冬場に多いのが特徴で、冬に起きる食中毒のおよそ90%を占めているようです。

他の細菌よりも非常に小さく体長が【約30ナノメートル(1ナノメートルで100万分の1mm)】しかありません。

細菌性とウイルスの違いを紹介します。

●食中毒を起こす細菌の特徴
1.付着した食品の中で増殖する

2.一年中発生するが、一番多いのは夏場

3.培養できる

●ノロウイルスの特徴
1.食品内では増殖せず、人の腸管内だけで増殖する

2.一年中発生するが、一番多いのは冬場

3.培養できない

4.感染力が高く、少量(100個以下)でも発症する

細菌性の食中毒も怖いですが、ノロウイルスももっと怖いことが分かりました。

ノロウイルスに感染する原因は?

3kansen

このノロウイルスどうやって感染するのか調べてみました。

一般的に牡蠣や二枚貝などから感染するのが原因と言われていました。

ですが、最近、人から人に伝染するという事が分かったそうなのです。

ノロウイルスに感染した方が触れた物を介して感染してしまうということが分かりました。

それではノロウイルスの詳しい感染経路を紹介します。

■ノロウイルスに汚染されている食品から感染
ノロウイルスに汚染されている二枚貝等を生で食べたり、不十分な加熱調理で食べてしまった場合。

また、汚染された井戸水や水道水を消毒不十分な状態で飲んだ場合。

食品の製造に係わる人や飲食店での調理担当者、家庭で料理を行う人が感染していてその人を介して汚染された食品を食べる事でも起きます。

■人から人への感染
家庭や学校、職場等人が接触する場所で、咳やくしゃみをしたり会話によって飛んだ唾やしぶきに含まれるウイルスを吸入する事で感染します(飛沫感染というそうです)。

皮膚や粘膜の直接的な接触でもうつる事もあります。

■ノロウイルス感染者からの間接的な感染
ノロウイルスに感染している方が触れたドアノブやリモコン、つり革等を介して手にウイルスが付着させる事で感染します。

また、感染した人の便や嘔吐した物を介しても感染すると言われています。

一番多いのは食べ物からよりも、人から人への感染経路だと言われています。

間接的に接触したり、直接接触したりして感染する事が最も多いようです。

例えば、レストランなどで調理を担当しているキッチンの方が大丈夫でも配膳担当のホールの方が感染している事で感染する二次感染を起こす場合もあるそうなのです。

このように多種多様な感染経路がノロウイルスの猛威を防ぐのが難しいと言われる理由になっています。

ノロウイルスの予防接種の効果は?

4tyuusya

ノロウイルスに予防接種があったら、事前に予防が出来て良いですよね。

そんな予防接種は・・・まだ無いのです。

効果のあるワクチンはまだ開発されてないようなのです。

まだ研究の段階のようなので、予防接種を受けられるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。

そして、ノロウイルスに感染した時の特効薬もまだ開発されていません。

なので、今一番有効なのは手洗いをしっかりする事だと思います。

ノロウィルス対策で食べ物の効果はある?・

ノロウイルス対策に効果のある食べ物をご紹介します。

・ヨーグルト
ラクトフェリン入りのヨーグルトがノロウイルス予防に効果があると言われています。

ラクトフェリンは、母乳に含まれているタンパク質の事です。

鉄分の吸収を高めたり、腸内の有用菌を増やして免疫力を上げる作用があります。

体内でノロウイルスに会うと、ウイルスの増殖を抑制して予防してくれます。

毎朝の朝食に取り入れてみては?

・柿渋
柿渋というのは渋柿を搾って出た汁のことを言います。

もともと柿渋は防腐効果がある塗料として使われていました。

柿渋の中にはタンニンという成分があって、これがウイルスを無効化する効果があるそうなのです。

その効果が、ノロウイルスに効果覿面のようです。

なので、干し柿を食べて美味しくノロウイルス対策してみましょう。

・ヤクルト
ヤクルトには乳酸菌シロタ株が含まれているのはご存じでしょうか。

それは【生きた乳酸菌】と呼ばれ、胃液で溶ける事無く腸まで届いて、健康や老化防止に効果があると言われています。

そして、最近ではノロウイルスによく効く事も発見されました。

ノロウイルスに感染した際、発熱を抑制する効果もあるそうです。

ヤクルトは感染予防に効果があります。

ですが、それだけでは無く感染した際にも効果があるので、もしもノロウイルスにかかってしまっても飲んで効果のある飲み物です。

ノロウィルス対策!自宅でできる効果的な予防法は?

では、自宅でもできる予防法を紹介します。

①手洗い
手には色々な細菌等が付いています。

その中でもノロウイルスは、非常に小さいので手のしわなどに深く入り込んで行って、体内に侵入するチャンスを狙っています。

なので、爪の内側やふち、指の又の部分、手のひらのしわの中等、普段洗い残しやすい場所を重点的に石けんを使ってしっかり洗いましょう。


 
※出来れば消毒用アルコールを両手に

つけてすり込む事をおすすめします。
これを帰宅したときやトイレの後にしっかり行うとだいぶ予防できます。

②中までしっかり加熱した物を食べる
カキ・アサリ・ホタテ・アカガイ等の二枚貝は海水の中で内臓にノロウイルスが蓄積されます、生で食べるのは感染リスクが高いと考えられています。

なので、ノロウイルスが活性化する時期は生食は出来るだけ避けるようにしましょう。

目安としては85~90℃位の温度で約90秒以上加熱することによって、中心まで十分に火が通ります。

③掃除と消毒をしっかりと
キッチンのまな板や包丁、布巾やシンクなど一見綺麗に見えたりしますが毎日使う分感染の危険も高い場所です。

なので毎日しっかり洗って、消毒することが大切です。

ノロウイルスは普通の石けんやアルコールでは十分に消毒できません。

なので、熱湯や台所用漂白剤などを使うのがおすすめです。

まとめ

この記事でノロウイルスの事が少しでも分かっていただけたでしょうか?

ノロウイルスにはしっかり洗浄して、消毒することが大切です。

なので、しっかり手洗いをして食品に気をつけてノロウイルスから身を守りましょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ