節分の豆まきの正しい仕方は?意味や由来も?

1setubun

節分の豆まきといえば、鬼に向かって
「鬼は外~福は内~」と言いながら投げたり、
豆を年の数食べるというのが有名だと思います。

そんな豆まきにも正しい方法が
あるのをご存知でしょうか?

そこで今回は節分豆まきの正しい仕方や、
豆まきの意味・由来などをご紹介します。

スポンサーリンク


 

節分の豆まきの意味と由来

節分というのは季節の変わり目である【立春、立夏、立秋、立冬の前日】の事をいいます。

ですが、春を迎えるということは新年を迎える事と同じぐらい大切な節目だったので、室町時代頃から節分といえば立春の前日だけをさすようになったそうです。

立春は二十四節気の最初の節気なので、節分は重要な行事だったようですよ。

また、季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられているので、新しい年を迎える前に邪気を払って福を呼び込む為に、宮中行事として追儺(ついな)という行事が行われるようになりました。
(俗に鬼やらいや厄払いとも呼ばれているそうです。)

その行事の一つである『豆打ち』の名残りが豆まきなんだと云われています。

では、『豆まきの意味』とは何なのか紹介します。

豆まきには『邪気を追い払う』と言う意味を持っているそうなのです。

どうして豆をまくのかというのは諸説あるようです。

1.昔は穀物には【魔除けの呪文】があるんだと考えられていたから。(豆以外にお米や麦もまかれていたようですよ!)

2.鞍馬山の鬼が出てきて都を荒らしていたとき、炒った大豆で鬼の目をつぶしたと言われている古事記伝説に由来があると言われています。

3.【魔目(豆)】を鬼の目に投げて鬼を滅する事から、【魔滅】という語呂合わせになったと言われています。

 
 

節分の豆まきの意味と由来を幼児に簡単に説明するには?

子供に「どうして豆まきするの?」と聞かれたらどう答えたら良いのか迷うと思います。

そんな時の参考にしてみてください。

Q.どうして豆まきするの?

A.それはね、昔は節分って言うと大晦日だったの。
だから、1年の最後にする大掃除をするのと一緒で、おうちの中にいる悪いモノ(鬼)を外に追い払うために、鬼の苦手な豆の力を借りて家中の悪いモノを外へ出すために豆まきをするんだよ!

そうすると、悪いモノが出て行って、また1年家族みんなが元気に過ごせるようになるんだよ。

 

というように説明してはいかがでしょうか?

節分の豆まきの正しい仕方は?

4mamemaki

福豆(炒った大豆)か、殻付きのピーナッツを用意!

1.お供えする
当日の朝、升があれば升に豆を入れて、升が無ければ袋のままで神棚(無ければ部屋の出来るだけ高いところに白い紙を敷いた上に)にお供えしておく。

2.誰が豆をまくのか決める
昔は、家の長や年女・年男や厄年の人がまくと決まっていたようですが、今はそんな決まりはあまり気にしなくても良いようなので、家族で話して決めてみてください。

3.豆まき
まず玄関に遠い部屋からスタート

■豆のまき方

1.窓を開ける

2.外に向かって「鬼は外」と2回言う

3.豆を下から上にまいた後すぐに窓を閉める

4.部屋に向かって「福は内」と2回言って豆を下から上へ

5.コレをすべての部屋で行う

6.最後に玄関を開けて、外に向かって「鬼は外」と2回言った後豆を下から上にまいて、すぐにドアを閉める

7.室内に向かって「福は内」と2回言って豆を下から上へ

8.終わったら残った福豆を自分の歳+1個を食べる

 

※豆は必ず『下から上へ』まいてください。

節分の豆まきで注意するべき事は?

豆まきをするときに何に注意すると良いのかをまとめたので紹介します。

・豆まきは必ず炒った豆を使うこと!
炒る前の豆は、拾い忘れた豆から芽が出ると言われていて、それは縁起が悪いとされているので必ず炒った豆を使ってください!

・豆まきの前に神棚などがあれば神棚にお供えして、無い方は高いところにお供えしてください
そうする事で神様の力をいただく事が出来るそうですよ。

・豆まきは必ず夜に行いましょう!
鬼がやってくるのは暗くなってからだそうですよ。

・豆をまくのは一家の長か、年女・年男みたいです。
ですが、鬼役をお父さんがやっている家庭も多いと思うので、これはお子さんでも良いかもしれません。

・豆をまくときには鬼は外~福は内~と言いながらまきましょう。
地域によっては「鬼も内」や「鬼は内」と言うところもあるようなので、その地域によって変えてみてください。

・豆まきが終わったら自分の年の数より1個多く豆を食べましょう
旧暦では節分は大晦日にあたるそうです。

なので、年が明けると1歳歳をとるということで+1個なんだそう。

そして、豆を食べると体が丈夫になって風邪を引かないと言われているので、是非食べてみてください。

節分の豆まき!後片付けが簡単になる方法とは?

豆まきをしてから大変なのは掃除ですよね。

そんな後片付けが簡単になる方法を紹介します。

1.ラップで包む
豆を5個づつぐらいをラップで包んだモノをまく方法
コレなら拾いやすく、例え踏んでしまっても掃除が簡単なのでおすすめです。

2.個包装の豆をまく
コレも1と同じです。
今は個包装も販売されているので購入されてみては?

3.落花生をまく
殻付きのモノをまくことによって、1つが大きいので拾いやすく衛生面でもおすすめです。

 

いかがでしょうか?

豆に一手間加えてみるのも片付けがしやすくなって良いと思いますよ。

まとめ

節分に豆をまくのには色々な由来や意味があったことを知りました。

子供達にとっても楽しい行事で有り、大人にとってもとても大切な行事です。

なので、是非毎年やってみてください。

そして、是非1年のヤクを払ってしあわせな1年にしてくださいね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ