年金の繰り上げ受給と繰り下げ受給のメリット・デメリットとは?

年金

国民年金の老齢基礎年金には、年金の繰り下げ受給と
繰り上げ受給という制度があるのをご存知でしょうか?

この制度にはメリットやデメリットがあります。

このメリットデメリットを皆さんがしっかり理解しておくことをおすすめします。

そうすることで損をしてしまうという事は無くなると思います。

そこで今回は年金繰り上げ受給繰り下げ受給についてご紹介します。

スポンサーリンク


 

年金の繰り上げ受給とは

まずは繰り上げ受給について説明したいと思います。

老齢基礎年金は、原則として65歳から受給できるのは皆さんご存じなのではないでしょうか?

繰り上げ受給は65歳になる前、【60歳から65歳になるまで】に請求すると受給できるようになります。

支払い開始は【請求月の翌月から開始】されます。

ただし、国民年金の任意加入の被保険者の方は繰り上げ支給が受けられません。

繰り上げ受給のデメリット

繰り上げ受給は早めに年金の受給ができるのは嬉しいですが、デメリットもあります。
 

1.国民年金の任意被保険者になることができない

2.障害基礎年金が支給されない
現在病気に患っていてその症状が悪化して障害等級に該当したり、新たに障害等級に該当する障害をもった場合は障害基礎年金は受け取れません。

3.寡婦年金が支給されない
寡婦年金というのは、国民年金に保険料をかけた期間が25年以上の受給資格期間を満たした夫が、老齢基礎年金が支給される前に亡くなった場合、妻に対して60歳から65歳まで支給される有期年金の事です。

4.遺族厚生年金を受け取る場合、自分自身の繰り上げ支給した老齢基礎年金は65歳まで支給されません

というようなデメリットもありますが、他にも、繰り上げ受給をすると老齢基礎年金が減額されて支給されます。

これまでデメリットを挙げましたが、次はメリットについてご紹介します。

繰り上げ受給のメリット

2nenkin

1.すぐに年金を受け取ることができる

2.65歳から年金を受給し始める人に比べて、72歳までは受け取る年金の総額が多くなる
年金の支給総額は、【72歳までなら60歳支給】【82歳までなら65歳支給】それ以上長生きしたいと思っているという方は、70歳支給が一番多くなるようです。

日本の年金制度に不安を抱いているという方もいらっしゃると思いますその場合には、【制度が崩壊したり、極端に減額される前に少しでも現金が受け取れる】事もメリットと言えるかもしれません。

年金の繰り下げ受給とは?

では次に繰り下げ受給についてご紹介します。

繰り下げ受給とは、先ほどの繰り上げ受給の反対で年金の受給を【66歳から70歳までと】1年以上遅らせる事が出来る制度です。

ただ次の場合は繰り下げ受給が出来ません。

1.繰り上げ受給をしている方

2.遺族年金や障害年金を受給している方

3.厚生年金保険等による年金を受給している方(老齢・退職給付は除きます)

繰下げ受給をすると、年金額に一定の増額率をかけて増額されて支給されます。

年金の繰り下げ受給のメリットとデメリット

年金額が増えるのは大きなメリットと言えます。

ですが、そんな繰下げ受給の場合にもデメリットがあります。

例えば70歳から年金を受給するよう繰下げ請求した後に亡くなったとしても、繰下げしていた間の年金をもらえるわけではないようです。

老齢基礎年金を70歳から繰下げするつもりで待機しているとします。

68歳の時に配偶者が死亡して遺族年金の受給権者になると繰下げ増額率は遺族年金の受給権者になった到達月の前月までの増額率に変わるので、予定していた70歳までの増額率ではなくなります。

年金の繰り上げ受給と繰り下げ受給!お得なのはどちら?

ここまで繰り上げ受給と繰り下げ受給についてそれぞれ紹介してきました。

では、いったいどちらがお得なのか調べてみました。

繰り下げ受給は、受給時期が遅い代わりに年金額が増額(増額率0.7%)になります。

繰り上げ受給は、受給時期が早い代わりに年金額が減額(減額率0.5%)になります。

なので、70代前半までに受け取る場合は繰り上げ受給がお得です。

70代後半までに受け取る場合は通常の受給がお得です。

81歳以降も元気に長生きするという場合は繰り下げ受給がお得です。

まとめ

ここに挙げたのは、一例に過ぎません。

実際は、配偶者の方や家族などによって一人一人受給額が異なります。

なので、ご自分の体調や家族に当てはめて検討してみると良いと思います。

ここに挙げたメリット・デメリット等をしっかり理解しておくことが大切だと思います。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ