お餅は消化にいいの?悪いの?胃腸炎や風邪の時に食べてもいいの?

1omoti

お餅と言えばお正月とイメージする方は多いのでは?

時間がなくてもすぐに焼いて食べられて腹持ちが良いので嬉しい食べ物です。

ですが、そんなお餅は消化にいいのかとふと考えました。

例えば風邪の時に食べてもかまわない物なのか?

やっぱり消化に悪いのか?

など、お餅消化にいいのか悪いのか。

胃腸弱っていたり、風邪でも食べて良いのかなど紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


 

お餅は消化にいいの?悪いの?どっち?消化時間は?

お餅は腹持ちが良い食べ物なので、きっと消化が悪いのだろうと想像できます。

実は違って、【お餅は消化にいい食べ物】なのだとか。

お餅の原料であるもち米は【アミロペクチン】というデンプン質の成分が入っています。

このデンプンは消化速度がとても速いと言われています。

なので、お餅は消化が良いと言われているのです。

胃の状態や個人差も大きいですが、目安で言うと【胃に入ってから1時間~2時間半】位で消化されるといわれています。

この消化時間はご飯と同じくらいの消化時間とも言われています。

ご飯よりエネルギー量も高いのでおすすめと言えると思います。

胃腸炎や風邪の時にお餅を食べても大丈夫?

2kaze

消化にいいということは胃腸炎や風邪の時にお餅を食べても大丈夫なのか調べてみました。

胃腸炎の時は胃がとても弱っている状態なので、おかゆを作って食べたりしていると思います。

そんな胃腸炎の時や胃が弱っている時に食べても問題はないそうです。

さらにお雑煮にする事によって柔らかくなり野菜も摂れるので栄養面にも最適です。

それに、お餅を食べると必然的に噛む回数が増えるので体調の悪いときには最適なんだそうです。

ただ一つ、体調の悪いときには普段より食べにくいのが少し難点と言えます。

ですが、栄養面ではとても良いということなので是非食べてみてください。

ただし、お餅を食べるのに注意点もあります。

【デンプンは熱が加わると性質が変わって、冷めてしま固まってしまうと逆に消化が悪くなってしまう】という性質があります。

なので、【しっかりと加熱して、柔らかい状態で食べることが重要】です。

しっかり柔らかくしたお餅をちゃんと噛んで食べる事!』この事に気をつけて美味しく食べてください。

お餅の消化の良い食べ方は?

そんなお餅の消化に良い食べ方をご紹介します。

3ozoni

お雑煮

しっかり煮込んで、野菜をたっぷり入れることで身体も温まり栄養も満点なのでおすすめです。

しっかり噛んで食べることをおすすめします。

4daikon

大根おろし

次におすすめしたいのは大根おろしと一緒に食べることです。

さっぱりしていて食べやすいのもそうなのですが、一番は大根おろしに含まれている【アミラーゼ】というのが【消化を促進してくれる酵素】なのだそうです。

なので、しっかり加熱したお餅と一緒に食べるのをおすすめします。

大根とお餅を使ったレシピがあったのでご紹介したいと思います。

とても簡単で美味しそうなので参考にしてみては?


 
 

まとめ

お餅は体調の良いときだけでなく、体調が悪い時にも食べても大丈夫なのですね。

しっかり加熱して食べる事が大事ということも分かったので気をつけて食べてみてくださいね。

そして、しっかり噛んで食べることもお忘れなく!

これできっと胃腸炎や風邪の時でも遠慮なく食べられそうですね!


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ