女性に多いヒステリーの原因と症状!対策法は?

1hisuteri

ヒステリーというと女性を思い浮かべるという方もいらっしゃると思います。

そのくらい一般的に女性に多いと言われています。

ヒステリーというと【カーッといきなり頭に血がのぼっていきなり怒り出したり】【イライラして興奮状態になってわめき散らしたり】などという症状があると思います。

確かに、これは女性に多いような気もします。

ですが、なぜ女性に多いのか・何か原因があるのか等疑問が出てきます。

そこで今回は、ヒステリー原因症状対処法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


 

女性に多いヒステリーとはどんな症状?

今現在ヒステリーというのはこのような意味で使われている事が多いですよね。

すごく短気

怒り出してしまったらどうしても止まらずどんどんエスカレートしていく

興奮してしまい自分の感情がコントロールできない

ですが、精神医学では【ヒステリー】というのは神経症の一つなんだそうです。

神経症というのは、【恐怖症】や【トラウマ】【強迫症】【パニック障害】等の精神疾患や、精神障害の一つと言われています。

精神医学でヒステリーには2つの症状に分けられるそうです。

①転換ヒステリー(転換性障害)
心の葛藤が身体的症状に転換されたものです。

この場合、身体の一部あるいは全体が麻痺やけいれんを起こしたり、皮膚感覚が麻痺したり失声や視野が狭くなったりという症状が出ることがあります。

②解離性障害
意識の中の一部が解離して別の人格になったように見える精神の機能障害です。

最近の大切な出来事を忘れてしまう健忘や、もうろうとする状態。

突然家や職場から離れ放浪してしまう遁走、トランス状態に陥ったり、多重人格状態になってしまうという症状が挙げられます。

解離にはトラウマを負った心を守るための防御本能ともいわれています。

ヒステリーの原因は?

2aisare

ヒステリーの原因とは人それぞれなのですが、主に大きく分けて2つに分けることができるようです。

①愛されたい
女性には、【愛されたい】【大切にしてほしい】という気持ちがあります。

それは女性自身気がついてないこともあります。

ですが、これは女性なら誰しも持っている感情です。

そんな中ヒステリーを起こしやすい女性には、この男性への期待が【とても強いのです】

なので、男性が良かれと思ってした事が的外れだったりすると「どうして分かってくれないの」と怒りになってしまいヒステリーが起こってしまいます。

または自尊心が欠如していたりするとより強くなる傾向があるそうです。

②毎月来る女性特有のイライラ感
PMSという月経前症候群という物があります。

その名の通り、生理の10日~3日前位の約1週間に起こります。

PMSの原因と言われているのは【女性ホルモンのバランスの崩れ】です。

こればかりは生理的な物なので、どうしようもできそうにありません。

また、更年期に近い女性ならば【更年期障害】という物が原因の可能性もあります。

ヒステリーの対処法は?

3sanpo

ヒステリーを起こす女性、自分がヒステリーを起こしてしまうという方はどう対処をしたら良いのか紹介したいと思います。

①ヒステリーを起こさせてあげる
ヒステリーは起こってしまってもそれは一時的な物です。

大抵、その後冷静になって後悔をしてしまいます。

ですが、ヒステリーというのは心の中に溜まっている物があるから起こるのです。

なので、【ヒステリーも一つの自己表現】です。

我慢をしてどんどん溜めるより、溜まっている物を出して冷静になったとき【一緒に話を聞いて対話するのが一番大切です】

②散歩に出る
ヒステリーを起こしてしまった女性を散歩に連れて行ってあげたり、自分で散歩に出てみるのも大切です。

外に出てウォーキングやジョギングをする事で、健康もですが精神的にもとても効果的です。

是非日常的に取り入れてみてください。

出掛けたときと、帰ってきたときでは【心の落ち着きが大分変わることが実感できると思います。】

まとめ

ヒステリーは厄介だと思う男性も多いと思います。

投げ出すということも、ほおっておく事も簡単かもしれません。

ですが、一緒に親身になって解決することでお互いに今よりもっと素敵な関係になれると思います。

自分がヒステリーを起こしてしまう方も、自分を責めずゆっくりゆっくり自分のペースで改善していけば良いと私は思います。

ヒステリーも自分を表現する一つの方法ですから。

この対処法が皆さんにとって良い方向に向かってくれることを祈っています。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ