名古屋の神社で初詣デート!縁結びのおすすめスポット4選

1nagoyajyou

名古屋といえば・・・グルメ・水族館・動物園・・・など色々思い浮かぶと思います。

そんな名古屋にも、初詣におすすめの縁結び神社があります。

そこで今回は名古屋で恋人との初詣デートにおすすめの縁結びで有名な神社を紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


 

①熱田神宮

熱田神宮

熱田神宮には毎年230万人の参拝者が来ると言われています。

ここには、三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)が奉られていた土用殿というと所があります。

ここも見どころなので行かれた際は是非見に行ってみてください。

そして、是非是非行ってほしいのが『清水社』と奥にある『湧き水と石塔』です。

清水社は、土用殿より更に奥に進んだ場所にあり、「罔象女神(みずはのめのかみ)」という古くから「お清水さま」と親しまれてきた女神様を奉っています。

平家の武将が目を患った際に、お清水さまに祈り湧き水で目を清めた処、目が治ったという説があります。

この事から眼の神様としても信仰があるみたいです。

そんな清水社の奥に湧き水が溢れている場所があります。

湧き水の真ん中あたりには石塔があって、それに3度水をかけて願い事をすると願いが叶うそうです。

近くに柄杓があるのでそれを使って、頑張ってかけてみてください。

お願い事は忘れずに。

その石塔実は『楊貴妃』のお墓の一部だという話もあります。

楊貴妃は熱田神宮の女神の化身という説もあって、諸説はありますが関係は深いようです。

この事から、『この湧き水で肌を洗えば綺麗になれる』という言い伝えがありますが、実際に顔を洗うのは難しいので、『湧き水を3回頬につける』といいようです。

これでもっと美人になれるかも?

そんな熱田神宮お正月にはやっぱり混みます。

熱田神宮の駐車場は12月31日~1月5日まで利用が出来ない上、交通規制も敷かれます。

なので、電車やバスで行くのをおすすめします。

混雑のピークは

【31日0:00~1月1日3:00頃】

この時間はやはり混みやすいので避けた方が無難です。

おすすめ時間

1日4:00~6:00前くらい

それなりに人は多いですが、少し落ち着いてくる時間です。

それ以降は、5日頃迄はまだまだ混み合います。

なので、日中の参拝は避けるか予定が合うのならば、6日以降に出掛けるのをおすすめします。

熱田神宮へのアクセス

【電車】
名古屋→名鉄名古屋(名鉄名古屋本線)→名鉄神宮前→下車徒歩3分

【車】
・東京方面から
東名高速の豊橋JCT→伊勢湾自動車道→名古屋南IC経由→名古屋高速・呼続出口で降りる

堀田通り(地下鉄堀田)交差点を左折→国道1号線・伝馬町交差点右折→直進で熱田神宮の東門駐車場

・大阪方面から
名神高速の小牧IC経由→名古屋高速・堀田出口で降りる

堀田通り(地下鉄堀田)交差点を右折→国道1号線・伝馬町交差点右折→直進

・三重方面
三重の関JCT→東名阪→名古屋西JCT→名古屋高速経由・白川出口で降りる

若宮北交差点右折→国道19号・5km程直進→旗屋町交差点直進→熱田神宮西門駐車場

かなり混み合いますが、近くにひつまぶしの美味しいお店やお茶屋さんもあるので是非そんなところも立ち寄ってみては?

恋の三社めぐり

名古屋には『恋の三社めぐり』というものがあります。

それは、恋人の二人にはその愛が永遠に続くようにという恋の神様を巡る恋愛成就の旅です。

それぞれの三つの神社に台紙があるので、そこに一つづつスタンプを集めていくと、それが恋愛運上昇のお守りになります。

その神社を紹介します。

②高牟神社の恋の水

神社の境内に水が湧き出して居るところがあります。

これが『古井(恋)の水』と呼ばれていて、この水を飲むと恋が生まれる水や、長寿の水とも言われています。

この水、『日本名水百選』にも選ばれている水で、一年中水温が変化し無いので冬には暖かく夏には冷たい霊水として大切にされている、日本に数少ない7井戸の一つだそうです。

ここにはお百度石というものがあって、その上には可愛らしいフクロウが乗っています。

是非見つけて写真を撮ってみては?

③城山八幡宮の連理木

連理木は一本の木から枝が二幹に分かれてまた再び結合して、さらにまだまだ枝を伸ばしています。

この結びついた形から、縁結び・夫婦円満と言われています。

実際に、結婚するという出来事が多くあるそうですよ。

御神木の神占(かみうら)というものがあるらしいので、是非やってみては?

善なる祈りを込めながら、男性は左から女性は右から御神木を回り、自然に足が止まった処の紙垂(シデ・・・しめ縄にさげた紙)の内側で吉兆を占います。(ひと垂れのみに吉兆印があります)

神占は一日に一度だけ行い、決して結果を口に出してはいけません。

これは絶対ですよ。

桃取石というものがあって、向かい合う赤石と青石というものがあり、そこをカップルなら二人で同時に歩いて、一人なら一人で歩いて恋を占うというものです。

やり方は

・男性は青石に、女性は赤石に触れ願いを込め、目を閉じたまま振り返ります。

・男性は青石から、女性は赤石から、目を開けずに同時にゆっくり進みます。(玉垣に触れたら多少の障害があることも)

・一度目で無事相手に触れることができれば、二人の願いは成就します。

・二度目、三度目で相手に触れることができたら、あきらめずに努力すれば成就します。・・・(努力とは、二人が、自分自身を高め、人の為につくすこと)

・人の助けを借りて相手に触れることができたら、誰かの援助が必要です。

恋人と一緒にやってみては?

そんな城山八幡宮には、『世界に一つ自分だけのカード型お守り。恋まもり』という、クレジットカードくらいの大きさのお守りに『氏名・生年月日・授与月日』を書き込んでもらえます。

これは、ここだけの他では受けられないものなので、是非二人で持ってみては?

他にも、クローバーをかたどったローズクォーツの水盤におみくじを浸して恋を占う恋みくじなどもあるので是非足を運んでみてください。

④山田天満宮(御嵩神社)

山田天満宮の神域にある御嶽神社は、悪い縁をたち切って、良い縁に結ばれるといわれています。

縁には、恋愛に限らずいろいろなつながり、人生すべてにおける出来事を表します。

人が生まれながらにしてもっている、ご自身の定まった本命星(九星)の上に立って、願いが叶うようにお参りしてみてください。

きっとよりよい運気となって良い縁に巡り会えるのでは?

そんな山田天満宮には色々なものがあります。

まずは、『よりそい石』

皆さんが迷わず良縁に出会えるよう見守ってくれているものです。

願いが叶うよう、優しく撫でてお参りしてください。

他にも、金(こがね)神社といって『商売繁盛・金運招福』などの御利益があります。

黄金(こがね)洗いといって、ざるの中に財宝または金銭・くじ等を入れて、えびす様・だいこく様に三度ずつ御神水を掛け洗い清めると、金運招福、商売繁盛、開運くじなどの御利益を授かるといわれています。

ですが、くじの場合は濡れてしまうといけないので、ビニール袋などに入れて行ってください。

この恋の三社めぐりおすすめのルートは

■JR・地下鉄利用
JR中央本線または地下鉄東山線【千種】→(徒歩5分)→『高牟神社』→【千種】→(JR中央本線2分)→【大曽根】→(徒歩7分)→『山田天満宮』→地下鉄名城線【大曽根】→(名城線9分)→【本山】→(徒歩6分)→『城山八幡宮』

■地下鉄利用

JR中央本線または地下鉄東山線【千種】→(徒歩5分)→『高牟神社』→【千種】→(地下鉄東山線5分)→【本山】→(徒歩6分)→『城山八幡宮』→地下鉄名城線【本山】→(名城線9分)→【大曽根】→(徒歩7分)→『山田天満宮』

この恋の三社めぐりは公共交通機関を使うことをおすすめします。

まとめ

熱田神宮もおすすめですが、この恋三社めぐりも色々な場所を巡ることできっと距離が縮まってもっともっと仲が深まると思います。

なので是非、熱田神宮・恋の三社めぐり検討してみては?


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ