お餅のカロリーを徹底比較!あんこ、きなこや食べ方でどう変わる?

1uakimoti

あ~とい~くつ寝ると~お正月~ですね。

お正月といえばおせち料理やお餅ですよね!!

特に、お餅にあんこをつけて食べたり、きなこをまぶして食べたりすごく美味しいですよね。

美味しくて食べ過ぎて気がついたら体重が増えてるなんてことも、皆さん経験があるのでは?

そんなお餅カロリーを比較して、あんこきなこなど、どういう食べ方をするとどう変わるのか紹介したいと思います。

スポンサーリンク


 

あんこ餅、きなこ餅、砂糖醤油餅のカロリーはいくら?

まず、皆さんはお餅をどう食べますか?

あんこ餅や、きなこ餅、砂糖醤油餅などすごく美味しいですよね。

でも、気になるのはそのカロリーです。

それぞれのカロリーを紹介していきたいと思います。(お餅は70グラムでのカロリー表示です。)

あんこ餅のカロリー

2tubuan

甘くてとても美味しいあんこ餅ですが、つぶあんとこしあんではどう違うのか比較してみようと思います。

粒あんは、160kcal
こしあんは、180kcalです。

若干こしあんの方が高カロリーというのが分かります。

どうしてこんなに違うのかと言うと、こしあんはつぶあんと違って小豆の皮が入っていません。

こしあんはつぶあんに比べて、あんと砂糖の量が多くなっているのでこしあんの方がカロリーが高めになっています。

どちらも一つくらいならおやつとして、良いと思うのですが、ふたつ食べると・・・ちょっとカロリーの量が心配になりそうです。

きなこ餅のカロリー

3kinako

きなこ餅はヘルシーなイメージですよね。

きなこは大豆の粉なので、栄養価は高いです。

きなこ餅のカロリーは140kcal

カロリーは低めですがこれも食べ過ぎ注意です。

砂糖醤油餅のカロリー

4satoujyouyu

この中で私が一番好きな食べ方の砂糖醤油餅です。

砂糖醤油をお餅に塗って網で焼くと、香ばしいにおいがして食欲をそそります。

そんな、砂糖醤油餅のカロリーは150kcal

カロリーで考えると丁度あんこ餅と、きなこ餅の中間くらいのカロリーになっています。

おもちのカロリー!ご飯と比べてどうなの?

じゃあ、お餅だけのカロリーってどのくらいなんでしょう。

何もつけていない状態の切り餅と丸餅、ごはんとのカロリーの比較をしてみたいと思います。

【切り餅】
1個54gで、127kcal

【丸餅】
1個34gで、80kcal

何もつけていない状態では、意外とカロリーは低めのようです。

【ご飯】
茶碗1杯分140gで、235kcal

ご飯と、お餅をそれぞれ同じ重さ(100g)でのカロリーを比較してみると。

ご飯 ⇒ 168kcal
お餅 ⇒ 235kcal

同じ重さにすると、ご飯よりお餅の方が高カロリーになります。

でも、100gってどのくらい?と思う方もいらっしゃると思います。

大体、切り餅2個分と子供用の茶碗1杯分のご飯が大体100gです。

そう考えると、お餅の方が食べ応えがあってカロリーとしても、そんなに高くはない食べ物のようです。

お餅はダイエットに効果はあるの?

今まで見てきて、意外とお餅ってそんなにカロリーが高いわけではないと言うことが分かりました。

では、女性にとって気になるダイエットに効果がある方法を見ていきたいと思います。

【point1.きちんと食べる量を決める】
お餅はあっという間に食べる事ができてしまうため、気がついたら2個も3個も食べていたなんて事も。

ですが、もち米にはご飯よりもアミロペクチンという糖が多く含まれていて、消化しやすいという特徴があります。

「でも、お餅って腹持ちが良いって聞くけど」

と思った方もおられると思います。

それは、ついつい食べ過ぎてしまうために出来た物なのではという話もあります。

なので、美味しいですが最初に決めた量をしっかり守って食べることがポイントです。

【point2.食物繊維やタンパク質と一緒に食べる】
お餅は糖質を非常に多く含むため、血糖値を上げやすい食品です。

お餅の中にある糖質が身体の中で、血糖という物質を生み出します。

その血糖は、私たちの体を動かすエネルギーになります。

一方で、血糖が増える事ですい臓からインスリンというホルモンが追加で分泌されます。

このインスリンには、余った糖質を脂肪としてため込もうとするダイエットには大敵の現象が起きます。

血糖値が上がる食べ方をすると肥満や生活習慣病の原因になってしまうこともあります。

血糖値の上昇を防ぐには、野菜やお肉がたっぷり入ったお雑煮はおすすめです。

スープも一緒に飲むことで満足感が生まれやすいお雑煮は、ダイエットの味方になってくれると思いますよ。

5zouni

【point3.食べる順番は一番最後に】
お餅は血糖値を上げやすい食品なので、食事のはじめから口にするのはやめましょう。

血糖値の上昇を緩やかにするには、糖質よりも先に食物繊維やたんぱく質、油脂などをお腹に入れておくことが大切です。

そのため、お餅は他のおかずなどを食べた後、食事の一番最後に食べるようにすると良いでしょう。

お餅の糖質に加えて砂糖の糖分も加わるお汁粉や、餅単体をそのまま食べることになる磯部焼きも血糖値が上がりやすいメニューです。

ダイエット中の方は避けた方がいいでしょう。

まとめ

お餅は決してカロリーが高いわけではありません。

食べ方を工夫すれば、ダイエットの味方にもなります。

食べる順番や、食べ方、個数を決めて食べる事を守れば安心して美味しくお餅を食べられるでしょう。

一番おすすめの食べ方は、野菜などをたっぷり入れたお雑煮です。

身体もぽかぽかになって、お腹も満足します。

お餅は最後にがポイントですよ!


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ