おにぎりダイエットの効果は?正しい方法はこれ!

FCFNI_syutoutokuresonnnoonigiri-thumb-autox1600-16983

おにぎりダイエット?? みなさんこの言葉に聞き覚えはあるでしょうか?

おにぎりと言ったら、いわゆる炭水化物、お米の塊ですよね。

朝ごはん、昼ごはん、そして夜食にも持って来いのソウルフードおにぎりですが、なんとダイエットにも効果があるみたいなんです。

おにぎりダイエットってどうやってやるの? 具は入れてもいいの? など、おにぎりダイエットの疑問に答えます!

スポンサーリンク


 

おにぎりダイエットとは?

おにぎりダイエットとは、すでに太っている人を対象とした、医師の勧めるダイエット方法です。

長く続けるダイエットではなく、期間は3週間と決められています。

3週間のあいだ、麺類やパン、おもちなどの原型の残っていない炭水化物のかわりに、白米・おにぎりを食べ、体内環境の大掃除をします。

おにぎりダイエットの効果は?

SAWA_asariiri_TP_V

おにぎりダイエットには、腸内環境を整え、便秘解消する効果があります。

また、冷えたおにぎりを食べることも、ダイエットにつながります。

お米に含まれるでんぷんは、冷えると【レジスタントスターチ】という物質に変化します。

レジスタントスターチは、消化されにくいでんぷんで、小腸では吸収されず、大腸に届き、腸内細菌のエサとなり、その働きを助けます。

腸の細胞のエネルギーにもなり、腸の細胞のターンオーバーを促進し、腸を若く保ちます。

また、ある実験では、男女4人に『炊き立てごはん』と『冷ごはん』をそれぞれ食べてもらい、食後の血糖値を測定したところ、冷ごはんを食べたグループのほうが、血糖値の上昇が低かった、という結果が出ています。

おにぎりダイエットの正しい方法

おにぎりダイエットでは、体内環境が生まれ変わる3週間を目安に、おにぎりを主食とした食生活の改善を行います。

1日、白米2合分くらいのおにぎり(3~4個ほど)を食べ、また、野菜中心の献立にします。

肉や魚、アルコール、お菓子、果物はNGです。

また、おかずとなる野菜も、油炒めやドレッシングサラダなどは避け、煮物やノンオイルドレッシングで食べるようにしましょう。

おにぎりの具は、おかかや梅干しなど、低カロリーなものを選びます。

ローソンの『新潟こしひかり 牛ハラミにぎり てっぺん盛り』なんかはダメですね(TmT)ヨヨヨ・・

また、暑い日が続きますが、おにぎりダイエットの3週間は、水分補給は水かお茶で。

ジュースやスポーツドリンクは、糖分が多いので飲まないほうが良いでしょう。

おにぎりダイエットで注意するべきことは?

おにぎりダイエットの間は、腸内環境を変えるため、体は思ったよりエネルギーを消費しますので、おにぎりダイエット期間中は、運動をあまりしないほうが良いとされています。

また、おにぎりダイエットは、長く続けるダイエットではありません。

3週間たったら、少しづつお肉・お魚を食べ、栄養のある食事に戻していきましょう。

減量の目標は、体重の5%減くらいに設定します。

60キロの人なら、3キロ減量が目安ですね。

必要なエネルギー源も削って行う食事制限ですので、健康のためにも、無理はしないことが1番大切です。

まとめ

ensoku_obentou

腸内環境を整え、体の内側から綺麗になれるおにぎりダイエット。

おにぎり・お米大好き女子にとっては、無理なく続けられる理想のダイエットですね。

運動もしなくていいので、忙しくてなかなか運動の時間が取れない人にもおすすめです。

また、カロリー計算や、スムージーダイエットのように新しい調理器具を買う必要もないので、思い立ったら気軽に始められるのもいいところ。

お米好きのアナタ、一度ためしてみてはいかがでしょうか?


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ