天気が悪いと体調不良に!?天気痛の原因と症状は?

kansetsutsuu_hizatop

台風や低気圧が近づくと、膝が痛んだり、古傷がうずく、という話を聞いたことがあるかと思います。

日ごろ、関節痛に悩まされている人の約半数が、雨がふったり、台風が近づくと痛みが増す・ぶりかえす、とされています。

低気圧が近づくと関節が痛んだり、ぜんそくの発作がおこるなど、天気と健康には密接な関係があることが分かってきました。

天気の変化によって痛みが出ることを『天気痛』と呼び、近年その意外な原因が研究によりあきらかになりました。

今日は天気痛の原因と、改善方法をご紹介します。

スポンサーリンク


 

天気痛とは?

天気痛とは、その人のもともと患っていいた症状が、天気の変化によって悪化する、痛みなどが顕著にあらわれることを言います。

症状として多くみられるのが、めまい・ぜんそく・関節の痛み・気分の落ち込みなど。

アッ、そういえば…と思い当たる人も多いのではないでしょうか。

天気痛の原因は何?

天気痛の大きな原因の一つに、『自律神経の乱れ』があります。

耳の奥にはリンパ液という液体が溜まっています。

気圧の変化によって、耳の奥にある気圧を感じ取るセンサーが興奮すると、リンパ液に流れが生まれ、脳はは乗り物酔いのときに起こるような、混乱状態に陥ります。

脳の混乱し、ノルアドレナリンという物質が分泌されることによって、自律神経が乱され、めまいや、関節の痛みにつながるのです。

天気痛の症状は?

天気痛の症状は、人によってさまざまです。

気圧が下がるときに痛みが出る、という人もいれば、雨が上がって、晴れてくると痛みが出る、という人もいます。

多くみられる天気痛の症状は、

・関節痛
・古傷の痛み(交通事故の傷跡など)
・めまい
・頭痛
・気分が落ち込む

などです。

だけど、天気痛なのか、ほかの慢性的な痛みなのか、素人には分かりづらいですよね。

いつ頭痛があったのか、その時の天気と合わせて記録ができるアプリもあり、おすすめです。

duturu
頭痛ーる:気圧予報で体調管理 – 気象病・天気痛対策アプリ

天気痛を治すには?

150909085567_TP_V

天気痛を治すには、自律神経の乱れを整えるため、普段の生活習慣を見直すことが大切です。

1.栄養のある食事をとる
自律神経を丈夫にするためになんといっても大切なのは、『1日3食、バランスの良い食事』です。

特に朝食は、自律神経を整えるキーポイントになります。

また、貧血の人は、低気圧の影響を受けやすいとされています。

ダイエット中でも、レバーや青魚等といった肉・魚類は抜かないようにしましょう。

2.運動
自律神経を鍛えるためには、ゆっくりとした無理のない運動が効果的です。

そこまで激しくなくても良いので、例えば、毎日1駅分ウォーキングするだけでも、基礎代謝量が増え、自律神経を安定させてくれます。

3.ツボ押し
低気圧で、めまいや頭痛がするひとには、内閣というツボが効果的です。

手のひら側の手首の、真ん中のしわから、ヒジ方向に指3本分のところにあります。

台風が近づいているときなど、天気痛が来るかもな、と思ったら、このツボを刺激してみましょう。

かなり楽になるはずです。

まとめ

天気の変化で関節痛や、めまい、頭痛といった不快な症状が起こる天気痛。

原因は、自律神経という意外なところにありました。

自律神経の乱れは、軽い運動や、正しい食生活など、日常生活をすこし改善することで、整えることができます。

その痛み、あきらめないで、低気圧がきても平気な、健康な体を手に入れましょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ