ブロッコリースプラウトの効果とは?ダイエットにはどうなの?

fd400034

ブロッコリースプラウトを使ったダイエットはご存知ですか?

北陽の虻ちゃんが、ブロッコリースプラウトを使ったダイエットで、お腹まわり9センチダウンを達成したことから、急激にダイエット界の話題となったブロッコリースプラウト。

今日はその詳しいダイエット効果と、美味しい食べ方をご紹介します。

スポンサーリンク


 

ブロッコリースプラウトとは?

ブロッコリースプラウトとは、簡単に言うと、ブロッコリーの新芽です。

もやしやカイワレ大根のように、ブロッコリーの種を水栽培し、大きくなる前に収穫したのがブロッコリースプラウト。

味は、カイワレ大根のように、シャキシャキとして、ほんのりとした苦みがあり、そうめんつゆや生姜焼きの薬味として使うと、さわやかで美味しいです。

もやし同様、育てるのも簡単で、おうちで栽培キットなんかも売られています。

ブロッコリースプラウトの効果は?

fd400064

健康食品として近年注目を集めるブロッコリースプラウト、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。

ブロッコリースプラウトには、第7の栄養素:ファイトケミカルと呼ばれる、スルフォラファンが含まれています。

このスルフォラファン、ガン予防効果が極めて高いことで知られていますが、他にも、大きく分けて、4つの健康効果があります。

1.解毒作用
ブロッコリースプラウトには、強い解毒作用が備われています。

大気や食料、飲料水に含まれる発ガン性物質を解毒し、高いガン予防効果があることが知られています。

2.抗酸化
また、ブロッコリースプラウトには、体の酸化(老化)を止める、抗酸化作用もあります。

酸化現象が巻き起こす、シミ、シワ、そばかすなどの肌の老化を防ぐアンチエイジングから、細胞やDNAが傷つけられてガン化することまで、ブロッコリースプラウトは、体内のあらゆる老化を防止するのです。

3.花粉症の緩和
つらい花粉症も、ブロッコリースプラウトを食べることでマシになる可能性があります。

アレルギーを引き起こす、抗体の過剰生産を抑える働きが、ブロッコリースプラウトにはあります。

ブロッコリースプラウトからとれるスルフォラファンには、スギ花粉アレルギーを和らげる効果があると、動物を使った実験で確認されています。

4.肝臓を守る
アルコールを飲むと、その代謝物、アセトアルデヒドによって、肝臓が疲労します。

ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンには、アセトアルデヒドの代謝を促進させ、肝臓の負担を減らす効果があります。

ブロッコリースプラウトはダイエットに効果はあるの?

ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンには、肝臓の働きを助ける働きがありますが、これは、アルコールの分解だけでなく、ダイエットにも効果があるんです!

肝臓では、アルコールのほかに、糖分や脂質も分解します。

スルフォラファンによって、肝機能がUPしたことで、体内に取り込まれた余分な糖分や脂質もどんどん体の外へ出し、太りにくいカラダを作ることができます。

ブロッコリースプラウトダイエットのやり方は?

ブロッコリースプラウト

では、そのブロッコリースプラウト、ダイエットと健康のためには、どのくらいの量を、どのくらいの頻度で食べたら良いのでしょうか?

ブロッコリースプラウトの健康効果を維持するのに理想的な摂取量は、

3日に1回、1日約20グラム

と、されています。

意外と少量でいいんですね。

1日20グラムなら、サラダやお味噌汁に入れたら、無理なく達成できる量です。

ブロッコリースプラウトの食べ方は?

スルフォラファンは、熱で壊れない物質なので、炒めものに混ぜたり、お味噌汁に入れても、ちゃんと体の中に届きます。

カイワレ大根のように、サラダにしたり、お刺身に添えてもよし。

生が苦手な人は、お味噌汁に入れたり、薬味としてお肉と炒めたり、卵焼きに入れても美味しいです。

また、スムージーに入れるのもおすすめです。

まとめ

ガン予防で注目を集めるブロッコリースプラウト、アンチエイジングやダイエット効果もあるとは、おどろきですね。

食べるのは3日に1回で良いので、無理なく、長く続けられそうなところも魅力です。

スーパーでも普通に並ぶようになってきたので、ぜひ一度、試してみてください。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ