夏バテ症状が出た時の解消法とは?食事は何がいいの?

sotomawari_woman

暑い夏、毎年のように体調を崩してしまうのは、私だけではないはず…。

ダメとわかっていても、食欲がなくカキ氷やアイスバーばかり食べ、夜は熱帯夜で眠れず目の下にはクマが。

そんなツラい夏バテ、今年こそ打ち勝ち、健康で楽しい夏を手に入れましょう!

そこで今回は、夏バテの症状、その解消法と、今からできる予防策をご紹介します。

スポンサーリンク


 

夏バテの症状と原因

夏バテと一口に言っても、代表的な「だるさ」、「寝不足」、「食欲の減退」、などの他に、「熱っぽさ」や「下痢」など、人によって様々な症状が出ます。

夏バテになると、だるさや下痢など様々な体の不調があらわれるのですが、その主な原因は、体のエネルギー不足にあります。

外の暑さと、エアコンのきいた室内の涼しさ、この中を行ったり来たりすることで、体に大きな負担がかかり、必要以上のエネルギーを消費します。

それに、熱帯夜による睡眠不足、発汗による水分不足が加わり、いっそう、体は衰弱状態に陥るのです。

夏バテの症状が出た時の解消法は?

eel-645641_960_720

夏バテの症状が出たら、まずやるべき解消法は、栄養のあるものを食べること。

暑さで食欲がないかもしれませんが、スムージーやそうめんなら何とか食べられるのではないでしょうか。

夏バテの解消には、ビタミンB1、B2とクエン酸が有効です。

ビタミンB1、B2、クエン酸には、炭水化物と脂肪、乳酸をエネルギーに変えてくれる作用があります。

胃腸に元気がないときは、いつものスムージーにリンゴ酢などを加えるのがおすすめです。

また、トウガラシやキムチには、胃腸の活動を活発にする作用があり、夏バテの解消に効果があります。

韓国冷麺(盛岡冷麺)なら、冷たくツルンとしたのど越しで、暑くて何もしたくない時でも食べられますし、チャーシューにはビタミンB、酸っぱいスープにはクエン酸が含まれています。

また、夏バテ解消には、水分の摂り方も大切です。

9d375c9ec3d725b9b59f9ecdbe077a77_s

夏には汗とともに、水分だけでなく、ビタミン・ミネラルも体の中から失われてしまいます。

こまめに水分補給をしないと、血液がドロドロになり、むくみや下痢の原因にもなります。

水分の正しい摂り方のポイントは、『ガブ飲みはNG』。

冷たい水や、ジュース、ビールなどは、かえって胃腸を弱らせてしまいます。

ぬるめのお茶やハーブティーなどを、少しずつ飲みましょう。

夏バテに効く食事は何が良い?

夏バテの防止は、何といってもきちんと食べること。

夏バテでも食べられる、簡単に食べられて精のつくメニューをご紹介します。

・韓国冷麺(盛岡冷麺)
korean-cold-noodles-1120409_960_720
 

豚肉、キムチ、卵など、弱った胃腸のエネルギーになる食材がいっぱい使われています。

すっぱいスープには、クエン酸も入っていますね。

冷たくて食べやすいのも魅力。

・麻婆春雨
s005_584
 

豚ひき肉、ネギ、生姜、にんにく、トウガラシが含まれた、夏バテ解消に理想的なメニューです。

ごはんと一緒にモリモリ食べて、精をつけられます。

・ゴーヤチャンプル
d8234df09cada090fdaffcb5a8b5349e_s
 

ゴーヤには、ビタミン・カルシウム・カリウムなどの栄養がたくさん含まれていて、食べると疲労回復だけでなく、胃を丈夫にし、夏バテになりにくい体づくりまでしてくれます。

まさに、夏野菜のキングですね。

ゴーヤを炒める前に、塩もみして、10分ほど置いておくと、苦みがかなり消えます。

仕上げに卵とからめると、さらに苦みが弱まり、お子さんでもぱくぱく食べられるようになります。

夏バテの予防法は?

setsuden_airconditioner

夏バテ予防として、最も効果的なのは、【室温の調整】です。

室内外の気温差が5度以上になると、自律神経に乱れが起き、夏バテの原因となります。

しかし、私の地元は8月、外気温が45度近くなりますが、そういう時は、エアコンの設定はどうしたらいいのでしょうか。

そういう時は、エアコンの温度は高めに設定し、扇風機を合わせて回すことで風の流れを作り、「室温はそう低くないけれど、不快に感じない」状態を作りましょう。

また、エアコンをドライ設定にして湿度を下げると、同じ気温でも、涼しく感じます。

まとめ

person-1262046_960_720

楽しい夏休みももうすぐです、体調をととのえて、エネルギー全開!万全の態勢で迎えたいですね。

夏祭り、花火大会、海水浴に向けて、栄養のあるものをたっぷり食べて、夏バテを寄せ付けない体を作りましょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ