ブラックシードの効果と食べ方は?通販で買えるの?

buracksi-dotop

最強スーパーフードと呼ばれるブラックシード、中東からやってきた話題の健康食品ですね。

ブラックシードとは、ニゲラ・サティバという花の種子のことですが、種子のまま売っていることはあまりなく、ブラックシードオイル・サプリメントの形で売られています。

チアシードやキヌアを超える栄養食品で、「死以外はなんでも癒せる」と言われているのだとか。

そんなすごいブラックシード、一度は試してみたい!

というわけで、今回は、まだまだ謎多きスーパーフード、ブラックシードについて調べてみました。

スポンサーリンク


 

ブラックシードとは?

ブラックシードの栽培は、古代エジプトより始まりました。

ニゲラ・サティバという花の種子で、古くからその種子からとれるオイルは重宝され、なんとツタンカーメンの埋葬室からもブラックシードオイルは発掘されています。

日本ではあまり馴染みのないオイルですが、中東やヨーロッパでは、スパイスや万能オーガニックオイルとして、広く愛されています。

ブラックシードの効果・効能とは?

ブラックシードの効果・効能として代表的なものは、糖尿病予防・ガンや心臓病の予防、です。

現在、日本人の5人に1人が罹ると言われている糖尿病、それを予防することができるだけでもすごいのですが、なんとブラックシードには、他にも40種類以上の効果・効能があるとされています。

*鎮痛作用(痛み止め)
*抗菌作用
*炎症を抑える
*抗潰瘍作用
*抗コリン作用(下痢を止めたりします)
*抗かび作用
*血圧を下げる
*老化防止
*抗けいれん
*ウイルス除菌
*糖尿病予防
*肝臓の保護
*腎臓の保護

などなど…!まさに「死以外は何でも癒す」という状態です。

ブラックシードの使い方や食べ方は?

ブラックシードは、香りにクセがあり、また、苦みも強いので、種のまま食べるよりも、オイルとして使うことをおすすめします。

中東ではカレーのスパイスとして使用されることもあるので、カレーを作るときに、サラダ油やオリーブオイルの代わりにブラック―シードオイルを使うと、いつもと違うコクのある味が楽しめます。

免疫力をUPさせたい人は、毎朝、ティースプーン1杯のブラックシードオイルを、はちみつやスムージーに混ぜて飲むと、効果的。

本場中東では、種子のままのブラックシードをパンに混ぜて焼いて、つぶつぶの感触を味わうのだとか。

オーブンやホームベーカリーをお持ちの方は、こちらもぜひ試してみてください。

ブラックシードの選び方は?

ブラックシードを買うとき、より効果の高いものを選びたいですよね。

注目すべきポイントは、有機栽培であることと、コールドプレスされた商品であること。

コールドプレスで絞られたオイルは、普通のオイルよりも酸化が進んでおらず、ブラックシードの栄養素がそのまま守られているからです。

ブラックシードの販売店は?通販で買えるの?

ブラックシードは、Amazonなど通販サイトで手軽に購入できます。

☆種子そのままタイプ(パンに混ぜたり、料理に混ぜたり)

618uEPfbbVL._SL1000_

購入はこちらから

☆オイルタイプ(こちらも料理の下味に。スムージーに混ぜても美味しい)

41ScefOM4ML

購入はこちらから

☆コールドプレスサプリメントタイプ

71naJTdHD0L._SL1500_

購入はこちらから

オイルタイプや種子タイプだと、日本ではなかなか使い慣れないスパイスですし、献立を考えるのも大変です。

サプリメントタイプなら、他のビタミン剤などと同じように、無理なく、毎日ブラックシードを摂ることができます。

まとめ

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s

糖尿病予防だけでなく、その強い抗菌・抗ウイルス作用から、HIVウイルスをはじめとしたあらゆる体の不調のもとを撃退するブラックシード。

アマゾンやその他通販サイトで、簡単に購入できるのは嬉しいですよね。

味と香りも独特で、オイルとして料理の下地に使えば、新しいメニューの幅が広がります。

家族の健康のため、一度お試しになってみてください!


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ