マヌカハニーの効果的な食べ方とは?危険性はある?

マヌカハニー

ニュージーランドの先住民、マオリが食べてきたという新しいオーガニック食品、マヌカハニー。

普通のはちみつよりも、色が濃く、味もキャラメルのように濃厚で、しかも加熱処理されていないため栄養もそのまま生きているんです。

ピロリ菌の殺菌効果があると、話題のマヌカハニー、今日はその効果と、食べ方を調べてみました。

スポンサーリンク


 

マヌカハニーとは?栄養成分は?

マヌカハニーとは、マヌカという植物の花粉から作られたはちみつで、ピロリ菌・サルモネラ菌・ブドウ球菌などのバクテリアに強いことから、近年注目を浴びています。

私たちが普段食べている普通のはちみつも、栄養満点なのですが、ふつうのはちみつに含まれる殺菌成分は、人の体の中でカタラーゼという酵素に分解されてしまい、その殺菌作用を失って今います。

マヌカハニー特有の殺菌作用(ユニークマヌカファクター、UMF)は、カタラーゼの影響を受けず、そのまま内臓へ届き、ピロリ菌などのバクテリアを除去することができるのです。

また、マヌカハニーはスーパーなどで売っている大量生産のはちみつと違い、加熱処理がされていないので、はちみつ本来の栄養素がきちんと残っています。

ビタミンB1・B2、ビタミンC、葉酸、カルシウム、鉄、マグネシウムなど、体に必要な栄養素が豊富に含まれていて、風邪の時など、マヌカハニーをひとさじ舐めるだけで元気になるくらいです。

マヌカハニーの効果・効能は?

manukahani2

マヌカハニーは、その栄養素も魅力ですが、なんといっても注目はその抗菌作用。

マヌカハニーが持つ効果・効能は以下の通り。

・ピロリ菌・大腸菌・ブドウ球菌の除菌
下痢や胃炎・胃ガンの原因となるピロリ菌を、マヌカハニーは殺菌することができます。

ティースプーン半分の量で駆逐してしまうというのですから、驚くべきパワーですね。

マヌカハニーはピロリ菌だけでなく、大腸菌やブドウ球菌などの腸内細菌にも有効で、しかも、乳酸菌などの善玉菌は殺しません。

・のどの痛み・風邪・インフルエンザの予防
マヌカハニーには炎症を和らげる効果があり、風邪のとき、ホットミルクやショウガ湯にマヌカハニーを混ぜて飲むと、のどの痛みが楽になります。

また、マヌカハニーは、タミフルなどインフルエンザの薬と併用すると、その効果を劇的に上げる効果も報告されています。

・虫歯や口内炎の予防
マヌカハニーの高い殺菌作用は、虫歯菌にも適用されます。

歯磨き粉やマウスウォッシュのように、口の中と歯に塗ることで、虫歯の原因となるミュータンス菌などを駆逐してくれます。

マヌカハニーの効果的な食べ方は?

manukahani3

マヌカハニーの効果をより引き出すため、空腹時にたべることが推奨されています。

1日3回~4回、1回の量は大さじ1ほどがおすすめです。

マヌカハニーの抗菌作用は、熱で壊れないため、温かいコーヒーや牛乳に入れて飲んでも美味しそうですね。

本場ニュージーランドでは、パンに塗って食べるのが主流だとか。

マヌカハニーに発ガン性はあるの?

マヌカハニーには、発ガン性があるという意見もあります。

なぜかと言うと、マヌカハニーには、MGO(メチルグリオキサール)が多く含まれています。

このMGOという物質、殺菌力が高く、ピロリ菌や他のバクテリアの殺菌に役立ってくれるのですが、反応性が高く、体内の酵素やDNAと反応し、変異を起こすリスクがあるのです。

しかし、マヌカハニーと発ガンの関係については、研究結果もなく、まだ解明されていません。

マヌカハニーの選び方とは?

honey4

マヌカハニーのパッケージには、必ず「UMF」か「MGO」の数字が記載されています。

具体的には、「UMF10+」や「MGO20+」といった具合です。

UMFやMGOの値が高くなるほど、抗菌作用も高くなります。

また、UMFやMGOの値が高いものほど、収穫量も少なく、お値段も高くなります。

はじめてのマヌカハニーなら、お試し用として、UMF10+、MGO100+あたりのものがおすすめです。

まとめ

ピロリ菌だけでなく、大腸菌にも、風邪やインフルエンザ予防までできてしまうマヌカハニー。

一家に1ビン、常備薬として置いておきたいくらいです。

お値段は少々はりますが、パンに塗ってよし、コーヒーに入れてよし、ヨーグルトにまぜてよし、家族全員で美味しく健康管理ができるので、コストパフォーマンスは悪くないとおもいます。

インターネットでも注文できますし、スーパーでも売っているところもありますので、一度試してみてはいかがでしょうか。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ