ジェルネイルの種類と正しいやり方とは?

jieruneirutop

ぷっくりツヤツヤでとっても可愛いジェルネイル。

ネイルサロンでも、この頃大人気ですよね。

今までサロンでの専用器具がないとできなかったジェルネイル、マニキュアと比べると、価格の高さがネックとなっていましたが、なんと、自宅でできるキットも続々と発売されています。

今日は、自宅でジェルネイルを始める人へ、正しいジェルネイルのやり方と、ジェルネイルの種類、キット選びのポイントなどご紹介します。

スポンサーリンク


 

ジェルネイルとは?そのメリットは?

そもそも、ジェルネイルって、普通のネイルと何が違うのでしょうか。

ジェルネイルとは、ジェルと呼ばれる液体を爪に塗り、UVライトやLEDを当てて爪に定着させるタイプのネイルのことです。

従来のマニキュアと違い、光にあてるとすぐに固まるので、ライトを当てた後は、待ち時間なしで触ったり、家事をしたりできます。

マニキュアって、最近は「速乾タイプ」なども売られていますが、意外と待ち時間が長くて、乾いたと思ったらまだだった!乾かしている間にストーンがずれてしまった!とか、細かい失敗も多いんですよね。

ジェルネイルなら、ライトに当ててすぐ、きちんと固まり、皿洗いだってできちゃいます。

それだけでも嬉しいのですが、ジェルネイルのメリットは、何といってもその発色の良さ。

ジェルネイルは、従来のマニキュアに比べて、発色が大変よく、また、ぷっくりとした見た目もかわいらしさ満点です。

また、長持ちするのもジェルネイルの大きな魅力。

マニキュアは、長くても1週間ほどで欠けたり剥げたりしてきますが、ジェルネイルは、きちんと塗られていれば、2~3週間は輝きが持続します。

ジェルネイルの種類は?

IMG_1964

ジェルネイルには、ソフトジェルとハードジェルの2種類があります。

ソフトジェルとハードジェルの違い
メリット デメリット
ソフトジェル ・爪に定着しやすい
・専用の溶液で、自分で落とすこともできる
・カラーバリエーションが豊富
・ジェルが浮きやすい
・はがれやすい
ハードジェル ・ソフトジェルよりも強度がある
・自分の爪から50%程度、長さを足すことができる
・ソフトジェルよりもツヤがある
・落とすのが大変
・落とすとき、削るため、自前の爪まで削ってしまう危険性がある

 
 

セルフジェルネイルの正しいやり方は?

jileruneiruyarikata

自宅でジェルネイルをやるときは、ソフトジェルを使うことがおすすめです。

ソフトジェルは、落とすのが簡単なだけでなく、爪への定着もハードジェルより簡単なので、自宅でジェルネイルをする場合には、断然ソフトジェルを使ったほうが良いでしょう。

用意する物
・ベースジェル
・トップジェル
・カラージェル
・クレンザー(油分除去用)
・ジェルクリーナーもしくはノンアセトンポリッシュリムーバー
・ジェル用筆
・コットン
・ガーゼ
・ファイル(180グリット程度がオススメ)
・ストーンプッシャー
・ジェルを固めるための専用ライト

 

「え、こんなに?なんだか大変そう…」と思ったあなたも、大丈夫、これら必要な器具が入った、便利な専用キットも売っています。

ジェルネイルをきちんと定着させるためには、ジェル液を塗る前に爪の甘皮をきれいに落とし、クレンザーをしみこませたガーゼで爪の汚れや油分を落とすことがポイントです。

また、ライトを当てるときには、5本いっぺんにあてようとすると、親指の爪にライトがうまく当たらず、上手く固まらないので、必ずまずは4本→親指、と分けて当てましょう。

セルフジェルネイルキットの選び方は?

セルフジェルネイルキットを初めて買うという人が、ぜひ気をつけたほうが良いポイントをいくつかご紹介します。

1.ライトのW数
できれば12W以上のものを選びましょう。

ライトのW数が低いと、ネイルが固まるのに時間がかかります。

2.国産のネイルジェル
ネイルの発色は、国産のもののほうが良いです。

また、国産以外のジェルだと、爪が痛んでしまうことも。

3.置き型のライト
はじめてのジェルネイルなら、やっぱり置き型ライトが便利です。

ペンライトは、細かいところのお直しに便利な、ジェルネイルに慣れてきた上級者向けグッズといえます。

まとめ

IMG_9184

一度塗ると、2~3週間もその美しさが続くジェルネイル、自宅でもできるなんて、感激です。

ネット通販サイトでも、専用キットが売られていますので、手順を守ってやれば、サロンへ行かなくても、簡単・リーズナブルに可愛いぷっくりネイルを作ることができます。

いままでのマニキュアに飽きてきた人、新しいネイルを始めてみたい人、ぜひ、ジェルネイルを始めてみてはいかがでしょうか。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ