寝ながら体重を減らすドローイングダイエットの効果と方法は?

53782b052037845681f673f558b218cb_s

食事制限なし、過激な運動なしで、お腹まわりをすっきりさせる、最近注目のダイエットがあります。

その名も、「ドローイングダイエット」。

ドローイングと言うと、なんだか聞きなれない単語ですが、「引っぱる」とか「ひっこめる」という意味で、やり方は簡単、お腹を内側にヒュッとひっこませるだけなんです。

まさかそんな簡単な方法で…と思いますが、ドローイングダイエットは、普通の運動では鍛えにくい『インナーマッスル』を鍛えることができ、寝ながらでも、効率的に、ウエストまわりを引き締めることができます。

早速、ドローイングダイエット、その効果とやり方を見ていきましょう。

スポンサーリンク


 

ドローイングって何なの?

ドローイングとは、お腹を引っこませる呼吸方法のことを言います。

いわゆる、腹式呼吸のことですね。

息を吸ったときにお腹をふくらまして、吐くときにはへこませる、この動きを意識しながら呼吸を行うことで、普段使われないインナーマッスルを鍛えることができます。

ドローイングダイエットの効果は?

私たちは、普段の呼吸では胸の筋肉をつかっています。

ドローイングダイエットでは、呼吸のとき、意識してお腹をへこませ、お腹の筋肉を呼吸のポンプとして使うことで、インナーマッスルを鍛えることができます。

このお腹まわりのインナーマッスル、実は普通の腹筋運動では鍛えることが難しいんです。

ドローイングダイエットでは、いままで腹筋運動を頑張ってもなかなか絞れなかったウエストを、スッキリさせることができます。

ドローイングダイエットの正しい方法は?

・立ったままやる方法
まず、背筋を伸ばし、姿勢を正します。

ゆっくり息を吐きながら、お腹をへこませていきます。

ポイントは、お尻の穴を引き締めるイメージで、お尻に力をいれること。

へこませた状態を30秒間維持し、ゆっくり息を吸いながらお腹を戻します。

初めてやる人や、筋力の少ない人には、動画の男性ほどへこませるのは難しいと思いますが、少しづつ鍛えていきましょう。


 
 

・寝たままやる方法
ドローイングは寝たままでもできます。

やり方は、立ったままと同じで、ゆっくり吐きながら、お腹をへこませます。

動画ではタオルをお腹の上にのせていますが、なくても大丈夫です。


 
 

ドローイングダイエットの効果を倍増させる方法とは?

ドローイングダイエットの効果をさらに高める方法に、丹田というツボがあります。

丹田は、へその下指4本の場所にあり、息を吐くとき、この丹田を使って息を吐くようなイメージをしてください。

丹田は、生殖器を元気にしてくれるツボです。

ドローイングの時に、丹田を刺激することで、女性ホルモンのバランスが改善され、生理不順や肌荒れを治すことができるんです。

ドローイングダイエットで注意するべきことは?

manpuku_syokugo_woman

食後しばらくは、ドローイングダイエットを控えたほうが良いでしょう。

胃の中に食べ物がある状態だと、ドローイングをやっても、うまくインナーマッスルを使うことができません。

また、妊娠中の人にも、ドローイングダイエットは向きません。

まとめ

自宅で、寝たままでもできるドローイングダイエット。

単なる呼吸法ですが、実践した人の中には、1ヶ月でウエスト-11センチを達成した人もいます。

夏、ビキニを着るまでにウエストをスッキリさせたい、でも仕事が忙しくてジムには行けない…そんなあなたにこそ、ドローイングダイエットはピッタリです。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ